インディバで腸マッサージ

インディバで腸マッサージ

肌トラブルの原因の多くは腸にあり、例えば便秘などのトラブルを抱えた腸であれば、ニキビや吹き出物などの原因になってしまいます。一方で腸の状態や働きがよければ、腸で吸収された栄養が血液にのって全身に運ばれて肌も生き生きとしてきます。

美しい肌を手に入れたいのであれば、化粧品や美容鍼と同じくらい、あるいはそれ以上に入念に腸をケアする必要があります。

インディバで腸を刺激する

「腸ケア」で大切なことは「腸を動かす」ことです。働きの弱まった腸に外から刺激を与えることで、腸を活性化させることができます。

腸の後ろには「腸腰筋(ちょうようきん)」という筋肉があり、通常のマッサージでは届かないインナーマッスルです。インディバはこういった深い筋肉にもアプローチすることができ、深部加温によって血管拡張や血流増加、代謝亢進などを促すことができ、腸や内臓機能の働きが良くなり活性化します。またその温熱刺激が腸管の運動を亢進させることで便秘症状を緩和する効果があります。

インディバでリンパ・血液の流れを改善

腸の状態を維持する上で大切なのが老廃物を運ぶリンパの流れです。リンパの流れが滞っていると、腸と肌とのやりとりが妨げられてしまいます。

リンパ液が流れるリンパ管は、血管と同じように全身に巡らされており、このリンパ菅がたくさん集まる中継地点をリンパ節と言います。このリンパ節は、わきの下、首、鎖骨、脚のつけ根、ひざ裏などに存在しています。これらの中で重要なのが、脚のつけ根にある「鼠径リンパ節」です。

現代人は座りっぱなしで、この部分が常に圧迫を受けている状態で、さらに運動不足も重なり、ますます悪循環となっています。リンパの流れはどこか一部分でも詰まると、その詰まりが全身に影響してしまいます。老廃物が滞りなく運ばれて、排出を促すことが肌の美しさに大きく影響します。

また、血流と密接な関係にあるのが冷え性です。体温が下がると毛細血管が縮み、毛細血管に送られる血の量が少なくなり手足が冷えます。血は酸素や栄養素を体の隅々まで運ぶと同時に「熱」も運んでいます。つまり血流が滞ると、熱が体中に届かなくなり冷えの悪循環となってしまいます。「熱」をしっかり運ぶためにも血流の循環が必要不可欠になります。特にお腹の冷えは、便秘、生理痛、内蔵機能の低下などを引き起こします。下腹部には腸や子宮・卵巣・膀胱があるので、月経前症候群(PMS)などの生理前の症状には下腹部を温めることが大切です。

インディバでセルライトを燃やす

セルライトとは、皮下脂肪に体内の老廃物や余分な水分によって固まったものですが、その原因には血行不良やリンパの流れが悪いことが挙げられます。加齢や生活習慣の乱れなどで脂肪に老廃物が溜まりやすくなります。

インディバの高周波によって、深部から温めることで、血行が良くなり、脂肪細胞が消費されやすい状態になります。またリンパも老廃物の排出を促しやすい状態になります。この状態で深部に働きかけるリンパマッサージを行うことで、体内に溜まった老廃物や水分を体外に排出することができます。

インディバで自律神経のバランスを整える

腸で吸収された栄養を全身に運ぶ血液循環も美肌と健康には大切です。この血の巡りをコントロールしているのが自律神経です。自律神経には、日中の活動を支える「交感神経」と、夜に心身をリラックスさせる「副交感神経」があります。

この両者のバランスがとれていることが大切ですが、現代人はどうしても交感神経優位のままになり、夜眠れなくなったり、首肩こり、頭痛など様々な症状を引き起こしてしまいます。また自律神経と腸内環境はお互い影響し合っており、自律神経のバランスが乱れると、腸内環境も乱れ、腸内環境が乱れると自律神経のバランスも乱れます。

例えば、緊張やストレスなどで交感神経が高まり、自律神経のバランスが乱れると、腸の蠕動運動が停滞するため、便秘などの腸の不調が起こります。一方で腸内環境が良くなると副交感神経の働きが良くなり、自律神経も整っていきます。

インディバの深部加温によって、交感神経と副交感神経のバランスが整い、辛い症状を根本から改善していくことができます。特に首肩周りを温めることで副交感神経の働きを高めることができます。首には交感神経と副交感神経の要所があり、脳から腸まで届いている大切な神経の通り道と言われているからです。

さらに鍼灸を組み合わせることによって、お客様一人ひとりの症状の根本原因(経絡の乱れ)から、その原因となる要素にアプローチします。お身体のバランスの乱れによって様々な症状を引き起こす状態から、総合的なアプローチ(ホリスティック美容鍼灸)から、本来の生命力を高めることで、心と身体を美しい状態に戻すことを治療の目的としています。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. インディバ (美容高周波温熱治療器)

  2. インディバと鍼灸で術前・術後ケア

  3. インディバで胸の筋肉を柔らかくしてバストアップ

  4. インディバで疲れやだるさ解消(だる消し)

  5. インディバで睡眠の質を高める

  6. インディバと脂肪細胞

  7. インディバとヒートショックプロテイン

  8. インディバとキャビテーションの違い

  9. インディバフェイシャルの効果

  10. インディバで免疫力を高める

  11. インディバで神経線維を加速

  12. インディバとハイパーサーミア

  13. インディバ (ラジオ波)で痩せる

  14. インディバヘッドでスカルプケア

  15. インディバでお腹ケア(皮下脂肪、内臓脂肪、腸活)