東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

美しくツヤのある髪は次の2つの要素が揃うことで得られます。

1つ目の要素は、〝血液〟が十分に供給されていることです。髪は東洋医学で血余といい、血液の一部であると考えます。貧血などで血液が不足すれば、からだの末端にある髪の毛まで血液を回す余裕がなくなり、髪は貧弱になります。

2つ目の要素は、〝女性ホルモン〟です。女性ホルモンや男性ホルモンは、東洋医学では腎が司っています。
腎が衰えると、ホルモン分泌も低下し、白髪や薄毛、脱毛といった症状が出てきます。

美しいツヤ髪のツボ

血液と性ホルモンを整えるツボをご紹介します。

血海(けっかい):ひざのお皿の内側から、指3本分上

血海(けっかい)

三陰交(さんいんこう):足の内くるぶしの骨から指4本分上で、すねの骨のきわ

三陰交(さんいんこう)

お風呂上がりや腎機能が働く夕方にツボ押しをするとさらに有効です。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 東洋医学「水滞」→水の巡りが悪い

  2. 肌荒れ原因は内臓

  3. 東洋医学の瞑眩(めんげん)好転反応について

  4. 東洋医学で診る「シミ」「シワ」「たるみ」がでやすい人

  5. 東洋医学で診る、ストレスと感情

  6. 東洋医学で診る、眉間のシワ

  7. 東洋医学「気虚」→気が不足している

  8. 東洋医学「気滞」→気の巡りが悪い

  9. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

  10. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  11. 東洋医学で診る、病は気から

  12. 美容と東洋医学の五臓の関係

  13. 女性ホルモンと美容鍼灸

  14. 東洋医学で診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  15. 天気痛と偏頭痛