若返りの秘訣オートファジー

若返りの秘訣オートファジー

今回は、2016年ノーベル医学生理学賞を受賞した大隅博士が発見した、老化した細胞が若返るという話です(タンパク質の自食作用と呼ばれる身体の仕組み)。その鍵となるのが、「オートファジー」です。

オートファジーとは、古くなった細胞を、内側から新しく生まれ変わらせる人間がもともと持っている体のしくみのことです。

オートファジーが注目されるのは、多くの病気、感染症の予防などに深くかかわっていることが分かってきたからです。

例えば、オートファジーには腫瘍(癌)抑制効果があり、癌を予防する可能性があります。異常細胞ができた場合、これを分解してリサイクルすることによって、腫瘍が増殖していくのを抑えることが考えられます。

研究が進めば、病気の画期的な予防法や治療法の解明につながると期待されています。
ただし、オートファジーは、食べ物により栄養が十分にある状態では、ほとんど機能しません。しかし、最後に食べ物を口にしてから16時間たつと、いよいよオートファジーが活躍し始めます。

オートファジーの役割

私たちの体を維持するためには、毎日約300gのタンパク質が必要とされています。しかし、実際に食事で取れるタンパク質は80g程度にしか過ぎません。

実は、この不足しているタンパク質は、オートファジーによってリサイクルされたタンパク質を利用しています。

https://jho.jp/2020/05/25/autophagy/

オートファジーの仕組みは、細胞内のタンパク質を食べてアミノ酸に分解し、アミノ酸から必要なタンパク質を作り出すという巧妙な仕組みが明らかになりました。

また、タンパク質を作り出すだけではなく、オートファジーは細胞内の掃除屋としての役割もあります。

細胞内ではタンパク質などが常に合成されており、上手く合成されなかったものは、ゴミとして蓄積します。そのため細胞内にはオートファジーとユビキチン・プロテアーム系という二大分解系が存在し、定期的に細胞内を掃除してくれるという仕組みも備わっています。

16時間の空腹を作ることで不要なものや老廃物が一掃され、全身の細胞が活性化し、肥満の解消はもちろん、病気になりにくい若々しい体になります。

オートファジーを機能させるためのポイント

睡眠時間を含めると比較的16時間の空腹はつくりやすいです。例えば、夜19時までに夕食を済ませれば、翌11時で16時間となります。

オートファジーのスイッチが入るには、少なくとも16時間の絶食が必要で、お腹を空にしておく時間が長いほど、体内クリーニングと体内リセットが頻繁に行われます。

また、空腹時間中でも食べていいものと飲んでいいものとして以下があります。

  • 無塩ナッツ
  • 生野菜サラダ
  • チーズ
  • ヨーグルト
  • お水
  • ブラックコーヒー

日常的に、オートファジーのスイッチを入れる生活を送っていると、疲労予防、あらゆる病気の予防、老化予防などにつながります。

そのためには、過食・飽食を避けて、シンプルな食事にすることが大切です。過度の負担を内蔵に与えないために、加工度の高い食品、農薬が多く含まれるもの、動物食品などは、極力控えることも心がけて下さい。

関連記事

  1. 美肌の守護神エストロゲン

  2. 辛い花粉症でお悩みの方へ

  3. 顔の黄金比率、顔の長さ編

  4. 美と若さの新常識、シナモンで若返り

  5. エイジングケアに使いたいオイル

  6. ほうれい線は側頭筋のこりが原因!?

  7. ダイエットの耳ツボ

  8. 腸内にいる〝汚デブ菌〟

  9. 【緊急事態宣言中の営業に関しまして】

error: Content is protected !!