美と若さの新常識、シナモンで若返り

美と若さを保つ上で重要なのは血管です。特には毛細血管!

資生堂の研究では、毛細血管とコラーゲンは深く関わっていることが分かっています。コラーゲンは、18種のアミノ酸から構成されていて、お肌では真皮にある線維芽細胞から生み出されます。

資生堂のプレスリリースによると、血管を強化し、血流を改善することは、真皮幹細胞にとって良質な環境を整え、コラーゲンを生み出す力を高めることにつながり、お肌の弾力が十分ある部分では毛細血管は太く、密度も高く存在していることが分かっています。

このように毛細血管は、私たちの細胞へ元気を届ける重要な役割をしています。したがって、美と若さに非常に関係があります。

また、医療や化粧品業界でも血管の中で一番注目しているのも毛細血管です。なぜかというと、毛細血管は意外に簡単に修復してくれるものだからです。だから努力をすればするほど、若返る。それが見た目にも跳ね返ってきます。

ちなみに、血管の全体を100%すると、毛細血管の割合は99%になります。太さは5〜10マイクロメートル、1mmの約100分の1。女性の髪の毛1本の約10分の1の細さなんです。

こんなに細い血管の中で、細胞や組織のすみずみにまで、酸素や栄養素を届ける役割を担っています。しかし、血管の機能が低下すると、身体のすみずみにまで酸素や栄養素が行き渡らなくなり、細胞の機能が低下します。

毛細血管が減少する理由

毛細血管が減少する理由のひとつが加齢です。45歳頃を境に新陳代謝が衰えていきます。そのため、毛細血管も急速に老化が進み、また新しく血管がつくられる数も減るので毛細血管も減少していきます。

また、甘いものを摂りすぎると体内でAGE(糖化最終生成物)が蓄積し、血管の壁細胞を傷つけます。傷ついた毛細血管は、睡眠中に修復されるのですが、睡眠不足が続くと、傷ついた血管が修復されません。

同じく、ストレスや喫煙、多量の飲酒、紫外線によって体内が酸化すると、細胞が傷ついて組織が劣化して、老化が進みます。

結果として、毛細血管が減少するときには、細胞が、徐々に緩くなっています。そうすると、肌にハリがなくなりますので、毛細血管がまっすぐ立っていられないという状況になります。

シナモンで若返り

血管を強くし、血流を改善することが、からだの細胞を活性化してコラーゲンを作る力を高めることができ、潤いあるお肌の実現につながります。また血流が良い人は、角層の水分量とお肌のキメが良いことが資生堂の研究からわかっています。

血流の流れを良くする食べ物の代表がシナモンです。漢方では「桂皮(ケイヒ)」と呼び、古代からアジアや地中海地方では血行促進の生薬として使われてきました。

このシナモンには、体の冷えを取り除き、血の巡りをよくする成分が含まれています。血流がスムーズになれば、酸素や栄養が細胞の隅々まで行き届きやすくなることで、肌のシワやくすみ、目のクマの改善や、抜け毛や骨が脆くなるのを予防する効果も得られます。

また、シナモンには、内側の血管と外側の血管を接着する働きのあるTie2(毛細血管の元気の源)と呼ばれる成分を活性化させ、毛細血管を丈夫にする働きがあることがわかっています。

1日0.6gのシナモンでTie2が活性化されるそうですから、お料理や飲みものに毎日一つまみのシナモンを入れるだけで、美と若さを作る血管の健康にできるのは嬉しいですね✨

※シナモンのクマリンには副作用があるので、配合が少ないセイロンシナモンがおすすめです。人によってはシナモンに対して、アレルギー反応を示す場合があり、 ひどい場合には、アナフィラキシーショックを起こすことがあります。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

  2. 口の中の味で身体の状態を知る

  3. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

  4. 冷やす方が血行が良くなる

  5. エイジングケアに使いたいオイル

  6. 東洋医学的に診る、血不足のサイン

  7. 若返りの秘訣オートファジー

  8. 耳が硬い時はエネルギーが弱っている

  9. 顔の形で性格がわかる

error: Content is protected !!