肌と心と身体はつながっている

肌と心と身体はつながっている

寝不足の時にはいつもより化粧ののりが悪い、肩こりや頭痛がひどい時にネガティブなことばかり想像してしまう、生理前にイライラして感情が抑えられないなどの一方で、朝すっきりと目覚めると明るい気持ちで1日が始まったり、肌や身体の調子がいいと気分もよくなったり、人に会いたくなったりします。

実はこれらは、肌と心と身体の密接な関わりがあるからです。私達は小さい頃から心とは別に身体や肌があり、それらは別々に機能していると習ってきました。西洋医学では肌と心と身体を扱う医師はそれぞれ違っています。

しかし、東洋医学では、私たちの心は独立してある訳ではなく、肌と心と身体は繋がっていて、身体が不調になれば心は沈み、健康であれば心も健やかになると考えます。

近年では、西洋医学でも様々な研究が進み、病気やストレスで炎症(サイトカイン)が身体に起きると、心も不調になることが分かってきています。不眠、ストレス、自律神経の乱れなどによって身体が炎症(サイトカイン)を起こして免疫が弱まると、コルチゾールというホルモンが増えて免疫を高めようとする結果、さらに炎症が広がり、結果として心が乱れます。

いずれにせよ西洋医学、東洋医学でも肌と心と身体を分けて考えるのではなく、むしろ肌や身体の一部が心である、あるいは身体の一つの部分が心であると考えることができます。

肌と心と身体は分けることができないと考えれば、身体に無理をさせることは心に無理をさせることにもなり、身体を大事にすることで心が健康になり、心を健やかに保つことできれば万病さえ起こさせない可能性があることが研究でも分かってきています。

東洋医学では健康の先に美がある

さらに一歩進んで、東洋医学では健康の先に美があるという考え方があります。身体と心が健やかであってこそ、外見の美が成り立ちます。

私たち美容鍼ハリニーでは、肌、心、身体の総和の美しさ、つまり総合的に調和のとれた美を引き出すための方法を『ホリスティック美容鍼灸』と定義しています。

経絡・経穴(ツボ)を刺激し、肌と身体を良くすることによって心もよくなる。このような肌心身全体の調和・向上こそが治療の目標になります。

ハリニーが提供したい価値はお客様自身が持っている本来の美しさを引き出すこと。東洋医学の理論に基づき、肌と心と身体の結びつきから、全体を捉え、忙しい現代人に合わせた経絡やツボを使い、身体が本来持っている力を高め、内側から輝く自分らしい美しさを引き出します。

お身体の不調、美容のお悩みをお客様と一緒に解決してまいります。どうぞご相談くださいませ。

関連記事

  1. 頭の鍼(頭皮鍼・頭鍼)の効果

  2. 美容鍼で頭痛の改善(頭皮鍼でツボを刺激)

  3. 頭のこりは「3大たるみ」の原因

  4. 頭皮を鍼(頭皮鍼・頭鍼)で治療

  5. 東洋医学と鍼灸

  6. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは