東洋医学で診る「冷えは万病の元」

    東洋医学で診る「冷えは万病の元」

    西洋医学で冷えは、ただの冷えやすい性質で病気と言えるものではないと考えられていなす。しかし東洋医学では、冷えは万病の元となる未病、つまり病気の一歩手前の段階と重要視されます。実際、冷えが免疫の低下につがることが立証されており、免疫細胞が正常に働くには平熱と言われる36.5°の体温が必要です。体温が下がれば下がるほど免疫細胞の働きは低下し、免疫力が低下することが確認されています。

    体温が1度下がると免疫力は通常の30%に低下し、さらに体温が35度台に入るとがん細胞が活発に動くことが確認されています。細胞を攻撃するナチュラルキラー細胞は免疫を司るリンパ球に含まれているため、体温が低いとがん細胞は元気になるし、がん細胞を攻撃する免疫の働きは鈍ります。

    冷えは、現代人がかかる病気はほとんどが冷えから来ると主張する医師もいるほどで、冷えると血行が悪くなり、血液はドロドロ、頭痛やお通じの不調内臓の疲れも目立つようになります。つまり冷えは、血液が届かず栄養が不足し、細胞が機能できないほど弱っているサインであると言えます。

    冷え症の原因

    栄養不足

    ご飯を食べたら消化・吸収され、その吸収された栄養素の一部が熱になって消費されることを食事誘発性熱産生と言います。食事量が減ると体が作り出す熱エネルギーも減ってしまい、熱エネルギーが減れば体も冷えてしまいます。

    血行不良

    血液は酸素や栄養を全身に運んでいますが、それと一緒に体内で作った熱も運んでいます。つまり血流が悪いと特に手足が冷えやすくなります。

    筋肉量の減少

    寒いと体がぶるっと震えるのは、シバリングと言われる生理現象です。シバリングは筋肉を収縮させて熱を生み出そうとする体温調節行動です。つまり筋肉はエネルギーを使って熱を生み出しており、筋肉が減れば、その分熱を作り出す量も減るってことになります。

    自律神経の乱れ

    自律神経は交感神経と副交感神経の2つから成り立っており、心拍、呼吸、消化、代謝、体温調節など生命維持に必要な多くの基本的な機能をコントロールしています。他にも血管の収縮や拡張もコントロールしており、自律神経の乱れは血行不良を招くことになります。

    自律神経の乱れで影響するのが、ストレスとホルモンバランスの乱れです。ホルモンバランスの乱れは、特に更年期を迎える男女に現れやすく、更年期になると性ホルモンが減少し、自立神経も乱れやすくなるため、40代後半は冷え症になりやすく、体の不調を抱えやすくなります。

    現代人は冷えに悩む人が増加しており、特に女性は約8割の人が冷え症だと言われています。体が冷える要因は気温の低さだけではなく、現代人を悩ます冷えの背景にはストレスフルな生活や不規則な生活習慣、食生活が関係しています。さらに近年では痩せていることが美徳とされ、ダイエットをする人も多くなり、無理な食事制限も冷えを加速させます。

    特に40代になるとより一層冷え やすくなります。40代は、肉体的にも精神的にも負荷が多く、ストレスを感じながら忙しく過ごす世代です。そして自立神経が乱れやすくなり、冷えに関係する血行は、自律神経によって調整されています。つまり自律神経が乱れると血行が乱れて冷えの症状が出やすくなります。さらに女性は40代を過ぎると女性ホルモンの量が減ってホルモンバランスが変化する更年期が始まる人もおり、余計に自立神経が乱れやすくなります。

    冷えの4つのタイプ

    例えば、最近はいくら厚着しても暖かくならないと思われるのは、それは冷えの種類が年齢と共に変わってきているからです。一言で言っても冷えの原因や冷えに違いがあり、その冷えのタイプが違います。冷えの原因が違うので、自分にあった対策を取らなければ、いくら厚着をしても温まりません。冷えのタイプは大きく分けて4つあり、複数のタイプの症状が出る混合型もあります。まずは自分がどのタイプかチェックしてみましょう。冷えは、簡単にチェックでき、タイプによって冷えを感じやすい場所や汗のかき方に違いが出ます。

    四肢末端型

    手足の先に強い冷えの症状が出て、痩せ型の人に多く、普段はあまり汗をかかないという特徴があります。特に食事の量が少なく、運動不足などの生活習慣により体内の熱量が不足しており、交感神経が過剰に働くことで手先や足先が氷のように冷えています。

    下半身型

    下半身型は、上半身は暖かいですが、腰から下のお尻や太もも、足先などに冷えがあります。特にお尻やふくらはぎの筋肉のコリによる血行不良が原因です。下半身に行き渡らない熱(血流不足)が、上半身に溜まって顔はほてったようになる特徴があります(冷えのぼせ)。また汗のかき方も顔や頭など上半身にかきやすい特徴があります。

    内臓型

    手足は温かいため気づきにくいですが、体の内部から冷えており、隠れ冷え症とも言われています。このタイプは、副交感神経の働きが強く、交感神経の働きが弱くなるので体表面の温度を保とうと放熱が続き(血流が減らない)、全身に汗をかきやすく、体温が低いのが特徴です。このタイプは芯から冷えているため、厚着をしてもなかなか改善されません。お腹を触ると冷たかったり、腸が冷えているからお腹が張ったりもします。

    全身型

    他のタイプと違い、どこが特に冷えるわけではなく、とにかく体全体が冷えていて体温が低いのが特徴です。季節も問わず年中体が冷えているため、冷えの自覚症状がないのも特徴です。特に体質、ストレスや生活習慣の悪化によってや、極端な体力低下が原因となって起こります。また全身型の人は、汗をかくこともほぼないため、1年中寒がりで体の悪さを感じることが多く、それが全身型の冷え症である可能性が高いでしょう。このタイプは、病気などが潜んでいる可能性もあるので、医療機関で検査が必要です。

    冷え症になると太りやすい

    基礎代謝は生きていくだけで消費されるカロリーのことで、基礎代謝は寝ていても消費され続けます。痩せるには消費カロリーより摂取カロリーを少なくする必要があり、この消費カロリーには基礎代謝、食事誘発性熱産生、身体活動量に分けられます。つまり基礎代謝が増えれば増えるだけ消費カロリーが増えて摂取カロリーと差ができやすくなるため、痩せやすくなります。

    この基礎代謝が冷え症と関係するのは、体温が1度上がると基礎代謝が12%も上がるからです。具体的に言うと消費カロリーが1800kcalの女性が、体温を1度上げるとすると消費カロリーが1930kcalに増えることになります。運動で消費カロリー130 kcalを稼ごうとするとウォーキングを約40分もする必要があります。つまり痩せやすい体を作るために冷え症を改善させる必要があるのです。

    冷え対策は2つのシステムの働きを整える

    人間には体を温めるために熱を作るシステムと熱を配るシステムの2つが備わっています。冷えには色々なタイプがある原因は、その2つのシステムのいずれか、もしくはどちらにも障害があって引き起こされています。特に全身型の冷え症は、熱を作るのも配るのもどちらにも障害があり、強い冷えの症状が出ています。つまり冷え対策は2つのシステムの働きを整えることが大事になります。

    熱を作るシステム

    人間が熱を作り出すためには、食事と筋肉量の2つが重要なポイントとなります。食事から得た栄養はエネルギー源になり、摂取したカロリーを熱に変える役割は筋肉が担っています。いずれかが不足すると作り出す熱量も減るため、足りない分が冷え症となって現れます。食事量が足りず栄養不足によって冷えが出るのが「四肢末端型」「全身型」の人です。体で熱を生み出す量が足りず、手足の先まで温かい血液が巡らないことが原因です。靴下やカイロで一時的に温めても栄養不足で温かい血が巡らないため、根本的に解決しません。

    冷え対策としては熱を生み出すための食材を使用して、とにかく食べることをお勧めします。ちなみに食べると体が温まるのは、食事誘発性熱産生と言い、食べ物を消化吸収する時に生まれる熱のことです。特にタンパク質は消化吸収に最もエネルギーを使うため多くの熱を発生させることができます。栄養素の種類によってエネルギーを消費する量が異なり、タンパク質が1番エネルギーを消費します。それぞれの栄養素のみを摂取した時に消費されるエネルギーは、タンパク質が30%、糖質が約6%、脂質が約4%になっています。

    タンパク質と言えば鶏胸肉が代表ですが、冷え対策で食べるなら豚肉がおすすめです。鶏肉ほどではありませんが、豚肉にも多くのタンパク質の他、代謝に関わるビタミンB1が豊富に含まれています。豚肉を使った料理には、生姜焼きや豚汁があり、冷え症に悩む人におすすめのレシピです。生姜は血行を促し、体を温めることで有名で、血行促進以外にも冷えで落ちた免疫力を高めたり、胃腸の働きを活発にしてくれる効果も期待できます。

    また「内臓型」の冷え症の人も、食事を意識するのが効果的な対策方法です。内蔵型の人は、食事量が多く、痩せ型と言うよりは少しぽっちゃり体系の人が多いです。内蔵型の場合、本来熱を生み出す内臓が冷えているため、熱の放出を止めないと深部の冷えは収まらないのに熱を放出し続けて、体温がどんどん下がっています。このような低体温と呼ばれるレベルまで体温が下がる前に、食事で内側からじっくり温める必要があります。生姜は内臓型の冷えで弱っている胃腸の働きを促す効果もあり、「四肢末端型」の人はもちろん、「内蔵型」の人にもぜひ食べて欲しい食材です。生姜以外にも冬野菜は陽のエネルギーを持つと言われ、体を温める効果があります。他にもヒハツにも冷え症改善効果があります。ヒハツは香辛料の1つで南アジア原産の胡椒科の果実です。このヒハツを1日1g摂取するだけで内臓温度を上げることができると言われています。

    実は、みかんにも冷えの改善効果があります。みかんに含まれるβクリプトキサンチンに冷え症改善効果があることが判明しています。βクリプトキサンチンには高い抗酸化作用があり、骨密度低下、糖尿病、肝機能異常、脂質異常、動脈効果の予防につがると言われています。また自律神経の乱れによる冷え症の場合は、リラックスできるハーブティーも有効です。

    また、朝食には体温を上げる効果があり、食事誘発性熱産生はもちろんのこと、胃や腸などの消化管は、食事が消化管に入ると動き出してエネルギーを作り始めます。逆に朝食を抜いてしまうと夜寝ている間にエネルギーを使い切っているため、朝にはエネルギー不足になり、足りないエネルギーを補うため筋肉を分解してエネルギーを作り出すようになります。そのため筋肉が減ると基礎代謝が下がるため、痩せにくく冷えやすい体になってしまいます。

    そして、食事で良く噛んで食べることは、顎の筋肉をしっかり使うため、その分エネルギーを使います。実際に研究では300kcalのブロック上の食品を、できるだけ急いで食べた時と塊がなくなるまで良く噛んで食べた時の食事誘発性熱産生量の変化を調べた研究があります。その結果、食後90分間の消費エネルギー量は、できるだけ早く食べた方は体重1kgあたり平均7kcal、塊りがなくなるまで噛んで食べた方は体重 1kgあたり平均 180kcalの消費カロリーで、25倍以上の差があったことが分かっています。噛むことのメリットは他にも、虫歯や歯周病の予防、脳の活性化、腸内環境を整えるなど様々あります。

    一方の、熱を作るシステムの筋肉量を落とさないためには運動が大事です。運動には、熱を作るだけでなく血流を良くする効果もあり、さらに筋トレは筋肉量を増やすことで基礎代謝を上げることができます。私たちの体温の約40%は筋肉で作られると言われ、筋肉が多ければ多いほど体温を高く維持することができます。

    特に冷え対策にとって筋量は重要で、冷えを感じる人は総じて筋肉量が少ない特徴があります。その中でも筋力不足が特に影響しているのが「下半身型」と「全身型」の冷え症です。「全身型」の人は、筋肉量が少なくエネルギーを生み出す力が 低く、「下半身型」は座っていることが多い人がなりやすく、下半身の筋肉量が減って血が巡らないタイプになっています。

    足腰の筋肉は1つ1つが大きく、筋肉がしっかりついていると代謝量を大きく上げますが、25歳を過ぎたあたりから一気に筋肉量の低下が始まる部位でもあります。下半身の冷えに気づいたらなるべく早めに筋力を取り戻す対策が必要です。毎日緩く続けるならストレッチや屈伸を小まめに取り入れるだけでも効果的です。「下半身型」の場合、上半身までは血が巡っているため、それを下半身に届けられるようにすることが大事です。長時間、同じ姿勢でいることが多いと血行が悪くなるため、座り仕事が多く、冷えの自覚がある人は数時間に1度はデスクを離れて歩いたり、ストレッチをすると良いでしょう。

    また下半身の冷えは、そのうち全身の冷えにつながる可能性もあります。下半身の中でもふくろはぎは、第2の心臓とも言われており、血流を送り出す重要な機能があります。冷え対策の運動には、ウォーキングがおすすめで、少し息が上がるぐらいの気持ち良い運動量でも、代謝、免疫、筋肉量もアップできる運動です。1 日の中で1番体温が低い朝に取り入れれば、体温と免疫を上げて調子よく過ごせ、夕方の体温が上がっている時間に取り入れれば、より血行を促して筋肉に刺激を与えることできます。また、ウォーキングのような有酸素運動は、自律神経を整える効果も期待できます。

    熱を配るシステム                                                                         

    筋肉や内臓で作られた熱を体の隅々に届けるのは血液であり、熱を配るシステムに不具合がある場合は、血の巡りや血液の質に問題があります。もちろん自律神経の乱れが大きな要因ですが、血行が悪くなる理由は他にもあります。例えば血液量事体が不足する貧血やドロドロした血液で巡りにくくなっている生活習慣の乱れ、加齢によって血管が硬くなる動脈効果も血流を悪くする要因の1つです。

    全ての冷えタイプの人に取り入れて欲しいおすすめの方法が、1日の中でリラックスする時間を作ることです。冷えを引き起こす自律神経を乱す理由は、ストレスが大きく関係しています。心理的ストレスを感じるとドキドキしたり手に汗をかいたりするのは、それはまさしくストレスによって交感神経が優位になり現れる症状です。一時的な緊張状態であれば問題ないですが、溜め込みやすい人は自律神経のバランスが崩れる原因になります。

    リラックス方法としては毎日続けやすいのが入浴です。疲れている時こそゆっくり湯に浸かり、夏は38°前後、冬40°前後で熱すぎないお湯で、10分から15分肩まで浸るのがおすすめです。外側から冷えた血液を物理的に温められるし、湯舟の中の水圧も血行促進になります。お風呂に浸ると、まずは筋肉がほぐれて血流が良くなります。また体の中が温まることでぐっすりと眠れるようになるため、なかなか寝つけないって人におすすめです。ただしお湯の温度が高すぎると交感神経が優位になり、逆に体が興奮してしまうから熱々のお湯に浸るのは避けましょう。

    また、リラックス効果を高めるために、好きな香りの入浴剤も良いでしょう。香りが神経にどのように作用するかは科学的解析がほとんど進められていませんが、歴史を辿れば紀元前3000年のエジプトでも香りの持つ力を儀式に用いてきた実績があります。

    自律神経が乱れて、熱を配る機能が低下するということは、肌や髪の毛に栄養も 行き届かなくなります。生命維持に関係ない部分の栄養補給は後回しになる ため、体を温めることは体の中の不調を整えて、隅々に栄養を届けて若々しくいることに繋がります。

    4つのタイプの冷え症対策

    冷え症は、基本的に4タイプに分けられ、これらは原因が異なるため、タイプ別の対策が必要です。生活習慣の見直しも大切ですが、ツボを刺激して血流を改善することで対策できます。

    四肢末端型

    八風(はちふう):左右の足の指の付け根

    八風(はちふう)

    血流改善方法は、手のひらで足の甲を持って、手の指を曲げる感じでストレッチします。また日常生活では、首元や肩、おなかなどを保温すると、体内で増えた熱を逃がすために手足先の末端の血管が拡がり、血流が良くなることで冷えが改善します。また体内の血流を増やすためには食事や運動量を増やしましょう。

    下半身型

    臀中(でんちゅう):お尻の真ん中あたり

    臀中(でんちゅう)

    寝そべって床とお尻の間にボールを入れて、体を斜め45度に傾けて押しましょう。また下半身の血流の流れをよくするため、ふくろはぎの筋肉のコリをほぐしましょう。ふくらはぎの外、真ん中、内側と位置をずらしながら、痛気持ち良い程度でマッサージをしましょう。またディスクワークの多い方は長時間の座りっぱなしに注意しましょう。

    内臓型

    中条流子孕(ちゅうじょうりゅうこばら):おへそを頂点とした正三角形の角

    このツボをカイロなどで温めて、内臓に関係する自律神経のバランスを整えます。ツボの真下には、直腸などの血流を調節する神経があり、効果が期待できます。このタイプは、交感神経の働きが弱いため、体を動かして自律神経のバランスを整えると血流が改善されます。

    全身型

    全身型の対策は、体の中から温めるのが基本になります。体を温める食材を積極的に摂りましょう。また食事や運動、生活習慣などを見直しても中々改善しない場合は、漢方薬が有効ですので、担当鍼灸師にご相談下さい。

    本コラムの監修】

    恵比寿院長

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. 鍼灸で依存から脱却

    2. 東洋医学的に診る「体の不調を治すツボ」

    3. 東洋医学で診る「イライラする」

    4. アレルギーと鍼灸

    5. 東洋医学的に診る「カイロを貼る場所」

    6. 東洋医学で診る、病は気から

    7. 東洋医学で診る、甘いものを食べたくなる

    8. 大谷翔平選手が使うラジオスティム(ラジオ波)

    9. 東洋医学的に診る「口が臭い・おならが臭い」

    10. 女性ホルモンと美容鍼灸

    11. 美容と東洋医学の五臓の関係

    12. 東洋医学で診る「シミ」「シワ」「たるみ」がでやすい人

    13. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

    14. 正常な老化と病的な老化のスイッチ

    15. 天気痛と偏頭痛(低気圧と台風)