東洋医学の五臓とは

東洋医学の五臓とは

東洋医学では内臓を五臓に分けていますが、現代医学で使われる内臓とは考え方が異なります。

○五臓  肝・心・脾・肺・腎

例えば「肝」、西洋医学では肝臓というと内臓を意味します。
東洋医学では、肝は気(身体や精神エネルギー)を隅々までまで行き渡らせて生理機能が滞りなく働くようにします。

その為、肝の働きが弱くなると・・・

精神活動のコントロールをしているため過剰なストレスを受けると働きが乱れ、イライラ、落ち込み・情緒不安など精神面に影響が出たり、自律神経が乱れて胃腸症状や血行不良、手足の冷えにもつながります。

五臓とは健全に生きるための要なのです。

関連記事

  1. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  2. 体質チェック、「気滞」→気の巡りが悪い

  3. 東洋医学で診る、便秘

  4. 東洋医学の瞑眩(好転反応)について

  5. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  6. 東洋医学的に診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  7. 東洋医学で診る、シミがでやすい人

  8. 体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

  9. 体質チェック、「気虚」→気が不足している

error: Content is protected !!