美容鍼に通う最適な通院期間・ペースは?

美容鍼に通う最適な通院期間・ペースは?

美容鍼に通うにあたって、どのくらいの頻度で通院するのがよいか迷われている方。また美容鍼の効果をできるだけ持続させたいと考える方が多いと思います。今回は美容鍼に通う適切な頻度や、適切な回数で効率よく効果を持続させるポイントをご紹介します。

美容鍼に通う最適な通院期間・ペースは?

初めて美容鍼を受けられる方や、肌の状態が悪いという場合は、1週間に一度を継続して3〜5回行い、お肌のコンディションを一気に上げて、お肌の調子が整ってきたら、担当鍼灸師と相談して通う頻度を調整いくと良いでしょう。

基本は、2週間に1度くらいのペースで通い、メンテナンスとしてお越し頂くことをお薦めしております。施術を受けた直後は肌がキレイになったと実感しやすいですが、継続して通うことでさらにお肌の良好な状態が長持ちしやすくなります。

お客様が改善したいお悩みの内容、症状の程度、体質や体調によっても最適なペースには個人差がございますので、お悩みについてカウンセリングを行い、お客様のご事情に極力あわせて施術をさせて頂きますので、担当鍼灸師にお気兼ねなくご相談ください。

なぜ2週間に一度くらいのペース?

美容鍼でのケアとケアの間を1カ月以上開けてしまうと、お肌の良好な状態をキープするのが難しくなります。なぜなら、肌は一定の周期で新しく生まれ変わっていますが(この肌代謝の仕組みを「ターンオーバー」と言う)、この肌のサイクルを無視すると、美容鍼の持続性が下がってしまうからです。

そのため美容鍼に行く頻度は、「肌のターンオーバー」を基準に考えるのが基本になります。 一般的に、肌のターンオーバーは約28日のサイクルを繰り返すと言われています。肌の細胞が生まれてから、14日間かけて角質層へ押し上げられ、14日間かけて垢になって剥がれ落ちます。

年齢や肌の状態によって、周期が遅くなったり早くなったりし、この繰り返しのサイクルが乱れると、吹き出物や乾燥しやすくなるなど、肌トラブルを引き起こす原因になります。

一般的には加齢に伴って、肌のターンオーバー周期はだんだん遅くなり、40代以降でかなり顕著に現れます。

お肌の細胞の一番奥にある真皮層を美容鍼によって刺激するとそれを修復するためにコラーゲンなどが肌に必要な成分を生成し、ターンオーバーのサイクルが整い、シワ、たるみ、くすみが改善されます。

この真皮層への美容鍼の刺激持続期間は2週間ほどなので、2週間に一度の美容鍼をオススメしています。

美容鍼に通う期間はどれくらい?

美容鍼に通う期間は、お客様が改善したいお悩みの内容、症状の程度、体質や体調にもよりますが、特にキレイな肌を維持するためには地道に通い続けることが大切です。

特に年齢を重ねると、肌の老化はどうしても避けられません。美容鍼に通い続ける中で、お肌やお身体の悩みやケアの仕方も変わっていくため、キレイな肌の状態をキープするためには、やはり持続してケアしていくことが重要です。

例えば、お肌やお身体の状態が安定してきたら、少し頻度を少なくしていくといった通い方もありますし、自宅での美肌ケアも必要となります。また保湿や紫外線対策をしっかりと行い、食事にも気を付けましょう。

ハリニーでは、美肌を継続させるための「お家でセルフケア」のアドバイスも行っていますので、担当鍼灸師にお気兼ねなくご相談ください。

関連記事

  1. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

  2. 美容鍼とは?

  3. ホリスティック美容鍼灸とは?

  4. 美しさと幸せの関係

  5. 美容鍼による内出血

  6. 美容鍼でシワ・たるみ・くすみ(STK)のお肌の衰え防ぐ