お顔の『酸化』と『光老化』

お顔の『酸化』と『光老化』

老化の三大要因は糖化、酸化、光老化です。

金属にサビが出たり、りんごが黄色く変色したりするように、お肌も『酸化』してしまいます。

お肌の『酸化』の原因は、エネルギーを作る際に廃棄物として生成された活性酸素によって引き起こされます。

『酸化』を放置してしまうと、お肌に大切なコラーゲン繊維が破壊され、ハリ・ツヤが失われ、たるみに繋がります。またお肌のターンオーバーの周期が遅くなるため、メラニン色素が溜まり、シミやソバカス、肌荒れの原因にもなります。

もちろん、細胞内にあるSOD(抗酸化酵素)が活性酸素による酸化ストレスから身体を守る働きをしますが、加齢とともに抗酸化作用の力は徐々に低下します。さらに活性酸素が増えてしまう要因としては、紫外線、喫煙、飲酒、ストレスなどが原因と言われています。

一方で、紫外線による肌老化が、老化の3大要素の1つの『光老化』です。

加齢による肌老化は全体の2割程度で、残りの8割が「光老化」で起きるとも言われています。

太陽光線は適度に浴びることで、ビタミンDを生成し、骨を丈夫にするなど健康維持に役立ちますが、長時間、直接的に浴びすぎた場合はお肌にダメージを与え、シワ・たるみ・シミなどの原因になってしまいます。

この光老化の原因となる紫外線(特にUVA)は、お肌の真皮層という部分まで達して、ハリや潤いなどの元となる、コラーゲンやエラスチンにダメージを与えてしまいます。よって光老化が進行すると、白く透きとおった肌・うるおい肌・ハリ肌を維持することが難しくなります。

また最新の研究で、パソコンやスマホから発せられる「ブルーライト」が光老化を引き起こしていると指摘されています。

例えば、「ブルーライトと肌細胞に関する研究結果(日本ロレアル株式会社)」によれば、ブルーライトによって肌の色が変化したり色素沈着を起こしたりといった事例が報告されており、ブルーライトがシミやくすみの原因となることが判明しています。

美容鍼で『酸化』と『光老化』対策

美容鍼は紫外線によってダメージを受けた真皮層にダイレクトにアプローチすることができます。

そのアプローチによって、本来の自己治癒力が働き、傷を修復していく過程でコラーゲンやエラスチンが豊富に産生されて、お肌にハリや潤いを取り戻して光老化を防ぎます。

また、血流やリンパの流れも改善し、お肌のターンオーバーを正常化することで、酸化によって破壊されたコラーゲンなどの美肌成分を増やし、お肌にハリ・ツヤを取り戻すことができます。

ただし日常の中、日焼け止めクリームをこまめに使用することや、食生活において抗酸化作用があると言われているビタミンCやビタミンE、ポリフェノールやミネラル成分を含む食べ物を食べることも大切です。

この小さい積み重ねが、将来的に大きな差となって現れてきます。これらは明日からでも出来ることですので、是非実践して頂けたらと思います。

関連記事

  1. 不眠症と美容鍼の関係

  2. 美容鍼はどの位のペースで通えばいいの?

  3. 毛穴のポツポツ対策

  4. 美容鍼の効果

  5. 40代の顔のたるみに!ほぐして鍛える!

  6. 美容鍼による内出血

  7. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

  8. ゴルゴラインの3つの原因

  9. お顔のゆるみは『糖化』

error: Content is protected !!