東洋医学で診る、体内時計を知る

東洋医学で診る、体内時計を知る

24時間で体内が何をしているのかを知ることで身体と心に負担なく生活ができます。忙しい方にこそ知って頂き、賢く取り入れて見てください。

⏰朝7時~9時小腸が活躍する時で、栄養をしっかり吸収してくれます。自律神経が副交感神経から交感神経に切り替わるタイミングです。
⏰10時~12時心臓の働きが良くなる時間です。また記憶や想像することに最も適した時間です。
⏰12時~13時全身器官の働きが最も良くなる時間です。効率よく仕事などをすることができる時間です。
⏰13時~14時一日の中で2番目に疲れが来る時間です。効率的な仕事よりも休憩的な仕事をしましょう。
⏰14時~16時感覚が研ぎ澄まされる時間のため、分析力、創造力を最大に発揮できます。
⏰16時~17時一日の中で最も疲れる時間で、体力が消耗するため、おやつなどを取るには最も良い時間です。
⏰17時~18時 体を動かすことに向いている時間です。
⏰18時~20時情緒が不安定になる時間のため、リラックスを心がけましょう。また夕食は就寝3時間前までに終わらせましょう。
⏰20時~21時記憶力が増す時間です。ここで覚えて朝を迎えると記憶が整理されて定着します。
⏰21時~23時免疫系統の排毒時間の始まりです。この時間から白血球量が増加し始めて、老廃物の排毒が始まり、体温が下がり始めます。
⏰23時~1時大部分の体の器官の働きが弱まります。特に肝臓は体内の毒素を取り除く働きを担いますが、排毒は熟睡中でないと起こりません。
⏰1時~3時胆の排毒が終わり3時頃になってすべての器官が寝始めてくれる時間です。
⏰3時~5時肺の排毒時間です。
⏰5時~7時大腸の排毒時間です。

体内時計を知ることで体調や思考が上手くまわります。

最も大切な時間は朝一

朝一をバタバタと始めてしまうと自律神経が乱れる原因になります。さらにその影響は1日中続き、1日が台無しになってしまうことがあります。自律神経が乱れると、不安や緊張が高まったり、朝起きられない、夜眠れない、吐き気、全身のだるさ、疲れがとれない、肩こり、頭痛、動悸など、様々な辛い症状に繋がります。

例えば、朝起きて余裕を持ってゆっくり出勤準備をすることが、自律神経が最高の状態で1日を始めることができます。そしてその最高の状態のまま1日を過ごすことができます。つまり毎日のスタートが良ければ、日中のパフォーマンスを最高にすることができるのです。

自律神経は、自分の意思では動かせない心臓や血の流れなどの動きを司る神経のことですが、24時間働き休むことはありません。自律神経には、昼間アクティブに働く交感神経と、夜に働いて体を休ませる副交感神経があります。この2つがバランスを保つことで、私たちの健康的な活動を営むことができます。このバランスを整えるためには、朝の時間が大変重要です。

この2つのバランスを整えるためには、朝の過ごし方が大変重要になります。なぜなら、朝は自律神経が副交感神経に切り替わるタイミングだからです。朝の過ごし方でつくられた自律神経の状態は長く持続する傾向があり、その日1日のパフォーマンスを左右することになります。

朝は、自律神経が副交感神経から交感神経に切り替わるタイミングであるため、朝の過ごし方でつくられた自律神経の状態は長く持続する傾向があることが分かっています。つまり余裕をもって朝のすべての行動をゆっくり行うことで、その日の体を最高の状態でスタートすることができるのです。

1日の美容リズムは朝食から作られる

朝食を摂る、摂らない、色々な考え方がありますが、体にとっては朝食を食べることは、私たちの体がこれから活動するための準備をする上でとても重要な役割をしてくれます。

朝食を食べると消化に関わる内臓が動き出します。その時に発生した熱が寝ていた間に体温が低下した私たちの体を温めてくれるのです。車で言うと走り出す前にエンジンをかけて準備をしている状態になります。
実際に朝食をとっている人ととっていない人では体温上昇、また体温維持にも差が出ていると言う研究結果もあります。

ただし、専門家によって朝食を食べるか食べないかは意見が分かれており、一度自分で試して見て、調子が良いか悪いかで決めて頂く方が良いと思います。しかし朝食を食べるにしても注意点があります。それが朝一から体に砂糖をいれないことです。

朝食で砂糖は取らない

12rules for lifeのジョーダン・ピーターソン氏は、この本の中で炭水化物と砂糖を多く含む朝食から、脂肪とタンパク質が豊富な食事に切り替えた時に、被験者がどのように不安の低下を経験したのかを分析しています。

白米やパンなどの炭水化物と糖質は、血糖値が急激に上昇し、その後急激に低下します。また朝のコーヒーに砂糖を入れたり、コーンフレークなどの糖質の高い食べ物も同じです。このように血糖値が急上昇することを血糖値スパイクと呼び、その後血糖値が大きく下がる低血糖状態になります。このきっかけでイライラしたり、吐き気や眠気に襲われたり、不快な症状を引き起こします。

朝食を食べて、元気になったと思ったら、だるさを感じたり、やたらと眠くなったり、集中力が続かないなどは、朝食に糖分の多い食事をするからです。もちろん、誰にでも当てはまるルールや、誰にでも有効な方法論はないので、一度自分で試してみるのも良いでしょう。

いずれにせよ、長期的には生産性の低下だけではなく、精神的及び肉体的な幸福に悪影響を与え、体重増加や深刻な健康問題につながる可能性があります。

自律神経と胃腸の働きを整えるツボ

朝起きてすぐはお腹が空いてない、食べられないという人も多いでしょう。そういう方は、朝起きてお布団の中で「中脘(ちゅうかん)」を押してみましょう。

中脘(ちゅうかん):おへそから指幅4〜5本分上。みぞおちとおへその中間。

効果:自律神経と胃腸の働きを整え、 胃もたれを解消させるツボ

息を吐きながらゆっくり押して、ゆっくり圧を抜いてください。これを3回すると胃が元気になります。朝食を摂ることは一日元気に過ごすために要となります。体の機能や免疫力を維持、美容のために1日のリズムを整えていきましょう。

子午流注(しごりゅうちゅう)

「子午流注」の「子午」とは、「子」は夜中の午前0時前後、「午」は昼の午後0時前後を指します。そして「流注」とは水の流れを意味します。つまり時間帯ごとに体に生じる特徴を言い表したものが「子午流注」です。

自然界の中で生きている私たちの体は、生命活動の基本である太陽の動きに沿って動いています。よって自然界の流れに抗わずに生活することが「子午流注」の考えの根本にあります。

「子午流注」では1日を2時間ごとに区切り、12分割します。その中で17時~19時(酉時)がエイジングケアに最も適している時間だといわれています。この時間帯に生命活動エネルギーが腎へ入り貯蔵されるため、腎を養う食物を摂るのに最適な時間です。

子午流注(しごりゅうちゅう)

これは臓腑(内臓)と時間が密接に関わっているので、時間に合わせてそれぞれの臓腑(内臓)が喜ぶことをすると効率的にケアをすることができるということです。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 女性ホルモンと美容鍼灸

  2. 天気痛と偏頭痛

  3. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

  4. 東洋医学で診る、敏感肌

  5. 体質チェック、「血虚」→血が不足している

  6. 東洋医学「気滞」→気の巡りが悪い

  7. 肌荒れ原因は内臓

  8. 正常な老化と病的な老化のスイッチ

  9. 東洋医学で診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  10. 東洋医学「水滞」→水の巡りが悪い

  11. 心と体の悩みは同時に解決できる

  12. 東洋医学の瞑眩(めんげん)好転反応について

  13. 体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

  14. 東洋医学で診る、ストレスと感情

  15. 東洋医学で診る、病は気から