体質チェック→『血瘀』血の巡りが悪い

『血瘀』(けつお)

東洋医学では「気・血・水」のバランスが崩れると体に不調をきたすと考えます。この「気・血・水」の3つは、人の体の構成要素と考えられています。

「気」は、人体の生命活動のエネルギー源です。

「血」は、西洋医学における血液の血とは、少しイメージが異なり、全身に栄養を供給し潤すことと、精神活動の基礎物質という二つの働きがあります。

「水」は、津液とも呼ばれ、体内の水分です。

この中で「血」は、体や脳にも栄養や潤いを届け、それぞれの組織の働きを助けます。例えば安眠を助け、記憶力を高めるほか、精神を安定させる作用もあります。

『血瘀』(けつお)は、全身を流れる「血」がスムーズに循環することが出来ない状態です。よって全身または部分的に血が余剰して停滞している状態です。

「血」が停滞すれば、動脈や静脈、毛細血管に汚れが沈着し、血管は硬く狭くなり、心臓への負担が大きくなります。

また、肌がくすみ、カサカサになり、頭痛、針で刺すような痛みや生理痛などが生じます。

特に、更年期の女性にも多い冷えのぼせなどの症状や頭痛やイライラは、気がスムーズに流れなくなり(気滞)、血の滞りが生じている状態です。『血瘀』の改善には血と気のトラブルを解決することが大切です。

血瘀の改善には血と気のトラブルを解決することが大切

『血瘀』の原因

・身体の中で血が少ない
・体内に熱がこもって血を滞留させる
・血管内の血は気の力によって移動する為、気の巡りが悪くなると停滞
・身体の冷え

また、同じ姿勢を長時間続けることが、血行を阻害して『血瘀』を助長します。

血を巡らす食材

●玉ねぎ
気と血の巡りをよくする。また胃の不快感を解消する働きがある

●いわし
気と血の不足を補い、体に血を巡らす。精神不安や物忘れを緩和

●サフラン
血を巡らせ、解毒をする。肌のシミやくすみを抑える効果がある

食事は血をドロドロにする原因となる甘い菓子類や動物性脂肪のものは控えるようにしましょう。

血行がよくなるツボ

太衝(たいしょう):足の甲の親指と人指し指の間をなぞっていき、指が止まるところ

肝臓は体に流れている血液やリンパなどの流れと関係し、解毒作用を持つとされおり、肝臓と関係のある太衝を刺激することで、血液の代謝を促し、ドロドロ状態を改善。

太衝(たいしょう)

三陰交(さんいんこう):内くるぶしから指4本分あがった、すねの骨の内側にあるツボ

血液の生成を元気にする、血液の流れを調節するツボです。

三陰交(さんいんこう)

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください!

関連記事

  1. むくみやすい方〜水毒〜

  2. 東洋医学と鍼灸

  3. 東洋医学で体質を診る

  4. 目の疲れとツボ

  5. 悲しみは肌荒れの原因にー感情と身体の関係ー

  6. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  7. 体質チェック、「水滞」→水の巡りが悪い

  8. 睡眠中に夢をよく見る人は…

  9. 体質チェック、「気滞」→気の巡りが悪い

error: Content is protected !!