お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

数ある美容法の中で美容鍼が注目されるのは、その即効性にあります。エステや化粧品などでは届かない、肌の奥にある筋肉や細胞に直接刺激を与えることができるからです。

その美容鍼の美顔効果には、コラーゲンの生成、免疫反応による血流の促進、筋肉の引き上げなどによるものがありますが、鍼灸師でなければお顔の鍼の施術はできません。

美容鍼の即効性を実感できても、お仕事が忙しかったりすると、通うことも難しくなりますし、できるだけ一回の施術で効果を持続させたいと思われるお客様も多いです。

そこでお家でできるセルフケアをご紹介します。

お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

足裏や身体のツボはよく知られていますが、お顔にも多くのツボがあります。お顔のツボは美容に効果があるとされ、約50カ所もツボがあります。

その中でも特にお顔の筋肉との関係性が強い3つのツボがあり、これらのツボを押すことで筋肉が敏感に反応して効果が表れやすくなります。

頬のシワ、たるみ、くすみの解消は「巨髎 (こりょう)」

小鼻の両脇、頬骨の最も高い場所のすぐ下にあるツボ

巨髎 (こりょう)

お顔全体のリフトアップは「率谷(そっこく)」

耳全体を前に折り曲げて耳の穴をふさいだとき、折った耳の上端が当たるところから、指の幅2本分上の所

率谷(そっこく)天容(てんよう)

フェイスラインがすっきりする「天容(てんよう)」

耳たぶからフェイスラインを指でなぞっていくと下あごの骨の角があり、その首側の場所

ツボ押しのコツ

①力を入れすぎないように

ツボを押すひとつの目的は、筋肉をほぐすことです。そのため「痛い」と思うほど筋肉を強く押してはいけません。筋肉を痛めると逆効果になってしまうので、「イタ気持ちいい」程度にしましょう。

②時間をかけない

念入りに時間をかけて押すのではなく、短時間で毎日続ける方が効果的です。

③不調のときにはしない

体調がよくないときは控えましょう。

美肌には血行をよくすることが大切です。
血行が悪くなると老廃物の排出が滞り、肌にも栄養も届かなくなります。ツボ押しで血行を促進して美肌を目指しましょう!

関連記事

  1. フェイスラインのたるみ撃退法

  2. 「冷え性」などの冷え体質を改善するツボ

  3. 自律神経のバランスを取り戻すツボ

  4. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  5. お顔のセルフケア(ほうれい線、フェイスラインの崩れ)

  6. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  7. お家でセルフケア、代謝をあげる

  8. お家でセルフケア、疲れやすい

  9. お家でセルフケア、眠れない