インディバ は、日本においては主に美容や医療、スポーツなど様々な分野で使用されており、血液・リンパ液の循環を促進し、組織の代謝を活発にして自律神経系や免疫機能のバランスを整えることができます。その結果、「脂肪やセルライトなどの燃焼」「肌のターンオーバー活性化」「デトックス」などの効果を得ることができます。

インディバの周波数帯0.448MHzは、安全かつ効果の高いため、脂肪吸引後のアフターケアとしても使用されています。 その他にも沢山の研究結果があり、今も尚研究が続いています。

  • インディバ ・スペインの研究内容(論文)
  • 非温熱電流に対するヒト幹細胞癌細胞の増殖抑制および分化反応の分子機構
  • 448kHZの電気刺激によって促進されるヒト間葉系幹細胞の増殖
  • ヒト間葉系細胞の分化における448kHZでの非温熱電気的刺激の脂肪生成抑制作用
  • 高周波電気刺激による脂肪由来幹細胞の軟骨細胞分化

RECOMMENDED
-こんなかたにおすすめ-

深部体温を上昇させて代謝を上げ、冷え症の改善、自律神経、腸の働きを整えます。美肌効果、全身の血行促進、免疫力アップ、便秘改善、痛みやコリの改善、全身美容のベース治療として最適です。

PRICE MENU
10,000円(税込11,000円)
8,000円(税込8,800円)
8,000円(税込8,800円)

コース内容

インディバでの施術部位は大きく分けて、「ヘッド(頭)」「フェイシャル(顔)」「ボディ(上半身・下半身)」の3つです。ヘッドではリフトアップ、フェイシャルでは美肌、ボディへはダイエット効果があります。

ボディ・ダイエット効果 インディバによって皮下脂肪やセルライト、内臓脂肪を刺激して、痩身効果が期待できます。また新陳代謝が促進されて痩せやすい体に改善されるため、リバウンドしにくくなる体づくりができます。
フェイスラインの引き締め インディバの温熱効果により、余分な脂肪細胞を燃焼させ、フェイスラインを引き締めると同時に、コラーゲンを増幅させて肌にハリが生まれます。リンパの流れや血流も良くなることで、溜まっていた老廃物がスムーズに流れ、高い小顔効果も得られます。
たるみ・小ジワの軽減 インディバの高周波エネルギーにより、皮膚深層部の線維芽細胞を刺激し、コラーゲン生成を促し、小ジワを軽減、さらに皮膚にハリが出てキメの細かい艶やかさが蘇ります。また顔の筋肉を奥から刺激することで、たるみの改善、リフトアップ効果も期待できます。
シミの改善・予防 インディバは、皮膚表面に適度な刺激を与え、お肌のターンオーバーを正常化します。ターンオーバーが促進されればメラニン色素は排出され、シミを改善するだけでなく、予防することができます。
ニキビの改善 インディバで各細胞を正常化させるときに、高い解毒作用が起こります。それによって皮膚表面のケアだけでは治らない内部要因を伴うニキビも改善させることができます。さらに皮膚表面の新陳代謝も活発になるため、繰り返しできるニキビの再発をも防ぐことができます。
エイジングケア インディバの温熱効果により、細胞が活性化して、皮膚深層部よりコラーゲンが増幅されます。ハリ・ツヤがアップすると同時に、皮膚自体の新陳代謝がよくなるため、アンチエイジングにも最適です。

当院では、ボディ(上半身・下半身)、フェイシャル、ヘッドの3つの部位でコースをご用意しています。フェイシャルでは、フェイスラインの引き締め効果はもちろん、ニキビやたるみ、シミの改善・予防効果が期待できます。ボディの施術では、内臓脂肪が刺激されて痩せやすい身体を実現できます。ヘッド施術では、頭全体をしっかりケアすることで、お顔の血行もよくなりリフトアップ効果などが期待できます。

RECOMMENDED
-インディバの美容・ダイエット効果-

コース名 内容
インディバ ボディ(上半身集中60分)

部位:首、肩、二の腕、背中、お腹

インディバでセルライトや脂肪にしっかりアプローチした後、さらに気になる箇所をダイレクトに揉みほぐし流していくことで代謝機能アップ・脂肪燃焼を図ります。特にデコルテ、腋窩、二の腕もトリートメントして、リンパの流れを促進させて、老廃物の排出を促します。痩身やセルライトケアなどの目に見える改善だけでなく、内臓機能や神経系へのアプローチなどインナーケアも重視した施術。
インディバ ボディ(下半身集中60分)

部位:足裏、ふくろはぎ、太もも、おしり、お腹

インディバの温熱効果を利用して固く凝り固まった筋肉や脂肪をほぐした後、強めの手技でマッサージを行い体内に溜まった毒素を一気にリンパへ送り排泄させます。また腸の蠕動運動を促し活性化させることができ、また内臓機能や神経系へのアプローチから肌質・体質改善に働きかけ、根本的な原因のケアをします。
インディバ フェイシャル(40分)

部位:顔、首、デコルテ

血流を改善することで、シワ・たるみ・くすみ、ターンオーバー及びリンパの改善し、即効性のあるアンチエイジング効果を期待できます。首やデコルテも同時にケアすることで、お顔の老廃物や余分な水分の排出を促し、むくみのない小顔効果を期待できます。さらにお顔からデコルテラインまで温めることで、深部加温と共に自律神経、ホルモンバランスが整えられます。高周波がお顔の筋肉を細かく刺激して緩め細胞を活性化させ、セルライトの除去、シワやたるみ改善と老化予防をするとともに、引き締まったキメの整った小顔へと導きます。
インディバヘッド(40分)

部位:頭、首、肩

頭皮には表情筋をサポートする様々な筋肉があり、頭部に関連する筋肉のコリや緊張を改善し、頭全体をしっかりケアすることで、お顔の血行もよくなりリフトアップ効果などが期待できます。また眼精疲労の軽減、頭皮や首肩の血行促進、ストレス軽減などの効果が期待でき、肩こり、首こりが解消することで、上半身すべてが軽くなります。

※施術前にはカウンセリングを行い、お客様の気になる部分や、その部分をどのようにされたいかをお伺いいたします。何なりとお申し付けください。

WHAT
-インディバ(INDIBA)とは-

筋肉や脂肪層まで奥深く届くラジオ波0.448MHzという高周波によって、体内の水分や細胞分子などを振動させてジュール熱(摩擦熱)を発生させます。これによって身体の奥深くから温度を上昇させることで代謝が活性化し、身体全体の温度を上昇させます。

「ジュール熱」は、自分自身で熱を作り出すと、イメージするとわかりやすいと思います。熱源が体内にあるので、深部まで温まり長時間その効果が持続します。つまり芯から温まるという効果があります。

この高周波温熱により、手技では届かない体の深部の頑固な張りやコリ、痛みといった筋緊張を効率よく施術、改善することができます。リンパドレナージュに深部まで届く温熱効果が加わることで、今までにない心地よさを体感いただけることと思います。

インディバ機種には、クリニック専用機器(MDシリーズ)、エステティック専用機器(ERシリーズ)、スポーツ医療専用機器(HCRシリーズ)の3種類ございますが、当院が扱います機種は、クリニック専用機器(MD530)とスポーツ医療専用機器(HCR801)になります。

HOW
-インディバ(INDIBA)のメカニズム-

体温を上げるという意味では、温泉やサウナなども該当しますが、いずれも体の外から熱を吸収させるため、数十分程度で熱が外に逃げてしまいます。高周波温熱治療器(ラジオ波温熱)は、体の中で熱を作り出すため、その熱の放出は数時間保持することが可能です。

体内深部の温度向上により、新陳代謝の促進、ストレス緩和、免疫力向上、冷え、むくみ、疲労、肩こり、更年期症状などあらゆる悩みに効果があり、更には高い痩身効果、美容効果、疲労回復などあらゆる不調を改善へと導き、かつ深部から血流をあげることで万病を防ぎ、高いアンチエイジング効果が期待できます。

熱が内部で保持されている結果、血流やリンパの流れを改善し、代謝が促進され、老廃物の排出やお肌のターンオーバーも活発になります。

また、高い体温を保持することで、肌も美しく、人が本来持つ健康で美しい身体へと導くことができます。

高周波温熱による施術は、身体を温めながらリンパドレナージュを行うことができるため、まるで温かい手でオールハンドの施術を受けている様な気持ち良さを体感して頂けます。

ABOUT
-ヒートショックプロテイン-

インディバの高周波にはヒートショックプロテイン(HSP)作用もあります。しおれたレタスを50度のお湯にしばらく浸けていると、シャキッと鮮度が戻ります。これと似た現象が肌にもあります。

高周波によって細胞の温度が上昇すると、その熱エネルギー負荷によって傷ついたタンパク質を早期に修復する働きを持つHSPの産生が活発化します。つまり人が本来持つ自己回復力を支える仕組みが、HSPという自らの力で私たちの肌を守ってくれるタンパク質にあります。

さらに、コラーゲンやエラスチンの生成に作用し増加させることにより、弾力のある引き締まった肌に導くことができます。

このようにHSPは、痛み、免疫細胞の働きの強化、乳酸の発生を抑制するなどの効果が期待できることから、医療分野で特に注目されています。

ABOUT
-体温を1℃上げることの重要性-

「冷えは万病のもと」と言われているように、冷えは様々な不調の原因となります。また成人女性の半数以上は「冷え症」に悩んでいると言われています。

女性の体が冷えやすい原因は、男性に比べて熱を作り出すため(基礎代謝)の筋肉が少なく、さらに女性は排卵や月経の周期があるため、男性よりもホルモンの分泌が複雑になっているからです。

理想的な体温は、脇下の体温で36.5度前後(体内温度が37.2度)と言われており、生命力が最も活発になる体温です。適正な体温は、内臓などの活動を支える酵素の働きを活性化させ、細胞の新陳代謝を活発にしてくれます。つまり、1℃体内温度が下がると様々な悪影響を及ぼします。

まず身体が冷えると、血管が収縮し、体内の血液が循環しなくなります。これにより体に必要な栄養や酸素、水や白血球などの免疫物質の流れが滞ります。特に体内の器官に指令を伝える役割を持っているホルモンのバランスが崩れることで、身体の機能に影響をきたしてしまいます。

その代表的な症状が、月経前症候群(PMS)や生理痛、生理不順です。また首肩コリや腰痛を始め、むくみ、肌荒れ、食欲不振、便秘、下痢、疲労感、不眠にまで発展するケースもあります。

さらに体の冷えは、ストレスや不規則な生活による自律神経の乱れからも起こります。不規則な生活をすると、身体の器官が正常に働くために機能する自律神経が乱れます。この自律神経は、交感神経と副交感神経で成り立っていますが、適切に切り替えられず、交感神経が常に働いてしまった場合、血管が常に収縮してしまいます。その結果、血行不良となって、冷え性になってしまうのです。

インディバによる深部加温の特徴は、温まりの継続時間が長く、それだけ代謝時間も長くなり、様々な効果が期待できることです。下の施術では両脚のみを20分ケアし、時間経過と共に、施術部位以外にも熱の拡がりが確認できます。

このように継続時間が長く、施術後も温められている間、体内では血行が促進され体質改善が行われている状態になります。この働きは痩身、美肌、アンチエイジングだけでなく、冷え性や自律神経の改善なども期待できます。その効果は有酸素運動の5倍の温熱効果があると言われています。

CONTRAINDICATION
-禁忌事項-

  • 妊婦(3-4ヶ月以上)
  • 色素沈着をおこしているアトピー性皮膚炎
  • 手術直後(手術内容により異なる)
  • 腹水や肺水腫(特に低血圧の方)
  • ペースメーカーを使用している
  • ステロイドや強抗がん剤を処方されている
  • ぎっくり腰などの衝撃的激痛直後および炎症ピーク時
  • アルコール摂取後

※このほかにも気になる症状、持病等ございましたら、当院鍼灸師にご相談ください。

恵比寿本院 恵比寿駅徒歩3分

恵比寿アネックス 恵比寿駅徒歩1分