鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

    鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

    東洋医学では、ニキビや吹き出物のことを「痤瘡(ざそう)」や「粉刺(ふんし)」と言います。ニキビや吹き出物は「身体の余分な熱」が発生しているとあらわれやすくなります。

    ここでいう「身体の余分な熱」とは、湿熱(しつねつ)のことです。そしてこの湿熱を生み出す原因のひとつが、甘い物、脂肪の多いもの、味の濃いものなどの過食です。

    「身体の余分な熱」は、上半身に集まります。例えば暖房をつけていると、足元は寒いのに天井に近づくほど暖かい空気が充満している状態と同じです。

    そのため、ニキビや吹き出物は主に顔にできますが、顔以外では頭皮、胸元、背中などで上半身に多く出てきます。そして、この熱に老廃物という要素が組み合わさるとニキビや吹き出物になります。

    また、ストレスや生活リズムの乱れによって、身体の中のバランスが崩れてしまい、皮膚への影響としてニキビや吹き出物という形で出てくることがあります。例えば夜更かしや睡眠不足だと肌が荒れる経験がある方は多いはずです。

    ニキビの種類

    ニキビは毛穴の詰まりから、皮膚の常在菌である「アクネ菌」が増殖することで皮膚に炎症が出来て進行していきます。専門的には、ニキビを尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)と言います。

    このニキビは、白→黒→赤→黄の順番で進行し、進行が進むにつれて治りにくく跡が残りやすくなります。

    白ニキビは、ニキビの最初の段階ですが、毛穴に皮脂などの分泌物が詰まった状態です。ニキビは、薄い皮膜で覆われて閉じていて発疹が白~乳白色に見えます。

    黒ニキビは、白ニキビが進行した状態です。皮脂が盛り上がって穴が開き、メラニン色素や酸化された皮脂などによって黒っぽく変色した状態です。

    赤ニキビは、黒ニキビがさらに進行した状態です。毛穴に詰まった皮脂に雑菌や細菌が繁殖し炎症を起こして膿がたまり、ニキビ患部の周りが赤く腫れ上がった状態です。ここまで来ると、ニキビ痕が残ってしまうこともあります。

    最後は、 赤ニキビがさらに悪化し、炎症が激しくなったのが黄ニキビです。てっぺんに黄色い膿(うみ)が見える状態です。

    ニキビ治療の第一歩は、まずはご自身がどの状態にあるかを知ることです。ニキビの状態により、美容鍼で治るスピードも変わってきます。

    美容鍼でニキビ、ニキビ跡ケア

    美容鍼がニキビに良いのは、創傷治癒(そうしょうちゆ)の力を活かすことができるからです。創傷治癒力は、人が本来持つ自然治癒力のことで、鍼による皮膚表面の目に見えない傷(マイクロトラウマ)を修復する過程で、肌の真皮層の線維芽細胞が活性化され、コラーゲンやエラスチンの生成が促進されます。

    ニキビができターンオーバーが乱れた肌は、コラーゲンやエラスチンのバランスが崩れた状態です。美容鍼で、肌のターンオーバーを促進することで、徐々にニキビが良くなってきます。

    また、大人ニキビは内臓の不調やストレスが顔に表れるケースが多く、お顔だけでなく体全体を治療することをおススメします。是非ニキビで悩んでいる方は担当の鍼灸師にご相談ください。

    美容鍼の好転反応

    美容鍼でニキビが増えた、美容鍼でニキビが悪化した、などのお話を聞くことがあります。しかし、それはニキビが悪化したのではなく、鍼特有の好転反応によるものです。

    多くの方が、美容鍼をした直後や1~2日後は施術前よりお肌が赤くなります。鍼によって、身体の代謝が活性化し、老廃物を身体の中から追い出す作用の過程で起こるのが好転反応です。その際に赤みがでたり、体を重く感じたりします。美容鍼でニキビが悪化したように感じるのはこの好転反応が原因になります。

    身体の養生方法

    身体に熱が溜まりやすい熱タイプの人は水をたくさん飲まなくてはなりません。
    良く水を飲むと肌が綺麗になると言われるのは熱タイプの人に当てはまります。

    ただし、寒タイプの人は身体が冷えやすいので水をたくさん飲むと身体を冷やして腎臓に負担をかけ、血液や胃液を薄め消化力を落とすことになりかねません。

    熱タイプか寒タイプかを見分ける方法は、

    ①汗っかきで顔が赤く、ほてりが強い人→熱タイプ(熱証)

    ②局所が冷えていて顔色が悪く、温かいものを飲みたがる→寒タイプ(寒証)

    ほてりや寒がりから病気へつながることがあるので、どちらでもない「正常」の状態を目指して、体質改善していきましょう。自分の体質を理解して、正しい美容法や健康法を取り入れてください。

    身体の余分な熱を取り除くツボ

    ニキビは、「身体の余分な熱」が原因です。その熱を取り、大人ニキビに効くツボは、肘を曲げて出来るシワの外側端の「曲池(きょくち)」です。

    曲池(きょくち)

    気持ちの良い強さで押して下さい。また、押しながら反時計回りに刺激を加えることで体内の熱を冷ます効果を更に上げる事が出来ます。

    ハリニーでは必ず鍼の前に東洋医学的診断を行い体質を診ます。体質に合わせた鍼をすることで悩みの改善だけでなく悩みが起こらない体質に変えていきます。

    東洋医学の強みを活かした痛くない鍼がハリニーの特徴です。ぜひ一度、体験してみてください。

    【本コラムの監修】

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. 酸性体質とアルカリ性体質

    2. お粥は胃に優しくない

    3. 新月と満月の東洋医学

    4. 痩せ願望は緩やかな体重制限で

    5. 3つをやめて体重コントロール

    6. 食べる薬「ごま」、飲む薬「コーヒー」

    7. ダイエットで老けないために

    8. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

    9. 目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツボ

    10. 美と若さの新常識、シナモンで若返り

    11. 赤ワインに含まれるレスベラトロールの効果

    12. アンチエイジングのALA

    13. アンチエイジングと細胞老化(セネッセンス)

    14. 若返りの秘訣オートファジー

    15. 感情と体の炎症の関係