キレイになりたい「欲」と「望」

    キレイになりたい「欲」と「望」

    「こうしたい」という思いには、「欲」と「望」があります。

    「欲」は、満たされていないことを感じてそれを満たそうとする望みの事で、満たされたと思っても、また新たな不足を感じ、いつまで経っても満たされないような望みのことです。

    「望」は、自分がこうありたいと願う心の事で、具体的な最終目的地があるものです。その感情は「楽しい」「うれしい」などの喜びの感情から生まれます。

    例えば、「今のままの自分では愛されないからキレイになりたい」という場合は、不安や不満からキレイになりたいという、何かに枯渇した感情があって、欠けている部分を補おうとする願いです。

    「欠乏感を満たす」ことの動機の多くは、「欲」の願いであり、それが叶ったとしても、次々に満たされないさらなる欲が湧いてくるでしょう。

    この「欲」を抑えるためには、「満たされている」と思える心が必要ですが、それはそれで難しいです。また「欲」が悪いのではなく、生きる力となる面もある為、程よく付き合ってコントロール出来るというのが理想です。

    一方で「あの人に好かれるような自分になりたい」はどうでしょうか?

    ここには、あくまで「自分」が基準にあり、よりよくなりたいという願いは、「今のままでは自分がダメだから」という自己否定的な思いがありません。

    しかし「今の自分が嫌だから」という言葉があるのであれば、それは自己否定的な思いがベースになっています。

    キレイになりたい「望」

    「欲」は満たされない思いで、キリがなく、自己否定的なものというのは理解できましたか?

    なぜ、キレイになりたいは「欲」ではなく、「望」なのか。それは人の潜在意識にあります。

    自己否定的な思いで、何度もたくさんの量を無意識に考えることは、潜在意識に刷り込まれていきます。そのため、何かに失敗した時、「自分にはできない」といった思いがクセ付けられることがあります。

    例えばダイエット。痩せようと挑戦するものの、潜在意識の中では「自分にはできない」という思いがあるため、結果的に痩せられないことが現実になってしまいます。これは潜在意識のブロックを取り除かれないと繰り返されることになります。

    ではどうすればよいのかというと、キレイになりたいという「望」の先にある「感情」をイメージすることです。もちろん何度も「できるはずがない」と思うかもしれません。

    それでも「こんな感情になれたら幸せだな」という状態を「知る」という感覚を掴むことで、どんどんそのイメージが具体的になっていくはずです。そうすればいずれ潜在意識のブロックは取り除かれるでしょう。

    夢が叶う科学的な方法

    夢が叶わなかったという悲しい現実を経験したことがある方がほとんどでしょう。夢の内容は様々ですが、夢が実現しない原因は単純で圧倒的な知識不足によるものであることが脳科学では明らかになっています。夢が叶っている人を見ると運や才能に恵まれているからだなどと思う人が多くいます。しかし夢が実現するロジックは科学的に解明されつつあります。つまり運や才能によって のみ夢が叶うという考え方は既に否定されつつあります。

    科学的分析で私たちが夢を実現するために必要なのは、夢を実現する脳の使い方を理解するというシンプルなことです。それが夢を決める、夢の実現に必要な情報を集める、情報を使って行動を起こす3つのステップを意識するだけです。

    例えば何か美味しいものを食べたいと思った時に、私たちはまず何を食べたいかを決定します。そしてイタリア料理が食べたいというように具体的な夢が決まったら次はイタリア料理が美味しいレストランを探します。最後に十分な情報が集まったらその情報を使ってイタリア料理を食べるためにレストランに行きます。これで3つ全てのステップの完了です。こんな簡単なことで夢は叶わないそう考える人もいるかも知れません。しかし夢の実現も分解して考えればこの簡単なステップに当てはめることができます。もちろん夢によって各ステップの難易度は変わってきますが、このステップの流れは決して変わりません。

    脳はただ夢を思い描くだけでは行動を起こしてくれません。脳は本能的に私たちの生存を最優先に考えて働くため、変化を嫌い平和な現状を維持しようとする意識を強く働かせます。この厄介な脳の仕組みを打開するのに効果的なのがこの3つのステップです。

    夢が叶うと決める

    最も大切な夢を決めるについて補足しましょう。経済面も心も満たされている成功者の多くは、自分はこうなる、自分の夢は叶うとはっきり決めています。願うのではなく、決める、こうなるという決定事項にしています。なぜはっきりと決めることが夢を叶えることにつながるのか、それは決めることで、決めたことにふさわしい物事を引き寄せ始めるからです。

    実は、このことは私たちの脳の性質が関係しています。脳は自分がセットしたものを見るようになっています。例えばあのブランドの服を手に入れたいと思っていると、それを持っている人ばかり目にするようになり、ますますそれが欲しくなってしまいます。他にも老いを感じるから、ちゃんとケアをしようと思っているとアンチエイジングなどの情報ばかりが 途端に目につくようになります。このように決めた途端無意識にそれに関係あることをどんどん脳は引き寄せ始めます。その時働いているのが潜在意識です。

    例えば、初めて海外旅行に行こうと決めれば、出発日までに様々な手配を行うわけですが、一つ一つのタスクをこなしていく中で、新しい発見があったり、道中にサポートしてくれる人が見つかったりなど副産物と感じられる様々なことが起こります。それらは行ってみたいけどなという願望や迷いではなく、行くと決定したからこそ始めて見えてくるということです。同じく方法のわからない夢の叶え方も、そうなると決めた途端、目にするもの、触れる情報、周りにいる人たちが変わっていきます。すると無意識レベルで言動が変わり、そうなるための方法が自然と集まってきます。そして結果が変わります。つまり決めれば潜在意識の力によって、決めたことに関係あることを無意識に引き寄せ、自然とそれが叶う方向へと進んでいけるようになります。

    夢を叶える自己肯定感

    夢の実現には自己肯定感も深く関わっており、自己肯定感が高い人の方が夢を実現しやすいことが分かっています。また自己肯定感が高い人は夢の実現に前向きで、失敗を経験しても夢を諦めない傾向にあります。

    残念なことに日本人はこの自己肯定感が低い傾向にあります。内閣府が行った調査では、自分に満足している、自分の長所を理解しているという自己肯定感に関する質問で「はい」と答えた割合がアメリカやイギリス、フランスでは80%を超えていましたが、日本では僅か4から8%です。

    自己肯定感を高める方法は非常にシンプルで、自分の持っている価値観を理解して、それを満たすことです。例えば親の価値観を満たすために、自分の意志を尊重していなければ、低い自己肯定感を持つことになり、夢の実現に集中できない恐れがあります。親の価値観を含め、他人の価値観を満たすためにあなたの夢を設定してはいけません。自分が何をしたいかどうなりたいかを自分自身の本心と向き合って考えてみてください。

    夢の実現をイメージする

    もちろん夢の実現の過程には苦労や困難が伴います。そんな時に意識したいのが夢を実現した後のイメージです。絶対に実現したい夢が明確になった時、それを実現した自分にはどのような変化が起きているか具体的にイメージしてみましょう。

    例えば減量が夢である場合になんとなくダイエットするぞと考えるのではなく、今よりも痩せてスタイルが良くなった自分をイメージするようにしましょう。 痩せて昔のようにファッションが楽しめるようになった自分、自信満々に街歩けるようになった自分などより具体的なイメージを膨らませてください。イメージによって夢を実現した自分の姿を明確にします。このイメージする未来の自分に近い写真を持ち歩いたりしてモチベーションを維持してみましょう。反対にこのイメージがないと夢が実現した後に自分が何をしたいのか分からなくなってしまうことがあります。このようなイメージがないとせっかく夢が実現しても、その状況を心から楽しむことができません。だからこそ夢の実現後に進路を見失ってしまわないように、将来のイメージをある程度を決めておく方 が良いです。

    自分が思っていることが現実

    人によっては、自分は夢を見過ぎているだろうかとか、自分の夢は現実的ではないかもしれないなどと考えてしまうかもしれません。でもそれは気にしなくて大丈夫です。なぜならどんなに可能性の低いことであっても、それを考え続けている限りは実現する可能性が上がり続けるからです。ウォルトディズニーはこんな格言を残しています。「夢見ることができれば、それは叶う」のだと。それを思いつけるということは、未来にそうなる可能性がゼロではないから思いついているのであり、もっとと言えば、未来の自分の意識を今の自分が受け取っているのです。

    自分が思っていることが現実になる。これは世のルールです。なぜなら現実は自分の潜在意識に刻まれた信念や思い込み、自分が発するエネルギーによって作られているからです。自分が作っているからこそ、今も未来も全て自分で自由自在に作り変えることができます。

    人生は思い通りに変わっていくというのに、人は自分では気が付かないうちに自分の限界を設けていることが多くあります。夢を叶える自信がなくて諦めているとか、これまで自分がやりたかったことや手に入れたかったものを色々と諦めてきた、そんな方がどのように変わればその夢や目標に近づき、それを現実化していくことができるのかは、まずは正しい 生き方と言われるものから脱却することが重要です。

    一昔前は、メディアが報じてきたような成功者像に多くの人々が影響されていました。見た目や肩書き、経済的に恵まれた境遇で生きること、そして物をたくさん所有していることなどが幸せだとみんな思い込んできました。例えば女性の場合、何歳までに結婚出産が理想という常識のようなものがありました。しかし、あらゆることが多様化し、かつて存在した画一的な幸せな人生とはこうあるべきものだというフォーマットのようなものが無くなりつつあります。世間体を重視する人よりも自分の感覚に素直に生きる人が幸せになる時代が来ています。みんな違ってみんな良いにようやく気づき、みんなが幸せになるためには一人一人が自分がどう感じているのかを知って、その感覚を基準に素直に動くことができるかどうかが大切なのです。

    自分が心の奥底で感じている本音、すなわち潜在意識に従って、世間が言う正しい生き方から脱却すること、それが他の誰とは異なる、自分にとってオリジナルの幸せな人生を送るための重要な鍵となります。

    心で感じたことを優先する

    自分が思い描いた夢を叶えて幸せな人生を歩むためには、何かを決める時に過去のデータや経験などを基に頭で判断するのではなくて、こっちが好きだ、ワクワクする、楽しそうと 心で感じたことを基準に選びましょう。楽というのは、手抜きとか、逃げと言ったネガティブな意味ではなくて、あなたが自分の気持ちに違和感を感じることなく、ストレスなく進めていける状態のことです。なんだか気が乗らない、気持ちがモヤモヤするという楽ではない 気持ちを感じる時、そんな時はあなたの心がそっちではないんだよ、これは違うんだよと教えてくれているのです。このような嫌な感覚になるのは、感情を通して、深い部分の本当の自分、つまり潜在意識があなたに必要な答えを知らせてくれているのです。

    ではどんな時に心の声を拾うと良いのか、それは心で感じたことと頭でてきたことがズレている時です。そんな時は頭ではなく心で感じたことを優先することで、感覚が答えになっていくことをしっくりと受け入れられるでしょう。

    実際、人間の意識のうち、私たちが意識できる顕在意識というものはたったの5%以下であると言われています。そして95%以上は潜在意識が占めています。日々、新しい知識や情報に触れ続けている私たちは頭でっかちになって、何かを決断する際にどうしても健在意識が優位な状態になりがちです。顕在意識よりも潜在意識、頭で考えたことではなく心で感じたことを優先することが重要です。顕在意識よりもはるかに大きな領域で活躍している 潜在意識には、私たちが想像もできない無限の可能性が秘められています。

    私たちハリニーは、今のままでもあなたらしい本来の美しさを引き出すことのお手伝いができればと考えています。東洋医学の理論に基づき、肌と心と身体の結びつきから、全体を捉え、忙しい現代人に合わせた経絡やツボを使い、内側から輝く自分らしい美しさを引き出します。

    お身体の不調、美容のお悩みをお客様と一緒に解決してまいります。どうぞご相談くださいませ。

    【本コラムの監修】

    恵比寿院長

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. アンチエイジングと細胞老化(セネッセンス)

    2. 美しさと幸せ、健康の関係

    3. 名前のない猫と不機嫌な感情

    4. 骨と老け顔の関係性

    5. 統合美容鍼灸とは?

    6. 肌と心と体はつながっている

    7. 自分らしい健康的な美しさを

    8. 東洋医学における「美しさ」とは

    9. 性別ではなく、パーソナリティや個性を重視する「自分らしさ」を…

    10. 「若さ」が、理想的な美しさの基準?

    11. 美しくなりたいではなく、美しくありたい