美肌と睡眠の関係

美肌と睡眠の関係

寝不足や不眠による肌荒れや疲労感で悩まれていませんか?

美しさと健康のベースは睡眠の質です。質の良い睡眠とするための鍵となるのが、睡眠と深い関係にある「メラトニン」と「成長ホルモン」の2つです。

美肌とメラトニン

寝不足が続くと、肌にハリがなく、疲れているなと感じる経験は誰もがあると思います。これはメラトニンの減少によって、体の抗酸化力が弱まるからです。

抗酸化力が弱まれば、体内の細胞組織が活性酸素からのダメージを受けやすくなってしまいます。そのダメージが肌荒れや、強いては老化につながると考えられています。

またメラトニンの働きによって、心身をリラックスモードにすることができ、自然な眠りにつくことができます。しかし寝る前にyoutubeなどの動画を見ると、画面から発せられるブルーライトの光によってメラトニンが減少し、入眠の妨げになります。

メラトニンは、加齢とともに分泌量が減ることが明らかになっています。年をとると朝早く目覚めたり、夜中に何度も目が覚めたり、若い頃より睡眠時間が減ってくるのは、メラトニンが減少し、体内時計の調節機能が弱まっているためと考えられています。

美肌と成長ホルモン

睡眠中に分泌されているもう1つの大事なホルモンが「成長ホルモン」です。成長ホルモンは、疲労回復には欠かせません。また肌の美しさにも成長ホルモンが関係しています。

ダメージを受けた細胞の修復・再生・肌のターンオーバーの正常化を促し、美しい肌づくりを担ってくれます。

この成長ホルモンにまつわる話として、「お肌のために22時には寝ないとダメ」ということを聞いたことありませんか?

しかし近年では、様々な研究によって22時〜深夜2時に多く分泌されるという意味の、ゴールデンタイムという考え方は科学的には否定されています。

成長ホルモンは「最初に訪れた深い眠りの時」に多く分泌されます。また成長ホルモンはメラトニンによっても分泌が促されるので、メラトニンの分泌量が多くなる深夜1〜3時には、深い眠りに入っている状態になっておきましょう。

体は熟睡するまでに2時間かかると言われているので、11時〜12時には寝ましょう。

美容鍼で睡眠の質をアップ

美しい肌には、睡眠は欠かせないものです。美容鍼によって脳内の血流量を改善することで、メラトニンの算出を促したり、自律神経を整えることで、リラックス状態になり質の高い睡眠が得られるようになります。

このような鍼灸治療の不眠症(睡眠障害)に対する効果はWHO(世界保健機構)でも認定されていて、当院の治療経験からも大変有効であると実感しています。

お身体の不調、美容のお悩みをお客様と一緒に解決してまいります。どうぞご相談くださいませ。

関連記事

  1. 【質問】美容鍼って何ですか?

  2. 40代の顔のたるみに!ほぐして鍛える!

  3. 美容鍼はなぜ効くの?

  4. 美容鍼の効果

  5. 美容鍼とは?

  6. 〝鍼は痛いですか?〟

  7. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

  8. 「しわ」は種類によって対策が違う!?

  9. ダイエットにも効く、電気を流す美容鍼

error: Content is protected !!