美容鍼で乾燥を防ぐ

    美容鍼で乾燥を防ぐ

    これからの季節の『乾燥』。肌のカサカサ、白い粉、肌が赤くなってヒリヒリするなど、こんな乾燥にお悩みの方は少なくはないと思います。さらに乾燥はシワ・たるみ・くすみ(STK)、シミなど、様々なトラブルの原因となる為、乾燥しないお肌をキープすることがとても大切になってきます。

    乾燥肌の原因は、肌に元々備わっているバリア機能の低下です。バリア機能は皮脂膜・天然保湿因子・細胞間脂質の3つの因子が、役割を担っています。中でもバリア機能の8割を担う〝細胞間脂質〟は水分保持機能も果たしており、肌のうるおいを保つ上で欠かすことのできない保湿因子です。

    この〝細胞間脂質〟の主成分が『セラミド』で、加齢とともに作られる量が減るため、乾燥肌になる要因となります。それに加えて、ストレスや、洗顔時に肌を擦りすぎる、睡眠不足や食生活の乱れ、ホルモンバランスの乱れなども乾燥の原因です。

    スキンケアの基本は保湿

    アメリカ皮膚科学会の発表では、スキンケアはワセリンのみで良いというものがあります。なぜなら皮膚は強力なバリア機能を持ち、肌から浸透するものはほとんどないと言われているからです。高級な化粧品でツヤが出たとうのはプラシーボ効果によるものである可能性が高いです。スキンケアの基本は量を気にせず使えることが大切で、高級化粧品で少量を大切に使うのはNGです。

    スキンケアで保湿が大切なのは、お風呂などで肌の表面の油が落ちてしまうため、それを補ってあげる必要があるからです。肌荒れに悩まれる方の多くは、保湿量が少な過ぎるために起こっていることが多くあります。基本はガンガン大量に使うことが大切です。

    他にも、化粧水は必要なのかという質問がありますが、あるスキンケア研究では、化粧水だけの人、保湿クリームだけの人、化粧水の後にクリームを塗る人、クリームの後に化粧水を塗る人の肌の潤いがどう変わるのかを調べた結果、化粧水を塗るか塗らないかではなく、保湿クリームだけを塗った場合の保湿効果が一番高かったという研究結果があります。

    4つのセラミドとスキンケア

    乾燥は美肌の大敵。肌を美しく健やかに保つためには正しい知識を身につけましょう。保湿剤を円を描くように塗っていらっしゃる方がいますが、実は皮膚科学的には、効果をより期待するためには、横方向に塗る必要があります。

    なぜなら、保湿剤が皮膚から吸収される経路は、①表皮細胞そのものを通る、②表皮細胞の隙間、③毛穴や汗の管の3つがあり、①②は表皮が最も薄くなっている皮膚のため、最も吸収されやすい部分です。つまり皮膚の肌理やシワに沿って塗ることで有効成分が吸収されやすくなります。ただし、POLAのリンクルショットなどの一部の美容液は、シワに垂直に塗る方が効果が高いものもありますので注意してください。

    保湿剤の選び方

    保湿剤は皮膜をつくり、皮膚から水分が蒸散するのを防ぐ目的で、皮膚を柔軟にする「エモリエント効果」があるものと、皮膚に水分を与えて保持し、皮膚のバリア機能を保つ「モイスチャライザー効果」のあるもの、そしていずれの効果もある保湿剤の3つがあります。

    その「モイスチャライザー効果」のあるもので有名なのが「セラミド」になります。しかし美肌を保つためには、セラミド入りの化粧品であればなんでも良いということではありません。セラミドという表記があっても、安い化粧品はそれなりの理由があります。セラミドには大きく分けて4種類あります。

    ヒト型セラミド人のセラミドに準ずる化学構造をもとに合成された人口のセラミドで、保湿力・浸透力が高いのが特徴です。別名バイオセラミドとも呼ばれ、セラミド1から3タイプまであります。値段が高いが、保湿力や浸透力などが最も優れています。
    天然セラミド動物の脳や脊髄から抽出されたもので、ヒトの細胞間脂質との類似性が高く、保湿効果が高いのが特徴です。化粧品には、ビオセラミド、セレプロシド、ウマスフィンゴ脂質などと表記されています。
    植物性セラミド  米ぬかや小麦胚芽油などから抽出した植物由来のセラミドです。ヒトの体内のセラミドとは一部構造が異なります。  化粧品には、米ヌカスフィンゴ糖脂質、ユズ果実エキスなどと表記されています。  
    合成セラミド石油より化学合成され算出されるもので、セラミドと似た働きをします。安価ですが、他のセラミドより効果が低いです。

    どのセラミドが使われているかによって効果に違いがあります。おすすめはヒト型セラミドです。またセラミド配合入浴剤が販売されており、特徴として全身の保湿が簡単にでき、家族全員で使えるのでオススメです。

    スキンケアの使用順序

    当たり前ですが、スキンケアの順序は水分の多いものから油分の多いものの順が基本です。まずはブースター、化粧水、美容液、乳液orクリームの順です。ブースターは肌を柔軟にして、次に使う化粧品の浸透を高める導入美容液です。次が角質へ水分を供給する化粧水、そして角質へ保湿成分を補う美容液、ポイントは化粧水より量を少し多めにして顔全体に行き届かせ、乾燥しやすい部分には重ね塗りします。最後に乳液は、角質への水分と、保湿成分の維持が目的で、クリームは表面に油による膜をつくります。顔全体になじませるように、重ね塗りは必要ありません。

    そして保湿剤は体に塗る場合、一般的には入浴後が最も効果的と言われており、入浴後は角質が除去された状態のため成分の吸収率が高いからです。しかし近年の研究では、保湿剤は入浴後に限らず、いつ塗っても効果は同じであるという結果があります。そのため、気付いた時にこまめに保湿剤を塗るという習慣づけをしましょう。

    また、最近はナノ化された美容成分を配合した化粧品が販売されていますが、英国バース大学薬学薬理学科のリチャード教授らの研究では、肌の一番外側の角質にも通過しなかったとされており、あまり効果を期待し過ぎ無いほうが良いかもしれません。

    美容鍼でターンオーバーを整える

    肌のセラミドが減少すると、しっかり保湿をしても肌がつっぱったり痒くなったりしやすくなります。肌の保湿成分であるセラミドはターンオーバーとともに作られ、ターンオーバーが低下するとセラミドも減ります。その為にターンオーバーを整えることは、セラミドを増やすことに繋がり、1番の乾燥対策になります。

    つまり、ターンオーバーの低下=セラミド減少⇒乾燥なので、ターンオーバーを整えることがセラミドを増やし乾燥対策になるということです。

    美容鍼は、お顔の筋肉に刺激を与えることで血流やリンパの流れが良くなり、老廃物が流れて、肌の血行促進や新陳代謝を促し、ターンオーバーを促進する働きがあります。また、美容鍼は真皮層まで働きかけるため、肌の水分保持にも重要な役割を果たすコラーゲンやヒアルロン酸を産出し、内側から潤いある肌を作り出し、乾燥対策になります。

    このように美容鍼は、人が本来持っている『自己治癒力』を活かす治療方法です。その原理は、美容鍼によって受けた微細な傷(マイクロトラウマ)を修復するためにお肌の自己治癒力が促進され、お肌に受けた微細な傷を修復する細胞が活性化し、その修復する段階で、ヒアルロン酸やコラーゲンが豊富に作り出されます。その結果、お肌の乾燥を予防・改善することができます。

    ハリニーでは、施術直後にお肌にセラミドを直接塗布し、効果的に浸透させることで、肌にハリとツヤとうるおいを与えキメを整えます。セラミドの不足によってもたらされる乾燥からくるシワやたるみといった肌トラブルも改善されていきます。

    保湿対策などでお肌に潤いを与えることももちろん必要ですが、それは一時的なことが多いのも事実です。いろいろな化粧品を試し、辿り着いたのが高額な化粧品だったり、良くならないなど、こんな思いを持たれている方がいらっしゃいましたら、自分自身の自己治癒力によって、乾燥だけではなく様々なお肌トラブルに対応できる美容鍼を一度経験してみてはいかがでしょうか?

    何をしても乾燥が改善しない方はぜひ当院の美容鍼コースを試してみてください。

    東洋医学で診る、敏感肌

    実は、医学的に「敏感肌」という定義はありませんが、ちょっとした刺激で肌が赤くなったり、かゆみを感じる方がたくさんいます。この敏感肌の原因のひとつが、お肌の「乾燥」です。敏感肌は外からの刺激(紫外線、埃、排気ガス、花粉など)から守る力が弱まり、肌の中にある潤いも保てない状態が起こっています。

    また、敏感肌は間違ったスキンケアや生活習慣による場合もあります。安全性が高く刺激のないスキンケア商品を選び、オーガニックや無添加コスメなどといった呼び方ではなく、配合成分をチェックして選びましょう。またクレンジングの仕方や、紫外線対策も敏感肌の改善には大切です。

    そして、敏感肌を改善するための基本となるのは「保湿」です。保湿でバリア機能を正常化させること、そして食生活を中心とした内側からのケア、ストレスをためない生活も改善には大切です。

    東洋医学ではバリア機能は〝肺〟

    肌の「乾燥」は角層のバリア機能の低下になります。この状態が続くと肌は乾燥し、赤みや吹き出物、さらにはシミ、シワ、たるみまでの肌トラブルに繋がります。

    東洋医学ではバリア機能は〝肺〟にあります。〝肺〟は肌のうるおいをコントロールしたり、毛穴や汗腺の開け閉めを司ると考えられています。また肺は西洋医学にも似た働きの呼吸のほかに、免疫力、水分代謝、アレルギーに関わります。

    東洋医学的に肺が弱い方は

    • 花粉症などのアレルギー体質
    • 風邪をひきやすい
    • ウイルスにかかりやすい
    • 肌が弱い
    • 乾燥している
    • 敏感肌

    という症状がでてきます。

    このように〝肺〟は身体の中に入るとよくないもの(邪)を入れないように関門の役割をしてくれています。中医学では肌も〝肺〟の一部とみなしており、〝肺〟が潤うことで、お肌も綺麗になります。そのため、〝肺〟が潤す食べ物である、キムチ、大根、かぶ、キャベツ、玉ねぎ、白ネギ、梨などを食べることも大切です。

    東洋医学で診る、美容のお悩み

    ハリニーでは、診察やカウンセリングでは四診を用いて今のお悩みの原因を詳しく探り、弁証結果に基づき方針を打ち立てます。東洋医学で診る美容のお悩みには、以下の様なものがあります。

    老けて見える最大の原因「たるみ」

    老けて見える最大の原因は「たるみ」です。たるみの原因は(1)肌弾力の低下、(2)代謝機能の低下、(3)筋力の低下に大きく分けられ、特に筋力の衰えによって、皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなりたるんでしまいます。

    東洋医学では、生命活動を維持するために必要な身体の全ての働きを、肝・腎・脾・肺・心の5つのグループ(五臓)に分けて考えます。これらがお互いの機能のバランスをとりながら、健康が保たれていると考えます。

    その五臓のなかで、たるみと関わりが深いと言われているのが「脾(ひ)」で、消化器全般、胃腸の働きのことを指すとされています。またその特徴的な働きのひとつとして、筋肉(肌肉)を統括するのが脾胃であり、内臓や組織をある一定の位置に留めておくという働きがあります。

    そのため、胃腸が弱いと全身の筋肉が弱くなり、顔にもたるみが現れやすくなると言われています。さらには、胃腸が弱いと栄養の吸収が悪くなり、筋肉がつきにくくなるため内臓の筋肉も弱くなり、胃下垂など内臓下垂、もちろん皮膚や皮の下垂を起こす原因にもなります。

    さらに、水分代謝と関わる「腎(じん)」とも深く関わります。腎は水臓と言われ、体内の水分調整の役割を持つため、腎が弱いと体の水分保持ができず、肌は潤いやハリを失ってたるみとなります。このように、たるみを改善するためには、胃腸の強化が不可欠です。

    シミの原因(血行障害)

    30〜40歳代に発症することが多いシミの1つが「肝斑(かんぱん)」です。主に、ほほ骨に沿って左右対称性に、または目尻の下あたりに左右対称に表れます。肝斑は、女性ホルモンのバランスの乱れが原因といわれています。このシミは「肝斑」と書くように「肝」との関係が深い肌トラブルです。

    また、代謝が悪くなり、老廃物で血液が淀み、血行が悪くなるとシミやくすみの大きな原因になります。さらに加齢により皮膚の代謝が衰えるため色素が沈着しやすくなります。

    血液をキレイにするのは肝臓で、主に心身の休息時、つまり寝ている間です。全身を巡り老廃物を集めてきてくれた血液は、肝臓できれいになり栄養を補給して明日に備えます。ところが、強いストレス、睡眠不足によって、肝臓の緊張状態が続くと、血液の浄化と再生作業が停滞し、血液をきれいすることができません。そのため汚れたままの血液が体中を巡ることになります。

    東洋医学的には、肝胆経の時間にあたる23時〜3時は美容のためにも質の良い睡眠を取るのが理想です。

    血行不良によるくすみ

    明るさやツヤが失われたくすんだ肌、特に血行不良に起因するくすみは、スキンケアだけでは解消されにくいものの1つです。

    くすみもシミと同様に肌の新陳代謝の低下や、肝臓をはじめとする内臓の疲労や老化、睡眠の質の悪さに関係しています。特に冷えによって血行が悪くなると、肌が青白かったり濁ったように暗く見えてしまったりします。まさにそれが「血行不良によるくすみ」です。

    改善ポイントはお顔の血流を促すこと、体から冷えを取り除くことです。全身の血行がアップすると、肌のすみずみまで新鮮な血液や栄養が届けることができ、老廃物が滞らずに排出されます。その結果、肌の働きが正常化されて、メラニンや古い角質など肌をくすませている他の原因も含めて改善が期待できます。

    乾燥は肌の栄養不足

    肌は「脾」との関わりの他に「肺」とも深く関わっています。東洋医学で言う「肺」は呼吸だけの働き以外にも全身の水分調整の役割も担っています。その他にも「肺は皮毛を主る(つかさどる)」とも言われていて、肌を潤いのあるきれいな状態にするのも「肺」の大切な働きです。

    また、脾と肺はお互いに助け合う相生の関係があり、脾が弱ると肺も弱ります。肌の栄養源をつくり出す「脾」と潤いあるきれいな肌を保つ「肺」、お肌の乾燥を防ぐためにも、この二つを同時に養生する必要があります。

    お肌は身体の不調を日々教えてくれています。いつもよりも肌が刺激に敏感になっていたり、乾燥しているならそれは生活スタイルを振り返ってみる良い機会です。「肌や心や身体に目を向けること」「丁寧に生きること」、日常生活の積み重ねが大切です。

    肺の機能を高めるツボ

    尺沢(しゃくたく):肘窩の中央で、肘を曲げると現れてくる太い腱(上腕二頭筋腱)の親指側の縁

    孔最(こうさい):尺沢と、掌の親指側の膨らみ(母指球)の下(手首)に向かって線を引き、そのライン上で尺沢から指4本分の所

    肺の機能を高めるツボ1

    魚際(ぎょさい):手の親指の付け根にある膨らみ。手の平側と甲側には赤白の境目を押しながらずらしていき、少し凹んだところ

    肺の機能を高めるツボ2

    痛気持ちいい程度に刺激をしてみてください。

    胃腸に効くツボ

    東洋医学では、特に胃腸と顔の関係が深く、肌は内臓の健康状態を表す「鏡」と言われています。そのため、肌が潤いやハリを失ってたるみとなるのを改善するためには、胃腸の強化が不可欠です。

    足三里(あしさんり):膝のお皿の下から指4本下のスネの外側

    まずは、胃の働きを亢進させるツボである足三里(あしさんり)です。万能ツボとも言われ、臓腑の気血を補い身体の抵抗力を高める働きがあります。反応がいい人はすぐに胃腸が動き出します。

    胃腸に効くツボ

    陰陵泉(いんりょうせん):ひざの内側で、ひざ下くぼみの位置から指4本さがったところ

    次に消化器系の働きを担っている「脾」の経絡にあり、体内の水分代謝を調節してくれる作用がある陰陵泉(いんりょうせん)は胃腸に関係するツボです。むくみだけでなく、胃腸が弱くお腹を壊しやすい方にも非常に有効なツボです。

    肌の保湿のツボ

    若返りのツボで乾燥肌、顔のむくみ、シワやニキビ、目の下のクマなどに効果があります。

    巨髎(こりょう):瞳孔から真下に下したラインと小鼻の下のラインの交点

    効果:リフトアップ(シワ・頬のたるみ)に効果

    巨髎(こりょう)

    乾燥肌に効果的なツボ

    身体の水の循環を良くする働きに効果的なツボです。

    曲池(きょくち):肘(ひじ)の関節部分の上側、ひじを曲げた時にできる横シワの先端

    効果:腸の働きを良くし、乾燥肌や肌荒れなどを改善

    乾燥肌に効果的なツボ

    胃腸機能やホルモンバランスを整える効果、血流を促す作用などにより、健康的な肌作りをサポートします。また美白に効くツボの一つで、シミやくすみの改善が期待できます。ニキビなどの肌トラブルにも有効です。

    親指で10回ほど押すのを2〜3セット繰り返します。親指でやや強めに押すのがポイントです。

    【本コラムの監修】

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. 顔の黄金比率、顔の長さ編

    2. マスク老けには美容鍼

    3. ダイエットにも効く、電気を流す美容鍼

    4. 当院の新型コロナウイルス感染予防対策について

    5. お顔のたるみにつながる日焼け

    6. 美容鍼でコラーゲン生成を促す

    7. 美容鍼灸とオキシトシン

    8. 美容鍼による内出血

    9. 美容鍼灸と活性酸素

    10. 美容鍼の即効性と最適な通院期間・ペース

    11. 食いしばり・歯ぎしり、お顔への影響

    12. インディバと美容鍼灸で腸内環境を整える

    13. 美肌と睡眠の関係

    14. 美容鍼でシワ・たるみ・くすみ(STK)のお肌の衰え防ぐ

    15. 紫外線で「毛穴が開く」とは