美しさと幸せ、健康の関係

美しさと幸せ、健康の関係

私たち美容鍼ハリニーでは、肌と心と身体の結びつきから、身体が本来持っている力を高めて、肌心身全体の調和・向上させることを治療の目標にしています。

今回は、「肌と心と身体はつながっている」という私たちのメッセージについて説明します。

美しさと幸せの関係

女性の多くは、「美しさ」と「幸せ」は互いに結び付いていることを理解しています。

例えば、気持ちが上がらない、余裕がない、幸せを感じられないなどの状況では、脳はストレスを感じています。その結果、ホルモンバランスが乱れや免疫力の低下などが起こりやすくなり、肌や身体に不調を感じます。さらに不安や不満から顔の表情は険しくなり、ますます幸せから遠ざかります。

一方で、幸せを感じている人、気持ちが満たされている人は、その余裕が表情にあらわれます。肌の調子が良かったり、メイクが上手くいったりすれば、幸せを感じ、それが「美しさ」へと繋がっていきます。

美しさと健康の関係

東洋医学では『健康の先に、本当の美しさがある』という考え方があります。これは『健美互根』といって、美は健康を基礎として成り立つという意味であり、健康と美しさは互いに深い結びつきがあるという考えが元になっています。

例えば、体調が悪いとニキビができたり、寝不足で生活が乱れてくると、皮膚がくすんだり、肌の調子が悪くなったりした経験があると思います。つまり「美しさは、健康な体の上に成り立つ」ということです。

また「東洋医学」の基本的理念で、「心身一如(しんしんいちにょ)」という言葉があります。「一如」は真理はただ一つである意、「一」 は不二、「如」は不異の意味です。これは心と身体を分けずに、一つのものとして認識するということです。

「病は気から」という言葉があるように、健康な「心」が、健康な「身体」をつくり、健康な「身体」が「美しさ」をつくるという流れがあることが分かると思います。

美しさや幸せ、健康は自分でつくれる

年齢を重ねるごとに、肌や表情には「その人の人生」があらわれてきます。年齢を重ねれば、若い頃と同じように「何もしなくても肌がきれい」というわけにはいきません。肌のケアを十分しているか、毎日を幸せに過ごしているかどうかなど、その生活スタイルが肌や表情にあらわれてきます。

同じように「幸せ」も、年を重ねるごとに知恵がつき、経験が増え、自分で幸福をつくれるようになってきます。些細な事柄から幸せを感じるようになったり、見つけられるようになり、年を重ねれば重ねるほど、「美しさ」や「幸せ」は、自分でつくっていくものだと理解できるでしょう。

美しさや健康を保つことは、花を育てることと同じです。もちろん見た目は違いますが、成長過程や心がけが同じなのです。

花を育てるために、まずタネを植えます。タネを植えただけでは、花は開きません。毎日欠かさず、水、日光、栄養分を与えることで、大きく育ちます。この一連の流れは、美しさや健康でも一致します。そこに欠かせないのは「保湿」「睡眠」「運動」「食事」です。

美しさを目標に

目標を持つことが「美しさ」や「幸せ」にとても大切なことです。目標を持つということは、将来を思い描き、それに近づこうとすること。明るくポジティブな気持ちを持っている人、向上心を持っている人の表情はイキイキとしていて「美しく」感じます。

過去の化粧品会社の調査では、「美しさと目標達成の関係」について女性600名に聞いたところ、「自分が美しくなると望みや目標達成をしやすくなると考える」人が約75%いました。ちなみに美しさとは「肌の美しさ」と「内面の美しさ」を挙げる方が大多数となっています。

このように肌と心と身体は切り離せないもので、「美しさ」と「心」はお互いに影響を与えあっています。「美しさ」を目標にして、心と身体の両方からアプローチする相乗効果で、「美しさ」や「幸せ」を実感しやすくなるのです。

このような美と健康、幸せの関係は脳科学的にも実証されています。「美しい」ものを見たり触れたりすると、脳内で「ドーパミン」という神経伝達物質が分泌されます。この物質は向上心、集中力、前向きに生きる意欲、幸せ感を高めてくれるホルモンです。さらに「セロトニン」という「幸せホルモン」も分泌され、幸せな気分が高まることが知られています。

美しさは人間関係をより良好にする

同じく、過去の化粧品会社の調査では、「今より美しくなった時に得られる心理的な効果」という質問の中で、一位の「自分に自信が持てる」に続いて、「気持ちにゆとりができたり、他人にやさしい気持ちを持てる」と「幸福な気持ちになる」の2つが同率で二位となっています。

つまり、約半数の女性は、美しくなることで周囲の人との関係性に心理的な余裕が生まれると回答しています。

さらに、「今より美しくなった時、どのような行動の変化をもたらすか」との質問に対して、83.7%の女性が美しくなることで行動になんらかのポジティブな変化があると思うと回答し、「家族に対してやさしい気遣いができる」が1.76倍、「友人など周囲の人に対してやさしい気遣いができる」が1.68倍となることが分かっています。

女性が自身の美しさを高めることで、人間関係をより良好にすることにもつながることが考えられます。

肌と心と身体のバランスこそが美しさの条件

現代社会では、ストレスによって、自律神経や女性ホルモンのバランスが乱れ、免疫機能が低下して肌も心も身体も揺らぎやすくなります。特に女性は脳にストレスを受けやすく、日頃のセルフケアやメンタルケアが大切になります。

たった一つの小さいシミでも憂鬱になりますし、メンタルが落ち込むと様々なケアをする気力がなくなり、仕事や恋愛等に前向きになれなくなります。

また、年齢と伴に老化が進み、メンタルバランスも崩して負のスパイラルに入ってしまうことを考えると、きちんとしたセルフケアは必須です。お肌のお手入れだけでなく、睡眠、食事、メンタルバランスなど多角的にケアをすることで、肌心身体のバランスを整え、美しさにつながるのです。

私たちのストレスは基本なくならないため、上手に付き合っていくしかありません。ストレスと向き合い、心身ともにリラックスさせながらきちんとセルフケアし、自分にあう解消法を見つけること。それを楽しく続けていくことのお手伝いができればと思っています。

美容鍼ハリニーが提供したい価値はお客様自身が持っている本来の美しさを引き出すこと。東洋医学の理論に基づき、肌と心と身体の結びつきから、全体を捉え、忙しい現代人に合わせた経絡やツボを使い、身体が本来持っている力を高め、内側から輝く自分らしい美しさを引き出します。

お身体の不調、美容のお悩みをお客様と一緒に解決してまいります。どうぞご相談くださいませ。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 美肌にビタミン・サプリはNG

  2. 新月はデトックスをしましょう

  3. 3つをやめて体重コントロール

  4. Before-After

  5. 痩せ願望は緩やかな体重制限で

  6. 顔の黄金比率、顔の長さ編

  7. 感情がいちばん大事

  8. 美しさとは「姿」ではなく「思い」

  9. 新月と満月の東洋医学

  10. 自分の年齢は自分で決める!

  11. アンチエイジングのALA

  12. 店内での衛生管理と感染予防対策を徹底しております

  13. 【限定価格】現在ご来院いただいているお客様にお得なキャンペー…

  14. キレイになりたい「欲」と「望」

  15. 【緊急事態宣言中の営業に関しまして】