東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

食事を減らしてもヤセない…
水を飲んでも太る…
運動しても効果がない…

ダイエットを頑張っていても、全く効果が出ないのは、食事や運動だけの問題ではありません。それは腸内にいる〝汚デブ菌〟が原因です。

東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

東洋医学では、「気」「血」「津液(水)」の3つが健康を支えていると考えます。この3つが身体をスムーズに巡れば、人は健康状態を保てますが、不足したり、滞ったりすれば、人は健康を損なうことになります。

3つの内、「津液(水)」が関係する体質としては、「陰虚」と「痰湿」があります。「痰湿」体質の方は、水分代謝がうまくいかず、余分な水分や脂肪が溜まっている状態です。つまり、この体質は食べ物や老廃物がヘドロのように胃腸に溜まってしまう体質です。

その結果、体が余分なものを外に排泄しようと、体に溜まった老廃物、つまり「痰湿」が、ニキビ、吹き出物、痰、おりもの、ときには軟便や下痢となって体の外へ出ようとします。

そして痩せにくく、水を飲んでも、空気を吸っても太る…そんな状態になってしまいます。

この「痰湿」体質の人は暴飲暴食、脂っぽいものや甘い物の摂過ぎ、運動不足の傾向があり、肥満、体脂肪率や皮下脂肪が高い、また血中コレステロールや中性脂肪が高く、高脂血症になりやすい傾向があります。その他、頭が重い、体がだるい、吐き気やめまいが出やすい、痰が多い、むくみなども表れます。

「痰湿」体質にはさらに、体が冷えて舌には白いベトベトした厚い苔が見られる「寒のタイプ」と、体に熱のこもり、舌には黄色いベトベトした厚い苔が見られる「熱のタイプ」に分かれます。

「痰湿」改善のポイント

「痰湿」改善のポイントは、まず食べ過ぎないことです。食事をよく噛んで食べると、過度の食欲と食べ過ぎを抑えてくれる効果があります。よく噛む習慣を身に付けるように心掛けましょう。その上で、チョコレートや生クリームなどの糖質の多いものは控えめに、油っこいもの、お酒の飲みすぎも避ける…。

そして、水の代謝をよくするオススメ食材の、昆布・ワカメ・のりなどの海藻類、イワシ・サンマ、たけのこ、ごぼう、レタス、白菜、大根、玄米、とうもろこし、大豆、小豆、枝豆、黒豆を摂りましょう。

その他には、「痰湿」体質を改善する大事なことは毎日運動をすることです。運動を行い、汗をかいて体に溜まった余分な水分や老廃物を積極的に排出することで、少しづつ体質改善に繋がります。

「痰湿」体質おすすめのツボ

水分(すいぶん):水分代謝を促すツボ
おへそから真上に親指の幅1本分上がったところ。

(すいぶん)

大腸兪(だいちょうゆ):胃腸トラブル、便秘、下痢を緩和するツボ
背骨と左右の骨盤を結んだ線の交わるところ。

大腸兪(だいちょうゆ)

日々の食事やマッサージで、体内の老廃物を排泄しやすいように養生を心がけ、ダイエットをする前には痰湿体質を改善してムダなく効率的に結果をだしましょう!


自分の体質を知ることで改善方法はかわります。体質改善を考えている方はどうぞご相談くださいませ。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  2. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

  3. 東洋医学で診る、体内時計を知る

  4. 東洋医学「水滞」→水の巡りが悪い

  5. 女性ホルモンと美容鍼灸

  6. 心と体の悩みは同時に解決できる

  7. 東洋医学で診る、病は気から

  8. 東洋医学で診る、敏感肌

  9. 体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

  10. 天気痛と偏頭痛

  11. 東洋医学で診る、甘いものを食べたくなる

  12. 東洋医学で診る、ストレスと感情

  13. 肌荒れ原因は内臓

  14. 東洋医学で診る「シミ」「シワ」「たるみ」がでやすい人

  15. 東洋医学で診る、眉間のシワ