東洋医学の瞑眩(好転反応)について

東洋医学の瞑眩

鍼灸治療でごく稀に起こる、一見副作用と思われる不快な症状は、瞑眩(めんげん)であることが非常に多いです。

瞑眩とは、東洋医学的治療の際に起こる、治癒反応、いわゆる好転反応のことをいいます。鍼灸によって、血流がよくなり、体の中が巡りはじめると、溜まっていたものが流れ、不要なもの(老廃物など)が排出され、それに伴い様々な症状が出ます。以下の3つが主な瞑眩反応です。

1.治療後に筋肉痛のような「だるさ」が残ることがあります。

これは血行改善効果によるところが大きく、組織修復の過程で代謝が活発になるために起こります。

2.治療部位の痛みが目立つようになることがあります。

症状が長く続いている場合は患部の筋肉が固くなり、血行不良が続くことで、痛みやコリを自覚しなくなってしまいます。その患部に鍼を打ち筋肉をゆるめ、血行を改善することで組織修復を促し、正常になる過程で痛みやコリを再び感じるようになるため、このような反応が起こります。

3.治療部位とは別の部位に痛みを感じることがあります。

人は痛みが最も強い部分に意識が向かうため、他の部位に痛みがあっても気がつかない事があります。痛かった部分の症状が弱まることで次に痛かった部位の痛みを感じるようになるために、このような反応が起こります。

これらの症状が出現した場合、多くは、翌日には楽になりますが、体の反応が敏感な方や、虚弱体質の方、慢性痛や慢性病を長く患っておられる方などの場合は長くて2~4日程続く事もあります。中には、数日間、痛み・だるさが続き、横にならずにはいられないというような場合もあります。

このような症状が出た場合は、体が治ろうとしている時と理解していただければご安心いただけます。水分を多めに摂り、休息をとる事で、本来の痛みや症状の回復が早まります。

瞑眩は不調の改善の兆し

来院される多くの方が、体内にたまった不要なものを排泄できない状態で、様々な不調を抱えています。血流が悪くなることで、首や肩のこり、足の冷え、頭部の鬱血、自律神経の乱れなどとして現れます。

健康な体であれば、体内の不要なものは、便や尿として、また肌や粘膜などからも排泄されていきます。しかし、鍼灸治療によって瞑眩が起こると、血液中に放出された体内の不要なものを肝臓で処理しきれない場合、例えば、皮膚から排出されれば、湿疹やできものができたり、汗をどっとかいたりします。また便や尿で排出されれば、お小水が増えたり、下痢をしたり、血が巡ると、滞っていたものが月経時に塊として出たりします。

その他にも体のだるさや眠気、発熱、下痢といった身体的なものとして現れます。また、イライラといった精神的なものとして現れることもあります。もちろん、身体的なものと精神的なものが同時に現れることもあります。

根本的な不調の原因にアプローチすればするほど瞑眩が起こります。瞑眩を通じて体の不要なものを出すことにしか根本的な不調の改善が難しいこともあります。逆に言えば、体温が高くなる、血流がよくなる、白血球の数やリンパ球の割合が増えるといった、その方の本来あるべき状態に近づかないと、瞑眩は起こりません。

不要なものが出きったら、自然と瞑眩は治まります。治まるまでつらいですが、体が変化し始めた兆候、これから良くなっていくというサインでもあります。これを乗り越えると体質改善がすすんでいきます。

特に、不規則な生活で滞りが強い方は、強く出る傾向があります。瞑眩を乗り越え、しっかり良くなるためにも、食生活、睡眠などを見直してみることも、とても大切です。

しかしながら、一方で瞑眩によって鍼灸治療を嫌いになる方も僅かながらいらっしゃいます。当院では東洋医学の「気血水」のバランスを上手く整えて瞑眩をなるべく起こさないようにアプローチしています。

ご来院される方のそれぞれの症状や、体質により、いろいろな対処の仕方がありますので、その都度、ご相談して頂ければと思います。

関連記事

  1. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  2. ハリニーではお顔だけでなくお腹にも鍼をします。

  3. 東洋医学と鍼灸

error: Content is protected !!