自分らしい健康的な美しさを

自分らしい健康的な美しさを

あなたは自分のことが好きですか。自分のことが気に入らないと思うときは誰でもあります。誰もがすべてのことをうまくこなせるわけではありません。他の人より不得意なこともあるし、少しはうまくできることもあります。人には必ず短所もあるし、その裏返しで必ず長所もあります。

「ボディポジティブ」という言葉はご存知でしょうか。それは、私たちのありのままの身体を愛するという考え方です。社会や美容業界がつくりあげてきた、広告などで表現される「非現実的な女性の美の基準」、その理想を追求するのではなく、ありのままの自分の身体を愛するということです。

もちろん、いつの時代にも理想的な美しさを私たちはつくりあげてきました。しかし、自分の身体を愛するということとは切り分けて考えるべきです。

また「ボディニュートラリティ」という言葉はご存知でしょうか。体型や容姿が自分の価値や幸せを定義するものではないという価値観をもとにするという考え方です。

自分の身体が外からどのように見られるかではなく、自分にとってどんな働きをしてくれているのかに焦点を当て、ポジティブに捉えられなくても、自分の身体をあるがままに受け入れることを大切する考え方です。

このような考えの背景には、私たちの美しさの基準が狭すぎ、多様性がほとんどないことが根本的な問題としてあります。

固定された価値観

例えばダイエット、自分のことをもっと好きになるために痩せることは確かに必要かもしれません。肯定的な動機であれば問題ないのですが、それが自分を苦しめるストレスになっている場合があります。憧れの体型を目指すこと、それは自分を好きになるために有効なことですが、一方で自分の身体が嫌いになればものすごくネガティブな影響を与えてしまいます。

自分が憧れる美しさを望むのはもちろんのこと、それに加えて自分の今も同じ態度で受け入れるマインドを持つことが大切です。

 “細い=美しい”のように、一人一人が無意識価値観を固定してしまっています。ステレオタイプに考えるのではなく、性別関係なく一人一人が自由な価値観を持てるようになるためにはどうすれば良いでしょうか。

自分のことが好きでなくなるとき、人と比べてしまうとき、そんなときは良い意味であきらめましょう。すなわちありのままで十分ですし、世界中にあなた一人しかいないということ、それが事実です。

美しさも大切、でももっと大切なのは個性です。自分のことを好きになれないとき、どうしても他の人と比較してしまうことは誰でもあります。それを否定するのではなく、比較しても、自分の個性は消えるわけではありません。あの人も素敵、でも自分も同じくらい個性的で魅力的なのです。

人を区別した社会で構築されてきた制度・思考・慣習などを打破し、「他人からどう見られるのか?」ではなく「自分はどうありたいか?」という自分軸のもと、性別よりも「個性」や「パーソナリティ」を重視する「自分らしさ」を追求する人が増えることを願っています。

あらゆる人々が自分らしく生きることができる暮らしやすい社会を目指すための取り組みにハリニーは貢献していきたいと考えています。

常に最高な状態で生活ができ、美しくなることで自分に自信が持て、あらゆる人々が自分らしく生きることができ、色々なことにチャレンジしていく、そんな美しい輝きを放つ自分でいてほしい。

ハリニーは肌も心も身体もにごりのない透明感を引き出す、唯一無二な場所としての存在を目指します。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 肌の乾燥は「副腎」の疲れ

  2. 東洋医学から診る「冷え性」

  3. 「腸」の要は「短鎖脂肪酸」

  4. 感情がいちばん大事

  5. オメガ3脂肪酸の健康・美肌効果

  6. 肌と心と身体はつながっている

  7. 高周波温熱治療(ラジオ波)

  8. 美しくなりたいではなく、美しくありたい

  9. 冷えを改善することで痩せる

  10. 「若さ」が、理想的な美しさの基準?

  11. 東洋医学における「美しさ」とは

  12. 美しさとは「姿」ではなく「思い」

  13. 自分らしく輝き続けること

  14. 美しさと幸せ、健康の関係

  15. 美しさと健康のカギは毛細血管ケア