紫外線で「毛穴が開く」とは

毛穴が開く

肌の悩みで多いのが「毛穴の開き」です。

毛穴が開く原因は、肌の乾燥や過剰な皮脂分泌、紫外線、食生活、加齢、ストレスなどさまざまです。

この中でも紫外線はシミやソバカスだけでなく、毛穴のたるみや詰まり、黒ずみにも深く関係しています。

「毛穴の開き」を目立たなくするためには、毛穴が開く理由を知った上で、自分の肌に合った毛穴ケアを始めることが大切です。

「毛穴の開き」の原因

紫外線のなかでも波長の長いA波は、お肌の奥にある真皮層にまで達し、美しい肌の鍵となる “コラーゲンやエラスチン”を破壊します。またコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を生み出す肌の繊維芽細胞を劣化させて、コラーゲンの合成を低下させます。

コラーゲンは、肌にハリと弾力をもたらす大事な役割があり、コラーゲンが少なくなると、肌内部の水分や弾力、ハリ、ツヤがなくなり、膨らんだ風船がしぼむようにお肌もしぼんでしまいます。

毛穴まわりの皮膚がしぼむと、毛穴を支える皮膚の弾力が失われてしまうため、毛穴が涙型状(たるみ毛穴)に広がります。

また紫外線でターンオーバーが乱れると、古い角質がなかなか剥がれ落ちずに毛穴を塞ぐ原因となります。その毛穴に詰まった皮脂が酸化し、毛穴のなかの角栓が変色します。これが毛穴の黒ずみです。

同じくターンオーバーが滞ると、紫外線で過剰に生成されたメラニンがスムーズに分解・排出できなくなって色素が沈着します。これも毛穴の黒ずみとして肌に残ります。

いずれにせよ、紫外線でコラーゲンやエラスチン、セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分の生成が滞り、肌の水分量自体が低下すると、肌は乾燥を防ぐために皮脂を過剰に分泌します。

その結果、皮脂腺の出口が大きくなってしまい毛穴が目立ってしまいます。逆に、乾燥状態が続けば、肌のキメが乱れ、毛穴が目立ってきます。

若い頃の毛穴の目立ちは、皮脂の過剰分泌が原因ですが、エイジング世代の毛穴の目立ちは真皮層のコラーゲンやエラスチンの生成低下が原因となります。

毛穴の改善

過剰な皮脂が原因の毛穴であれば、皮脂はお湯に溶ける性質を持つので、洗顔をするときはぬるま湯を使いましょう。

洗顔料をたっぷりと泡立て、肌をこすらないように、汚れやすい鼻とあご、皮脂のたまりやすいTゾーンは特に丁寧に洗いましょう。

また頰は乾燥しやすいため、最後に優しく包み込むようにして洗いましょう。洗顔後にしっかり保湿ケアをすることで、乾燥が原因の毛穴を改善することができます。

一方、「たるみ毛穴」は、肌の内側に直接アプローチできる美容鍼が効果的です。

美容鍼は、真皮層をダイレクトに刺激することができるため、毛穴が開く原因となっているコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などの減少を解消し、これらの生成を促進する効果があるため、肌のツヤ、ハリを取り戻すことができます。

ただし、紫外線でできてしまったシミは、レーザーで取り除くことが効率的です。

美容鍼は、お顔の血行を促進し、肌のターンオーバーを促すことできるため、自然とシミ対策に繋がりますが、できてしまったシミを薄くしていくことはかなり時間がかかります。

ハリニーでは、新陳代謝が低下して、シミや毛穴が開きやすい状態に陥っている身体の状態を改善し、肌とこころと身体のつながりを整え、ターンオーバーを促すことで、美しく健康的なお身体づくりをサポートいたします。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 40代の顔のたるみに!ほぐして鍛える!

  2. 不眠症と美容鍼の関係

  3. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

  4. 美肌と睡眠の関係

  5. 「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線

  6. ダーマペンと美容鍼

  7. 美容鍼の効果

  8. 美容鍼で乾燥を防ぐ

  9. 若い!と思わせる5大要素

  10. 目の下のたるみに効果的

  11. 「腸活」美容鍼で美肌へ

  12. 老化と睡眠の関係

  13. 美容鍼、ハイフ(シャワー)、エレクトロポレーションのリフト…

  14. お顔のたるみは『糖化』

  15. 首のシワには美容鍼

error: