頭の鍼が「脳疲労」を解消する

パソコンやスマホの使い過ぎによって、情報のインプットが多過ぎることで「脳疲労」の状態に陥り、脳の情報処理機能が低下します。

イメージとしては、筋肉痛のように脳を使いすぎることで、脳に炎症(活性酸素)を蓄積させてしまう状態のことです。

筋肉痛になった脳では、自律神経が正常な機能を果たせなくなってしまって、脳にストレスがかかり、脳の機能が減弱します。そのため自律神経失調や免疫力の低下、不眠などの様々な症状に繋がります。

よく、パソコンやスマホでYOUTUBEなどの動画を見るのが息抜きだと考えている方がいらっしゃいますが、息抜きが息抜きになっていなくて、そのパソコンやスマホが「脳過労」を悪化させる最大の原因になっている方が非常に多いです。ドイツや韓国では「デジタル認知障害」と呼ぶ専門家もいます。

「脳疲労」で起こる症状

情報を受ける脳の「前頭前野」では、大きく分けて以下の3つの機能があります。
① 浅く考える機能
② 深く考える機能
③ ぼんやりと考える機能

情報をインプットが多ければ多いほど、①の機能だけを使う状態なので、脳の疲れが酷くなります。近年、③の機能が脳にとって大変重要な役割をもつことが最新の研究で分かってきました。情報の整理や分析だけでなく、人間の本質に関わる思考に重要な役割を果たしています。脳が疲れると、自分を客観視できなくなったり、手近な快楽に流されやすくなることが分かってきました。つまり脳の疲れが、より情報の依存性(例えば長時間のスマホ依存など)を高くして、されに疲れるという悪循環を起こしてしまいます。

他にも、情報処理能力が低下することで、以下のような症状を引き起こします。

  • うっかりミスが増える(思考力、判断力、集中力の低下)
  • 感情コントロール力(イライラ、キレやすくなるなど)の低下
  • 自律神経の乱れが身体的な不調(頭痛、不眠、便秘、腹痛など)を引き起こす

これらの状態を放置すれば、かなりの人がうつ病に移行していきます。また、スマホなどを長時間見続けるなど、目の働きは脳によって制御されているため、特に眼精疲労などは、脳疲労を伴っていると考えられます。血流を良くすることで脳疲労を回復する方法として、頭の鍼とパルス(低周波電流)によって、脳疲労を解消することで症状も緩和されてきます。

東洋医学で診る「八綱弁証(はっこうべんしょう)」

ガムを食べることが頭の回転に良いと聞いたことがありませんか?顎を使うことが、脳疲労や認知力の向上に良い理由は、脳への血流が良くなり、酸素供給量、栄養供給量が良くなるためです。

しかし、血流が不足する原因の一つがストレスです。ストレスなどを抱えていると、コルチゾールやノルアドレナリンと言ったストレスホルモンが分泌され、交感神経系が常に優位に働いてしまい、脳への血流が悪くなります。

実際、ストレスが原因のうつ病の患者さんの脳の血流量を測定すると、多くの患者さんの血流量低下が認められています。

脳は全酸素供給量の20~25%を消費します。そのため、血流が悪くなると脳が疲れやすくなり、集中力や判断力などの認知機能の低下を招きます。

電子機器による情報過多、これが近年の脳疲労増加の一番の原因ではないかと考えられていますが、その他にも過剰なストレスや、忙しすぎる事による睡眠不足なども「脳疲労」の原因となります。

西洋医学では病気の原因に着目し、その原因を除去することで病気を治すというアプローチ方法をとります。しかし東洋医学では、病気は体全体のバランスが崩れて症状が生まれ、そのバランスを自然治癒力によって戻すことができれば病気は治るという考え方をしています。

例えば、東洋医学では八綱弁証というルールに基づいて病を分類して、その結果に沿って治療方法を決めます。その八つの分類ルールが「表裏寒熱虚実陰陽(ひょうり・かんねつ・きょじつ・いんよう)」です。

中医ではひとつの症状を見るのではなく、症状を総合的に分析する。気血、臓腑、病邪などの理論を用いて「証」を決めていきます。他には気血水弁証、臓腑弁証があります。

ハリニーでは、このような東洋医学に基づき、お客様のお悩みや体質は、一人ひとり異なるとして、体の状態を的確に把握して、その上で最適な施術を行います。経絡・経穴(ツボ)を刺激し、身体を良くすることによって心もよくなる。このような心身全体の調和・向上こそが治療の目標になります。

関連記事

  1. 頭のトラブル(抜け毛、薄毛)に効く

  2. 他のヘッドスパとは何が違うのか

  3. お家でセルフケア、偏頭痛

  4. 美容鍼で頭痛の改善(頭皮鍼でツボを刺激)

  5. なぜ「頭の鍼」が自律神経を整えるのか

  6. 頭の鍼が「眼精疲労」に効果的な理由

  7. なぜ「頭の鍼」が首のこりを解消するのか

  8. ヘッドマッサージしてはいけない頭痛

  9. なぜ、頭の鍼+パルス(低周波電流)が身体に良いのか

error: Content is protected !!