体質チェック、「水滞」→水の巡りが悪い

東洋医学では「気・血・水」のバランスが崩れると体に不調をきたすと考えます。この「気・血・水」の3つは、人の体の構成要素と考えられています。

「気」は、人体の生命活動のエネルギー源です。

「血」は、西洋医学における血液の血とは、少しイメージが異なり、全身に栄養を供給し潤すことと、精神活動の基礎物質という二つの働きがあります。

「水」は、津液とも呼ばれ、体の中の血液以外の水分です。「水滞」は全身を流れる津液がスムーズに循環することが出来ない状態です。

「水滞」で現れる代表的な症状が、手足のむくみです。むくみは、体内に不必要な量の水分がとどまっている状態です。特に梅雨の時期は、湿度の高さなどが原因で余分な水分が排出されにくいため、「水滞」になりやすいです。

また、手足に冷えが生じることもあるため、東洋医学でいう「冷えは万病の元」につながります。「水滞」に限らず「血虚」、「気虚」も同様に冷えが見られます。

日本人は水滞になりやすい体質!

日本人は胃腸が弱い体質の人が多いうえ、湿度が高い環境のため水分代謝がしにくく、内臓に負担がかかりやすいといわれています。

通常、体内に不要な水分は汗や尿によって体外に排出されます。しかし、内臓の働きが悪くなると排出機能がダウンし、体に余分な水分が溜まってしまうのです。

例えば、腎臓機能が低下すると、尿をつくる働きが弱くなるため、体の外への水分排出が少なくなります。また小腸機能が低下すると、効率的に水分を吸収することができなくなるので、水滞を招くリスクが高くなります。さらに自律神経の乱れも、水滞のリスクを高めます。


冷たい食べ物や飲み物は、内臓を冷やしてしまい、水滞のリスクを高めます。またトイレを我慢しないこと、アルコールを控える、基礎体温を高めることも、水滞の予防につながります。

水の流れをよくする食事

食習慣の見直しは「水滞」を改善するのに効果的です。胃腸を整える食べ物を食べましょう。

●はとむぎ
余分な水分を排出し、消化器官を助ける。むくや水イボ、肌荒れにもよい。

●とうがん
余分な熱や水分を排出し、解毒する。暑気あたりやむ、二日酔いにも効果的。

●こんぶ
余分な熱や水分を排出する。肥満や高血圧を抑える効果もある。

梅雨の湿度、揚げ物や甘いもの、アルコールの過剰摂取などは水滞を加速させます。消化機能を低下させる冷たい飲み物は避けて。温かいものや常温のものを選んでください。

水の流れをよくするツボ

豊隆(ほうりゅう):脛の少し外側で(指2~3本分)、膝と外くるぶしを結んだ線の真ん中の高さ。

身体の水の循環を良くする働きがあり、余分な水分の排出に効果的です。

りゅう)

ほどよい刺激を感じる程度の強さで、ゆっくり押してゆっくり離しましょう。ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、シミがでやすい人

  2. 東洋医学と鍼灸

  3. 睡眠中に夢をよく見る人は…

  4. 体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

  5. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  6. 目の疲れとツボ

  7. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

  8. 東洋医学で診る、不安になる・落ち込む

  9. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

error: Content is protected !!