ダイエットの耳ツボ

ダイエットの耳ツボ

耳には110ものツボが存在します。
東洋医学では、耳を見れば不調や病気が分かる、と言われるほど重要視されている場所です。
耳ツボ刺激は、健康増進や体質改善、美容効果も期待できるということで、古くから行われてきました。

今回は、そんな耳つぼを利用したダイエットを助けるツボをご紹介します。

ダイエットの耳ツボ

耳ツボ

○飢点(きてん):食欲抑制の効果
どうにも止まらない食欲に困った時のツボ。耳の顔側にある骨の飛び出た部分のくぼみの辺りにあります。食事の10〜15分前に2〜3分くらい押して刺激すると効果的です。

○胃点(いてん):食べ過ぎ防止の効果
胃の働きを整えて消化を助けたり、食べ過ぎを防止するツボ。耳の中央にある骨の上にあります。飢点同様、食事の前に刺激しましょう。

○肺点(はいてん):脂肪燃焼の効果
インシュリンの分泌を抑え、脂肪を燃焼しやすくする耳つぼ。耳の穴のすぐ横のくぼみから少し下がったところに「肺点」があります。親指の爪で刺激しましょう。

○神門(しんもん):ストレス解消の効果
「神門」には、イライラを抑え、気持ちを落ち着かせる効果があります。自律神経を整える作用もあるので、ダイエット中でなくても、ぜひ覚えておきたい耳つぼの1つです。耳の上側のくぼみの辺りにあります。押したり揉んだり、引っ張ってもOKです。

それぞれ両耳を刺激してください。また、耳をマッサージするだけでも効果はあります。

関連記事

  1. 若返りの秘訣オートファジー

  2. 新月と満月の東洋医学

  3. エイジングケアに使いたいオイル

  4. 東洋医学で診る、体内時計を知る

  5. 性別ではなく、パーソナリティや個性を重視する「自分らしさ」を…

  6. 夜眠れない方は、朝日を浴びる健康習慣!

  7. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

  8. 3つをやめて体重コントロール

  9. 美しさとは「姿」ではなく「思い」

  10. 同じ年齢でも”老けて見える人“と”若く見える人“

  11. 冷やす方が血行が良くなる

  12. 「歳を取る」と「老化する」ことはイコールではない

  13. 顔の形で性格がわかる

  14. 炭酸水の効果とは?

  15. 体内の時間割を知って賢く生活する

error: