美しさとは「姿」ではなく「思い」

美しさとは「姿」ではなく「思い」

美しくなりたいと思いは、誰でもあるはず。

目が大きくなったら、芸能人のような整った顔になったら、あと5キロ痩せてモデルのようなスタイルになったら叶うと考える人もいるでしょう。

それとも、一緒に感動できる友達、子供を見守る母親、目標に向かって共に働く同僚など、周りにいつもいる家族から美しさを感じる方もいます。また際立った個性や型にハマらない生き方に美しさを感じる方もいます。

このように、私たちは何をもって、人を「美しい」と感じるのかは人それぞれです。美しさを考えるとき、なぜその人を魅力的に感じるのかを理解することがとても大切です。

人がなぜ魅力的な人と感じてしまうのか、それは「これが自分のよさ」であることを理解し、自分がそれを美しいと思っているからです。

さらに、その魅力を磨き、伝えることに前向きです。だから、私たちはそれを美しいと感じているのです。

つまり、美しさというのは「姿」ではなく、他人の良さを理解していること、自分自身の良さを理解していること、美しさに前向きな姿勢だったりします。

もう少し深く、「美しさ」と「思い」の関係を考えてみましょう。

心を美しく磨きたいと常日頃考えて行動すると、人柄が変わってくるはずです。善き思いを常に心に抱き、善き行動をしていれば、心が変わるはずです。

心が変わることは、その人の魅力が変わってきます。

例えば、私が美しいと感じる人は、自分の心に向き合い、正しい方向へと自分を向けていく毎日を送っている人です。

そういった方は、常に自分の心を修正して、自然とそれが魂を磨く、心を磨くという行為に繋がっている人です。

つまり、心の中でどういう思いを抱いているかによって、その人の魅力は変わっていくものです。

だから、だんだん年を重ねるに従って「魅力的になった」と言われたとすれば、そのことが実は、少しは美しい「思い」になっていった証拠なのです。

もし、自分自身が美しく生きていると感じるのであれば、あなたの美しさを人は感じているはずです。

善きことを思い、善きことをすれば、いい結果が生まれるという普遍的な法則があるかぎり、そういう思いをずっと抱いて行動していると、それはまさにその人の魅力を形づくっていくのです。

その上で、「人は自分の魅力に合ったコト(出来事)にしか遭遇しない」のだとすれば、「あなたの魅力がそのコトをつくったのですよ」とも言えるわけです。

強い思いを抱き、毎日毎日、自分の思いを修正しながら、善き思いに変え、善きことをする方向に変えていくことが大事なのだということを如実に表していると思います。

関連記事

  1. キレイになりたい「欲」と「望」

  2. 美しさと幸せの関係

  3. 東洋医学における「美しさ」とは

  4. セレンディピティ(serendipity)

  5. 東洋医学で診る「アンチエイジング」

  6. ホリスティック美容鍼灸とは?

  7. 自分の年齢は自分で決める!

  8. ハリニーではお顔だけでなくお腹にも鍼をします。

  9. 「若さ」が、理想的な美しさの基準?

error: Content is protected !!