美肌は何を食べるかで決まる

美肌は何を食べるかで決まる

スキンケア、高級な化粧品や美容液、美容療法への投資など、美肌になるための方法が沢山あります。しかしそれらをいくら試してみても肌の状態は、身体の状態がそのまま反映されていることが多いです。肌荒れ、ニキビ、シワ、シミ、くすみ、乾燥、たるみなどは身体の不調を反映しているケースが多くあります。

例えば、肌のくすみは体の糖化が原因であり、動脈硬化、慢性疲労を引き起こす可能性があります。シミが消えないのであれば、体の酸化が原因で、高血圧や肩こり・腰痛を引き起こします。そして肌荒れや乾燥が気になるのであれば、タンパク質や脂質が不足しており、細胞の新陳代謝が滞っているかもしれません。

このように美肌を損なう原因は、酸化、糖化、細胞のターンオーバーの乱れ、胃腸の不調の4つの問題が関わっており、老化スピードを早めてしまう4大原因とも言われています。

また、老化スピードの違いを研究したダニーデン研究では、同じ38歳の年齢でも、生物学的な年齢が30歳以下の人もいれば、60歳近くの人もいることが分かっています。このように同じ年齢でも大きな差が出てしまったのは、食事が大きな要因の一つと言われています。

日常的なスキンケア、エステなどのアウターケアも大切ですが、生活リズムを整えて体の内側から整えていくインナーケアが重要であることは言うまでもありません。

内側からのケアが大切(インナーケア)

皮膚細胞の材料になるもの、それは食事です。肌に異常が現れるのは体内の不調が原因で栄養が正しく運ばれていない、そもそも栄養が足りていない証拠です。例えば慢性の便秘は腸の不調から生じ、ニキビや肌荒れを起こすことが医学的にも検証されています。つまり腸の不調から生じる肌荒れを、いくら外側からのケアをしても根本的な原因を解決することにはなりません。

特にシミ、くすみ、たるみが気になるのであれば、それは体の酸化や糖化が原因かもしれません。酸化が進むとメラニンが増加してシミができたり、コラーゲンが破壊されてたるみに繋がります。そして糖化が進むと、黄色くくすみ、ハリがなくなる、カサカサになるなど、肌に大きな影響を及ぼします。さらに様々な病気のリスク、疲れが抜けない、首肩のこり、血圧が上がるなど体全体のトラブルを引き起こします。

最新美容技術でも、高額な機能性化粧品を使ったとしても、最終的には食生活が悪くなればその効果が出にくくなります。体の内側から変えていく根本的なインナーケアが重要です。

美肌のためのポリフェノール

健康的な細胞を保つためには、酸化、活性酸素、抗酸化物質を考える必要があります。酸化は、酸素が他の物質と結びついて起こる反応で、体の中でも日常的に酸化が起こっています。この酸化によって、体が錆びて細胞老化が加速します。また呼吸で取り込まれた酸素の一部が活性酸素になり、過剰に発生してしまうと細胞老化だけでなく、様々な病気のリスクになります。

シワ、シミ、そばかすなどは酸化が原因であり、この酸化ストレスを減らすことが重要になります。加齢、日焼け、疲れなどは、体の抗酸化作用だけでは、増加した活性酸素を抑えることができないため、食べ物などで抗酸化力を補ってあげる必要があります。抗酸化物質で有名なのがポリフェノールです。

このポリフェノールは8,000種類以上あると言われており、その中で近年注目されているのがレズベラトロールです。特にリンゴンベリーという北欧に生息する植物の果実には、抗酸化力の強いレズベラトロールが豊富に蓄えられています。北欧の住民たちの間では古くからあらゆる病気に薬効のある果実として伝統医療にも用いられています。研究でも肌のシミ、潤いがアップ、炎症を防ぐ、血流の改善、糖尿病や歯周病の予防に効果があることが分かっています。リンゴンベリーはジャムやサプリなどで入手できますが、自分で育てることも可能です。

それ以外にも、コーヒーにはクロロゲン酸、緑茶・紅茶にはカテキン、大豆にはイソフラボン、生姜にはジンゲロン、ウコンにはクルクミン、玉ねぎにはケルセチンなどのポリフェノールが含まれています。これらを意識して摂ることで、美肌を保つことができます。ただしポリフェノールは水に溶けやすい性質があり、体内で1から2時間ぐらいは抗酸化作用が高まりますが、4時間ほどで作用が消えます。つまり一度に大量に摂るのではなく、3から4時間の間隔を開けて摂取することがオススメです。

高濃度のポリフェノールは、抗炎症性遺伝子を活性化させて、炎症を引き起こす遺伝子の活性化を食い止め、さらに抗加齢遺伝子が活性化し、細胞の再生を促します。またポリフェノールに含まれる発酵性繊維が腸内の善玉菌のエサになり、乳酸菌やビフィズス菌を増やす作用も報告されています。その他にも血管を健康に保ち、動脈硬化を予防することも分かっています。

コーヒーの摂取に関係する研究として、コーヒー1日3杯飲む人は飲まない人に比べてシミが少ないことが明らかになっています。これは抗酸化作用が紫外線によって発生する活性酸素を除去しているからと考えられています。

食べ物が美肌に影響する仕組み

細胞は新陳代謝によって再生(ターンオーバー)されています。皮膚をつくる細胞の寿命は約4から6週間で、新しく生まれ変わります。この生まれ変わりに必要なのがタンパク質などの栄養素です。

栄養素の元になる食べ物は胃や腸で分解・吸収され、肝臓に運ばれて、毛細血管を通じて全身の細胞へ供給されます。つまり質の良い細胞を作り続けるためには、食事で良質な栄養を十分に摂る必要があります。また約37兆個あると言われる体の細胞は、脂質で覆われており、質の悪い脂質でつくられてしまうと、体のあちこちで悪影響を及ぼします。ひとつひとつの細胞を健康に保ち、肌のターンオーバーを正常にするためにも食事の質が大切です。以下に美容目的別に効果の高い食べ物を一覧にしました。

肌荒れ・乾燥肌への対策  タンパク質と脂質の割合を増やすために、アミノ酸スコアの高いタンパク質とオメガ3系オイルを摂る鶏肉、牛肉、豚肉、アジ、大豆、卵 アジ、サバ、イワシ、サンマなどの青魚、亜麻仁油、えごま油、ナッツ類
肌のバリア機能の低下皮膚の保湿因子のセラミドを増やす黒い食べ物こんにゃく、しらたき、大豆、黒豆、海藻類
日焼け・シミの予防抗酸化作用の高い食べものポリフェノールを多く含むベリー類、トマト、サーモン、パプリカ、ナッツ類
髪がパサパサ、薄毛ターンオーバーに必要な亜鉛を摂る牡蠣、豚レバー、赤身の肉、卵黄、海苔、チーズ

世の中に完璧な食事を実践できている人はいません。自分ができる範囲で実践することが大事です。

美容鍼灸でインナーケア

美容鍼灸は、本来体に備わっている自然治癒力を活性化させることができます。例えば鍼で微細な傷を皮膚や筋肉につけると、血管が拡張して、酸素や栄養素を含む新鮮な血液を呼び込むことで新陳代謝を高めたり、肌や筋肉の血液循環を改善してこりを緩和したり、修復を促進することができます。また全身のバランスを整えることで様々な体の不調を改善しいていきます。肌ツヤ、たるみはもちろんのこと、首肩こり、生理痛などの改善を実感できたという声をたくさん頂いております。

さらに、鍼や灸の刺激によって、自立神経を整え、血管の調整や臓器の働きを良くしたりできます。その結果、ホルモンバランスが整い、免疫力が活性化して体全体に効果が引き起こされます。つまり鍼灸治療を続けていると体の内側から体調が良くなり、健康的な体づくりのベースとなります。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 3つのツボで美顔を保つ

  2. 目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツボ

  3. 若返りの秘訣オートファジー

  4. お粥は胃に優しくない

  5. アンチエイジングと細胞老化(セネッセンス)

  6. 食べる薬「ごま」、飲む薬「コーヒー」

  7. 美肌にビタミン・サプリはNG

  8. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

  9. 美と若さの新常識、シナモンで若返り

  10. 赤ワインに含まれるレスベラトロールの効果

  11. 健康・美容効果のスーパーフード「ナッツ」

  12. 鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

  13. 新月と満月の東洋医学

  14. 4つのセラミドとスキンケア

  15. ダイエットにカロリー計算は不要