脂肪燃焼(ダイエット)の耳ツボ

    脂肪燃焼(ダイエット)の耳ツボ

    耳には110ものツボが存在します。東洋医学では、耳を見れば不調や病気が分かる、と言われるほど重要視されている場所です。耳ツボ刺激は、健康増進や体質改善、美容効果も期待できるということで、古くから行われてきました。今回は、そんな耳つぼを利用した脂肪燃焼(ダイエット)を助けるツボをご紹介します。

    脂肪燃焼などに効く耳ツボ

    脂肪燃焼などに効果がある耳ツボ

    飢点(きてん):食欲抑制の効果

    どうにも止まらない食欲に困った時のツボ。耳の顔側にある骨の飛び出た部分のくぼみの辺りにあります。食事の10〜15分前に2〜3分くらい押して刺激すると効果的です。

    胃点(いてん):食べ過ぎ防止の効果

    胃の働きを整えて消化を助けたり、食べ過ぎを防止するツボ。耳の中央にある骨の上にあります。飢点同様、食事の前に刺激しましょう。

    肺点(はいてん):脂肪燃焼の効果

    インシュリンの分泌を抑え、脂肪を燃焼しやすくする耳つぼ。耳の穴のすぐ横のくぼみから少し下がったところに「肺点」があります。親指の爪で刺激しましょう。

    神門(しんもん):ストレス解消の効果

    「神門」には、イライラを抑え、気持ちを落ち着かせる効果があります。自律神経を整える作用もあるので、ダイエット中でなくても、ぜひ覚えておきたい耳つぼの1つです。耳の上側のくぼみの辺りにあります。押したり揉んだり、引っ張ってもOKです。

    それぞれ両耳を刺激してください。また、耳をマッサージするだけでも効果はあります。

    ダイエットに効くお腹ツボ

    ダイエットに効く腹ツボ

    中脘(ちゅうかん):おへそから指4本分上のところ

    胃腸の働きを活性化し、脂肪を燃焼します。

    天枢(てんすう):おへそから左右に指幅3本分離れたところ

    腸の蠕動運動を促進させて、ダイエットだけでなく便秘の解消や免疫力アップにも効果的。

    気海(きかい):おへそから指幅2本分下側

    基礎代謝を上げ、脂肪燃焼を促進させることができます。

    関元(かんげん):おへそから指幅4本分下側のところ

    体温を高め、冷えを解消して代謝を促進する働きがあります。

    「食べたい」気持ちは抑えられるツボ

    「食べたい」という欲求は、脳の内側にある「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」から生まれます。大脳辺縁系は、食欲、性欲、睡眠欲などをコントロールし、ストレスを感じるとドーパミンを分泌します。このホルモンが食欲をコントロールする「摂食中枢」を刺激し、食欲を増加させます。

    同時に、ドーパミンは満腹中枢を刺激して食欲を増進させるホルモンの「レプチン」の働きを抑制するため、いつもの食事量を食べても満腹感を感じにくくなります。このような欲求は、「動物脳」によるもので、生存を脅かすようなストレスがかかると暴走してしまいます。この暴走をコントロールするには、知識や情報を冷静に処理して判断する「人間脳」を適切に働かせる必要があります。

    また、ストレスを感じると分泌する、ストレスホルモンの「コルチゾール」の働きも過食に深く関係しています。コルチゾールが分泌されると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が減少します。セロトニンによる食欲を抑える働きが抑制されるために、食欲が増してしまうのです。

    ダイエットで「食べたい」という感情を抑え込もうとすればするほど、また結果を早く出そうとして急に食事を抜いたりすれば、まずます「動物脳」が働いてしまいます。食事量を少しづつ減らし、血糖値が急激に上がらない食事に変更するなどして、「動物脳」にかかるストレスを軽減することが大事です。ダイエットにはストレスを軽減することが大事。「食べたい」気持ちは抑えられるツボを上手に活用しましょう!

    労宮(ろうきゅう):手のひらの真ん中

    「疲労の館」と言われるツボで、ストレスを軽減させます。

    内関(ないかん):手首のシワから指3本分下

    内関は「心包」のルートにあり、心に安定をもたらします。

    「食べたい」気持ちは抑えられるツボ

    太らない賢い間食

    間食をすることが太り過ぎを招く大きな理由の一つです。目の前にコンビニがあり、家の中にも食べ物がある状態では、無意識に間食してしまう方が多くいます。一回の食事を消化するには4から6時間かかり、消化が完全に終わる前に間食をしてしまうと、既に体内に摂り入れた食べ物が未消化のまま発酵してしまいます。それを繰り返すことで消化システムは疲弊し、細胞が傷ついて老化が促進されることが分かっています。

    しかし、間食を止めることで、普段より食事が増えてしまいより太ってしまうこともあります。そこで「太らない間食」によって、無理に間食を我慢するのではなく、自分自身の空腹を上手くコントロールしましょう。おすすめは、腹持ちが良くて満腹感を与えつつもカロリーが控えめの「ナッツ類」です。ナッツ類はタンパク質が豊富で、食物繊維も多く含まれるため腹持ちが良いです。

    一方で、水をこまめに飲むことで空腹感を抑えることもできます。最近の研究では水がカロリーを燃焼するという報告があります。その理由は、水が発熱反応を導き出して、代謝を上げてくれる効果が挙げられています。

    ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください!

    【本コラムの監修】

    恵比寿院長

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. シワ・たるみ・くすみを促進する「酸化」と「糖化」

    2. お家でセルフケア、代謝をあげるツボ

    3. お家でセルフケア、薄毛のツボ

    4. ほうれい線・フェイスラインの崩れに効くツボ

    5. お粥は胃に優しくない

    6. 目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツボ

    7. 赤ワインに含まれるレスベラトロールの効果

    8. 炭水化物(糖質)中心の生活で太る

    9. 「運動」と「食事」が美肌のカギ

    10. 美と若さの新常識、シナモンで若返り

    11. 新月と満月の東洋医学

    12. 炭酸水の効果とは?

    13. 細胞レベルでダイエット

    14. 3つのツボで美顔を保つ

    15. ダイエットで老けないために