お顔のセルフケア(目の下のたるみ、上まぶたのたるみ)

美容鍼の効果を持続させるための「お顔のセルフケア」をお伝えします。

1日1分のツボ押しで、より輝くための肌づくりを!

★リフトアップのお悩み★

年齢と共に気になるのがたるみ。顔のどこか一箇所がたるむのではなく、顔、目の周り、頬、口まわり、フィイスラインなどお肌に弾力がなくなることが原因です。

目の下のたるみに効果的なツボ

目力がなくなった疲れ顔に効果的なツボをご紹介します。

  • 球後(きゅうご)/ 目の中央と目尻の間にある骨のくぼみ
  • 絲竹空(しちくくう)/眉尻
  • 魚腰(ぎょうよう)/眉毛の真ん中

目尻のシワを改善してくれる「球後」と、目のだるさや重さを解消する「絲竹空」と「魚腰」。

上まぶたのたるみに効果的なツボ

目がちいさくなってしまったと感じる時に効果的なツボをご紹介します。

  • 攅竹(さんちく)/眉頭
  • 魚腰(ぎょうよう)/眉毛の真ん中
  • 絲竹空(しちくくう)/眉尻

「攅竹」「魚腰」「絲竹空」は上まぶたをリフトアップさせてくれるツボ。

お顔のツボ押しは、イタ気持ちいい程度、毎日1分、不調の時は控えましょう!

それでは、お忙しいかと思いますが、くれぐれもお身体には気をつけ下さい。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、太りにくい体づくり

  2. お家でセルフケア、くま・すくみ

  3. お家でセルフケア、疲れやすい

  4. お顔のセルフケア(口のまわりのたるみ、頬のたるみ)

  5. お家でセルフケア、薄毛のツボ

  6. お家でセルフケア、足のむくみ

  7. お家でセルフケア(フェイスラインの崩れ)

  8. 自立神経と女性ホルモンのバランスを整えるツボ

  9. ニキビや吹き出物は身体の余分な熱

error: Content is protected !!