美容鍼で表情筋を緩める

運動前だけでなく、首や肩こりの緩和のためにストレッチは効果的です。なぜストレッチするかというと、ケガの防止だけでなく、筋肉や腱を伸ばすことで関節の負担を減らして、痛みが改善するからです。また固くなった筋肉は、神経を圧迫し血流阻害を起こします。ストレッチで筋肉を柔らかくしてあげると、圧迫されていた血流が良くなり、酸素や栄養分が滞りなく行き届き、基礎代謝が上がります。

基礎代謝が上がると、血流が良くなるため、身体に溜まった老廃物や疲労物質などが、血液に乗って運ばれて、分解するスピードが速くなるため疲労回復に効果があります。

このような理由で、ストレッチで筋肉をゆるめて柔らかくしたい!と思うわけですが、どうして “お顔” はかたくなってもゆるめて柔らかくしないのでしょうか?

かたくなった表情筋を緩める

体幹や体肢の姿勢や運動に使う筋肉と、お顔の筋肉は、骨格筋と皮筋といって種類が違います。しかしどんな筋肉であってもかたくなったらゆるめてあげることが大切です。

お顔の筋肉であっても、筋肉がかたまると、

  • とにかく疲れる
  • 動きが悪くなる
  • 血流が悪くなる
  • 代謝が悪くなる

つまり、お顔の筋肉もゆるめてあげないと見た目が悪くなります。

しかし、身体の筋肉とは違って、お顔のどこに筋肉があるのか、意識しにくいです。そのため、多くの人が表情筋をうまく使えずに「お顔の運動不足」に陥っています。

身体が運動不足になると、ウエストのくびれがなくなったりお尻がたれたりして、ボディラインが崩れます。同じように、お顔の運動不足は「たるみ」「シワ」「フェイスラインの崩れ」など、老け見えの原因になります。

美容鍼で表情筋を柔らかくする

美容鍼のお顔(表情筋)への効果は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、筋肉の緊張を緩めることです。

お顔のコリは、交感神経が優位になりすぎて、筋肉の中にある血管が収縮し、血流が悪くなり、筋肉が過度に緊張することから起こります。美容鍼によって副交感神経を優位にすれば、血流を改善でき筋肉も緩みます。

また、表情筋のクセによる筋肉のコリでお顔がたるむこともあります。本来、筋肉は伸び縮みをすることで正常な働きをします。しかし筋肉のコリによって伸び縮みできずにかたまれば、普段からお顔を引き上げている筋肉がうまく使えずにたるんできてしまうことがあります。

そういった筋肉に対して美容鍼は、コリを緩和し、リフトアップ効果に繋がります。

2つ目は、筋肉の老化を防ぐ効果です。

お顔の筋肉も、体の筋肉と同じく加齢によって筋肉量が低下します。この筋肉量が低下することで、筋肉が皮下脂肪と皮膚を支えることができなくなり、それが顔のたるみにつながります。

美容鍼によって、筋肉を刺激し、血流を改善することで老化を防ぐ効果もあります。

3つ目は、お肌の弾力性の低下を防ぐ効果です。

お肌のターンオーバーが乱れると、コラーゲンやエラスチンといった美肌成分の分泌が悪くなります。これらの美肌成分は皮膚の中の真皮層というところから分泌されますが、その真皮層に対して、美容鍼で刺激を与え、微細な傷を作ることで、創傷治癒の過程においてコラーゲンやエラスチンの分泌が促進されます。そのため、お肌にハリが出てきてシワ、たるみなどの予防・解消することができます。

最後にお顔のむくみが気になる方は、実はお顔の筋肉の緊張が関わっていることがあります。筋肉が伸び縮みし、血管を押し出す働きによって、体の余分な水分を流すポンプの役割を担ってくれます。しかし、筋肉が緊張している状態だと、その役割が果たせません。美容鍼によって、筋肉のコリをほぐし、血流を良くしていくことでむくみの解消に繋がります。

美しさと健康に役立つお顔のツボ

美しさと健康に効くツボをご紹介します!マッサージの際にツボ押しを取り入れて頂くとより効果が出やすく、また、吹き出物やニキビがたくさんある方や敏感肌の方への場合は、マッサージは控えめにしてツボ押しを取り入れてください。

美しさと健康に役立つお顔のツボ
  1. おでこの中心: 頭をスッキリ
  2. 眉頭の下側にあるくぼみ: 目の疲れ
  3. こめかみ:目の周りのしわ・たるみ、目の疲れ、頭痛
  4. 目を支えている骨の輪郭のやや下側: むくみ・クマ・シミ・しわ
  5. 小鼻の横: 鼻詰まり、ほうれい線、ニキビ、たるみ
  6. 口角の両サイド: ほうれい線、トーンアップ
  7. 唇下のやや盛り上がっているところ: 顔・首のむくみ、歯痛
  8. 顎の骨の付け根: 顔のむくみ

やり方は人差し指を使って、各ツボともに3秒プッシュを3回ずつ。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. お肌の「透明感」の正体

  2. 美容鍼とは?

  3. 美容鍼でシワ・たるみ・くすみ(STK)のお肌の衰え防ぐ

  4. キレイな肌!と思わせる5大要素

  5. 当院の新型コロナウイルス感染予防対策について

  6. 美肌になるための究極の方法

  7. 「コリ」「むくみ」「たるみ」ほうれい線

  8. 紫外線で「毛穴が開く」とは

  9. 美容鍼による内出血

  10. 美容鍼のリラックス効果

  11. 美容鍼はなぜ効くの?

  12. 首のシワには美容鍼

  13. マスク老けには美容鍼

  14. 美容鍼の即効性と最適な通院期間・ペース

  15. ダーマペンと美容鍼

error: