東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

東洋医学で診る、美しいツヤ髪の要素

美しくツヤのある髪は次の2つの要素が揃うことで得られます。

1つ目の要素は、〝血液〟が十分に供給されていることです。

髪は東洋医学で血余といい、血液の一部であると考えます。
貧血などで血液が不足すれば、からだの末端にある髪の毛まで血液を回す余裕がなくなり、髪は貧弱になります。

2つ目の要素は、〝性ホルモン〟です。

女性ホルモンや男性ホルモンは、東洋医学では腎が司っています。
腎が衰えると、ホルモン分泌も低下し、白髪や薄毛、脱毛といった症状が出てきます。

では、血液と性ホルモンを整えるツボをご紹介します。

○血海
ひざのお皿の内側から、指3本分上

○三陰交
足の内くるぶしの骨から指4本分上で、すねの骨のきわ

お風呂上がりや腎機能が働く夕方にツボ押しをするとさらに有効です。

関連記事

  1. 炭酸水の効果とは?

  2. 腸内にいる〝汚デブ菌〟

  3. 美肌を作る摩擦のない洗顔方法

  4. 1日の美容リズムは朝食から作られる

  5. 高級美容液に勝る「腎」を補う食べ物

  6. 東洋医学でエイジングケアの時間帯

  7. ほうれい線は側頭筋のこりが原因!?

  8. 肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

  9. 落とすことで肌は若返る

error: Content is protected !!