感情がいちばん大事(Emotions should be put first)

カーラ・デルヴィーニュ

カーラ・デルヴィーニュをご存知でしょうか。彼女は、2011年のバーバリーのキャンペーンを機にモデルとして大ブレイク、その後は歌手、女優(俳優)など、幅広く活動しています。

そんな彼女ですが、ありのままの自分を愛し、受け入れるために長い時間を費やしてきたとのこと。彼女は感情に素直に向き合う」ため、オープンに苦しんできたこと(鬱、パンセクシャル、タトゥーなど)を語る姿に共感が集まっています。

彼女自身にとっては、よりオープンで正直になればなるほど、ほかの人々がより自分のことを受け入れ、ジャッジすることなくそのままの自分を愛してくれると考えています。

それは、ある一つの側面から、つまり一つの職業に閉じ込められたシンボルであることを拒み、モデル、女優(俳優)、デザイナーなど全てでひっくるめて彼女自身であることを願っているからです。

その人が持つ個性を隠して目立たないようにやり過ごすのではなく、何かを得るために、「人とは違う」ことを恐れないことが大切になりつつあります。

普通ではないことで能力を発揮する

SNSでは、芸能人や友達などの行動や様々な情報を共有しやすくなった反面、人の目が気になったり、他の人と比較したりすることで自分を見失うことがあるかもしれません。

カーラ・デルヴィーニュを含め、幸せに生きる女性の共通点は、一般的な「普通」に捕らわれていないことです。世間一般で「こんな人生が幸せ」と思われているレール、結婚、子供、役職に就くなど、様々な「普通は、、、」が世の中に溢れかえっています。

普通であること、平凡に生きること、その普通や平凡はただの幻想でしかありません。誰もが個性を持ち、人と違う突出した部分を必ず持っているはずです。

カーラ・デルヴィーニュも、世の中で活躍するきっかけはモデルでしたが、そこから違う突出した部分で活動の幅を広げています。世間体に縛られず、自分の感情をいちばん大切にしています。周りに左右されることなく、自分にとって何がいちばん良いのかを大事にしています。

もちろん、順風満帆な人生なんて幻想で、人生は色々な出来事が起こります。悩んだ時や迷った時は無理に突き進もうとしないで、自分の感情を深く観察してください。じっくりと自分と向き合う時間が、自ら答えを導き出してくれます。

カーラ・デルヴィーニュのように、感情を大切にして、自分の中にある突出した部分を、社会で役立てること、つまりその突出している部分で生きる場所はどこなのかを考えていくことも人生には大切です。

自分には何があるか?

しかし、そうは言っても何も自分に突出した部分がないと思うかもしれません。そんな時、自分が上手くいっている時だけでなく、辛くしんどい時でも、人に優しく接することができるかが鍵です。

いつも思いやりをもって人に優しく接する人は、自然と周りの人から愛されます。よく考えてみると、人生のチャンスや困った時の救いの手など、どれもが人から受け取るものです。周りにいつも優しく接することができる人は、そんな良い思いを受け取ることができるでしょう。

このような行動が自然とできることも個性であり、人と違う突出した部分です。生まれ持った才能、生まれ持った美しさがあることは確かですが、どんな状況でも思いやりをもてることも十分な才能です。

例えば自分を好きなる、好きになってもらうために、馬鹿なこと、一銭にならないこと、誰からも評価されないことを一生懸命やってみるという方もいます。そういう馬鹿なことをしている自分がいつの間にかとてもかわいらしく、いとおしく、思えてくるそうです。

感情がいちばん大事、それは自分に対しても、周りにいる人に対しても、社会に対してもいちばん大切なことです。

関連記事

  1. 爪は生活習慣の記録調

  2. 3つをやめて体重コントロール

  3. 炭酸水の効果とは?

  4. 美肌を作る摩擦のない洗顔方法

  5. 慢性炎症が老化に直結する

  6. 顔の形で性格がわかる

  7. 最新研究のアンチエイジング物質

  8. エイジングケアに使いたいオイル

  9. ダイエットの耳ツボ

  10. キレイになりたい「欲」と「望」

  11. 肌が老化する原因の80%は紫外線

  12. 体内の時間割を知って賢く生活する

  13. 顔の黄金比率、顔の長さ編

  14. 落とすことで肌は若返る

  15. 美と若さの新常識、シナモンで若返る

error: