「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線

「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線

ほうれい線は、年齢を感じさせるお顔のサインとして、多くの女性が気になる部分です。

この「ほうれい線」には、「コリ」「むくみ」「たるみ」の3つの原因があることはあまり知られていません。

ほうれい線を上手くケアするためには、まずはそれぞれのほうれい線の原因の理解を深めましょう。

ほうれい線の原因

「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線の原因には、

  • 血流の停滞と筋膜の癒着による「コリ」
  • リンパ管の流れ(老廃物)の滞りによる「むくみ」
  • 口元を支える筋肉が衰えによる「たるみ」

があります。

お顔のコリは、自分ではなかなか自覚しづらいものです。お顔の筋肉は、使いすぎても使なすぎても硬く収縮します。

特に表情クセで、顔の筋肉がコリ固まってしまうと、血液・リンパの流れが悪くなり、老廃物が溜まって肌が硬くなります。食いしばりなどのクセは、「咬(こう)筋」という咀嚼で使われる深層筋が、必要以上に発達しすぎてしまうため、ほうれい線の原因になってしまいます。

このように筋肉のバランスが崩れると、筋膜の癒着が生じ、その癒着によって、筋肉がスムーズに動かなくなるため、筋肉が硬くなり、コリが生じて「コリ」ほうれい線の原因となります。

また、お顔のむくみも、ほうれい線が目立つ原因の1つと言われています。お顔がむくんでしまうと、その重みで頬が下がり、「むくみ」ほうれい線ができます。

むくみの原因には塩分・糖分・水分の摂りすぎや運動不足、血行不良などがありますが、筋膜の癒着が根本的な原因と言われています。

「コリ」ほうれい線と同じく、筋膜が癒着すると、血液からの栄養分を運ぶことができず、さらに老廃物を排出することができません。その結果、老廃物が蓄積して、むくみが出てしまいます。

さらに最近は、マスクをして話すことが多くなり、顔の大部分が隠れてしまうため、あまり表情を表に出さなくなっています。表情筋を動かさないと、筋肉が硬くなってしまいます。そのため、口元を動かすことを意識せずに生活すれば、さらにたるみが加速してしまいます。

この「たるみ」ほうれい線は、主に小頬骨筋や大頬骨筋、上唇挙筋といった口元を支える筋肉が衰えることが原因です。またお顔には、表情を作る「表情筋」と表情筋を支える「深層筋」があります。

この深層筋が衰えると、表情筋を支えることができなくなるため、「たるみ」ほうれい線や、シワの原因にもなります。

美容鍼でほうれい線ケア

ほうれい線になる原因は、筋膜の癒着や頬の筋肉のたるみに加え、口元の筋肉の衰えにあることが理解できたと思います。これらの筋肉が柔軟性やハリを失うために、頬の筋肉を支えられなくなり、ほうれい線ができます。

ほうれい線が気になる人は、筋膜の癒着を解消し、リンパ節を刺激して老廃物の排出を促したりするケアが必要になります。

しかし、筋肉やリンパにアプローチするためには、狙った箇所にピンポイントで刺激を与える必要があります。

美容鍼は、筋肉やツボをピンポイントで刺激をすることができるため、「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線に対して効果を出すことが可能です。

美容鍼は、真皮層より深くにある筋肉まで届き、コリ固まった筋肉を緩めていきます。筋肉が緩むことによって、普段使わない筋肉が活性化され、動かしやすくなります。また筋肉が活発に動くことで、たるんだ皮膚がピンと引き締まり、綺麗なお肌、リフトアップができます。

関連記事

  1. 美容鍼による内出血

  2. お肌の「透明感」の正体

  3. 首のシワには美容鍼

  4. 美容鍼で表情筋をほぐす

  5. 美容鍼とラメラ構造

  6. お肌の3大敵(シワ・たるみ・くすみ)

  7. 保湿をしても良くならない乾燥肌の方へ

  8. 美容鍼でシワ・たるみ・くすみ(STK)のお肌の衰え防ぐ

  9. 美容鍼、HIFU、エレクトロポレーションのリフトアップ効果…

error: Content is protected !!