美 容 鍼 ハ リ ニ ー

痛 く な い 鍼 で 内 と 外 か ら 美 し く な る

「肌もこころも身体もにごりのない透き通った健やかさを」

院 長 紹 介
美容鍼とパルス(微弱電流)を併用

体 の 内 か ら 本 当 の 美 し さ を
一 人 で は 、 た ど り つ け な い 肌 が あ る

肌は身体の状態を映す鏡でもあり、身体の内部の不調や心と密接な関わりがある。
身体と心が健やかであってこそ、外見の美が成り立つ。
だからこそ、どこまでも肌と心と身体に向きあう責任がある。
美容鍼という東洋医学の力を借りて、ひとつひとつの納得いく根拠をもって、美容鍼を受ける意味をアップデートしていく。
一人ではたどりつけない肌を、一人ひとりへ。