首のシワには美容鍼

首のシワには美容鍼

首にできる「たてジワ」は、乾燥や紫外線が原因です。

首にできる「よこジワ」は、生活習慣が関係しています。

首は、顔よりも皮膚が薄く、加齢の影響が現れやすくなります。実際、『首は見た目年齢を決める』といわれるほど、目立つ部分です。

姿勢の悪さが「よこジワ」の原因

首は皮膚が薄く、たるみやすいため、姿勢を意識していないとすぐにしわが寄ってしまいます。

スマホやパソコンなど、下を向いた姿勢で長時間過ごしたり、姿勢の悪さから首や肩がこっていたら、首がむくんで「よこジワ」ができやすくなります。

また「よこジワ」ができる原因のひとつが枕の高さです。枕が高いと頭の位置が高くなるため、眠る時に顎がひいて、首にシワができやすくなります。

一方で、首の皮膚の下には頚椎という骨や軟骨、甲状腺がありそのでこぼこにそって皮膚にシワができるために、骨格的にシワが出来やすい方もいます。

美容鍼で首のシワ対策

美容鍼が首のシワ対策になるのは、首の筋肉の緊張をほぐし、シワ周辺の血流をよくすることができるからです。その結果、ターンオーバーが正常化して首のシワが薄くなるという効果が得られます。

首の筋肉の緊張は、首のシワだけに関係するわけではありません。首の前面の筋肉が緊張すると、頬の皮膚が引っ張られるため、頬のたるみ、ほうれい線が目立つことになります。

また、首には「胸鎖乳突筋」という首の筋肉があります。女優の石原さとみさんが「私、胸鎖乳突筋を鍛えてるんです」と発言するほど、美容には大切な筋肉です。

この筋肉に美容鍼でアプローチすることで「首のよこジワ」の改善だけでなく、お顔のリフトアップ、むくみの撃退、肩こり解消につながります。

首のシワを予防するツボ

首元の血行を促して、首のシワを予防してくれるツボを紹介します。

天窓(てんそう):耳の後ろの骨から真下におろした線と、のどぼとけの線が交差するところにあるツボ

天窓(てんそう)

親指の腹をツボにあて、軽めの強さで3〜5分程度押してください。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください❣️

関連記事

  1. 「しわ」は種類によって対策が違う!?

  2. 保湿をしても良くならない乾燥肌の方へ

  3. 美肌と睡眠の関係

  4. 40代の顔のたるみに!ほぐして鍛える!

  5. 美容鍼に通う最適な通院期間・ペースは?

  6. 【質問】美容鍼って何ですか?

  7. お肌の3大敵(シワ・たるみ・くすみ)

  8. 美容鍼、HIFU、エレクトロポレーションのリフトアップ効果…

  9. 美容鍼はなぜ効くの?

error: Content is protected !!