東洋医学の五臓とは

東洋医学の五臓とは

東洋医学では内臓を五臓に分けていますが、現代医学で使われる内臓とは考え方が異なります。

○五臓  肝・心・脾・肺・腎

例えば「肝」、西洋医学では肝臓というと内臓を意味します。
東洋医学では、肝は気(身体や精神エネルギー)を隅々までまで行き渡らせて生理機能が滞りなく働くようにします。

その為、肝の働きが弱くなると・・・

精神活動のコントロールをしているため過剰なストレスを受けると働きが乱れ、イライラ、落ち込み・情緒不安など精神面に影響が出たり、自律神経が乱れて胃腸症状や血行不良、手足の冷えにもつながります。

五臓とは健全に生きるための要なのです。

関連記事

  1. 辛い花粉症でお悩みの方へ

  2. 東洋医学で診る、敏感肌

  3. 40代のたるみに!ほぐして鍛える!

  4. 慢性炎症が老化に直結する

  5. 美しさを引き出すツボ『コレだけ覚えておきたい』

  6. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)

  7. 美肌・便秘・疲労回復には”酵素ドリンク̶…

  8. 〝鍼は痛いですか?〟

  9. 東洋医学で診る、眉間のシワ