お家でセルフケア、薄毛のツボ

お家でセルフケア、薄毛のツボ

頭のトラブル(抜け毛、薄毛)は、加齢や季節的要因で起きやすくなりますが、生活習慣も大きく影響していると言われています。

現代人は、深夜までの仕事などにより生活リズムが悪くなり、さらにストレスを抱えたり運動不足になっていたりするため、男性だけでなく、若い世代や女性でも抜け毛、薄毛に悩む人は多いです。

抜け毛や薄毛の原因は髪の毛の育毛サイクルの乱れと関係があります。毛根は成長期と退行期のサイクルで回りますが、サイクルが上手く回らないと、成長期の途中で途絶えてしまい、だんだんと毛が生える土台が痩せて、抜け毛や薄毛の原因になります。

最近は男性だけでなく女性でも薄毛についてお悩みの方が増えています。薄毛=加齢によるものと考えがちですが、ストレスや無理なダイエットによって若い方でも起こることがあります。

正常な状態でも髪は一日に50〜100本程度抜けると言われていますが、急にお風呂の排水口が詰まるようになったり、ブラッシングの時に毛が絡むようになったと感じたら抜け毛が増えているサインです。

女性の抜け毛の原因

女性の抜け毛の原因は主に以下が挙げられます。

  1. 加齢
  2. ストレスや睡眠不足
  3. 頭皮の血行不良
  4. 頭皮へのダメージ
  5. 女性ホルモンの減少
  6. 過度なダイエット

40代頃から髪の毛の育毛サイクルが短くなることで抜け毛が増えます。またストレスや睡眠不足により女性ホルモンの分泌が乱れることで抜け毛の原因になります。また加齢やストレスによって頭皮が凝るため、血行不良によって栄養不足となり抜け毛を助長します。その結果、白髪も増えるため、カラーリングなどによって頭皮が痛み、抜け毛につながります。もちろんダイエットによる過度な食事制限も、髪への栄養が不足することになります。いずれも、髪の生成過程に必要な、栄養に支障をきたす原因になります。

髪の毛が生えるシャンプーはありません

市販のシャンプーで髪の毛が生えますというのは?です。シャンプーはあくまで抜け毛を予防するものです。シャンプーで頭皮の環境を良くして抜け毛を減らすことはできますが、生えることはありません。

AGA(男性型脱毛症)はクリニックでの治療が確立されています。男性ホルモンが過剰になることで脱毛が多くなることが分かっているため、男性ホルモンを調整するお薬や血行を良くして発毛を促す薬があります。

例えばミノキシジルという血流を促進させて発毛を促す治療薬がありますが、あくまでも薬のため副作用が必ずあります。なので医師の診断のもと、医師の管理下のもとで使わなくてはいけません。

薄毛は亜鉛が足りない

まず加齢と共に不足するミネラル(鉄分、マグネシウム、亜鉛など)を補充して免疫力を高め感染症や癌などの病気を遠ざけること大事です。特に不足して心身に影響が大きいのが亜鉛です。亜鉛は私たちの体の中で驚くほど多方面に活躍しており、DNDの複製、タンパク質の合成、細胞の新陳代謝を促すという重要な役割があります。このため亜鉛が不足すると毛髪細胞が新しく生まれ変わることができないため薄毛になることが知られています。

また、亜鉛は記憶を司る脳の海馬など様々な部位にも含まれており、記憶力のアップ、精神を安定させたり様々な役割を担います。さらに生命や健康を維持する上で大切な酵素のうち、亜鉛の働きは活性酸素を除去する、ビタミンAの代謝に関わる酵素、骨の形成や肝臓、腎臓、膵臓の機能維持に関わる酵素などの働きを補助しています。

さらに亜鉛は、テストステロンの生成、免疫細胞を助けて免疫作用を高めることが知られています。他にも痛みや発熱、腫れなどの体にダメージを与える過剰な炎症を抑制する抗炎症性タンパク質を増やし、免疫反応の効率を高めるなどの効果もあります。

しかし、日本人の多くは亜鉛欠乏症と言われており、先進国で唯一10〜30%の人が亜鉛欠乏状態であるという調査もあります。その理由は、人は亜鉛を自ら産生することができず、食事から必要量を摂取する必要があるのですが、亜鉛を含む食品は非常に限られています。例えば豚レバーや牛肩肉70g中に4〜5mg程度、比較的多く含まれていますが、厚生労働省が定める1日10mgには達しませんし、毎日食べることも難しいでしょう。しかも加工食品には、亜鉛を体内から排出してしまうポリリン酸ナトリウムや亜鉛を吸収しにくくする作用のあるフィチン酸が多く含まれています。

しかし、効率的に亜鉛を摂れる食べ物が卵です。卵1個に含まれている亜鉛は0.7g程度ですが、タンパク質、脂質、カルシウム、マグネシウム、鉄、各種ビタミン(ビタミンC以外)を含む「完全食」です。また木綿豆腐1/2丁に亜鉛が0.9mg含まれ、他にもタンパク質、カルシウム、各種ビタミン、特に脂肪の代謝や脳の活性化を促すレシチン、活性酸素を抑制するサポニンが含まれています。これらはさほど手間を掛けることなく食べれることができるのでおすすめです。

ツヤツヤ髪・肌と腸の働き

肌の衰えや薄毛・白髪の根本的な原因は、腸の汚れとそこから発生する活性酸素と有害物質です。それらが皮膚や毛根を傷つけ、活動を衰えさせることで肌や髪のトラブルを引き起こします。

腸は消化吸収を行うだけでなく、免疫機能を担い、健康は腸から始まると言っても過言ではない重要な働きを担います。しかし現代人は食べ過ぎやストレスによって腸の働きが低下し、健康を害するだけでなく皮膚や髪のトラブルを引き起こす原因になっています。腸の状態が悪ければ、髪や肌の状態も悪くなる、逆に腸の状態が良ければ髪や肌の状態もよくなります。根本的に髪や肌のトラブルをなくし艶やかな髪や肌を手にいれるためには、腸を労わり、腸を綺麗にする必要があります。

老化の原因は体にある37兆個の細胞のダメージによる劣化と、新陳代謝が働かず細胞の数が減ることにあります。同じように腸や頭皮の細胞もこの原理で老化します。つまり細胞の老化と減少を食い止め、健康的な細胞を作り出すことで老化を防ぐことができます。この細胞を劣化させ、減少させる最大の要因が活性酸素だと言われています。この活性酸素の異常発生の90%が腸内で発生しており、それが髪や肌の全身の老化につながると考えられています。

健康な細胞の再生を促すためには、腸を綺麗にして腸内環境を改善するこが大切です。そうすれば、全身の酸化ダメージが軽減され、生命活動に直結する臓器が優先的に修復され、肌のターンオーバーが正常になり、ヘアサイクルも正常になります。

加齢以外の薄毛の原因

抜け毛や薄毛の原因は髪の毛の育毛サイクルの乱れと関係があります。毛根は成長期と退行期のサイクルで回りますが、サイクルが上手く回らないと、成長期の途中で途絶えてしまい、だんだんと毛が生える土台が痩せて、抜け毛や薄毛の原因になります。

加齢以外の薄毛の原因としては、以下が一般的に言われています。

●過度なダイエット
過度なダイエットは栄養不足を招き、髪が成長できなくなり、抜け毛や薄毛に繋がります。またホルモンバランスの乱れ、自律神経の乱れ、過剰なストレスを引き起こします。

●お酒の飲み過ぎ
アルコールを飲み過ぎると脱毛の原因となる栄養不足、脱水症状、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。

●血行不良
髪の毛は毛乳頭にある毛細血管から栄養を補給されて伸びます。血流が悪くなると成長が鈍り、髪の毛は抜けやすくなります。

●ホルモンの影響
遺伝的な男性ホルモンの影響で、毛乳頭細胞の分裂が抑えられると考えられています。

●余分な脂や糖
皮脂が異常に多く分泌され、毛穴が詰まり、皮膚に炎症が起きるなど、髪の成長を阻害する原因となります。また糖質の多い食事によって、糖がタンパク質と結びついて、AGEsという老化物質を生成し、頭皮に蓄積すると薄毛や抜け毛の原因になります。

●タバコ
タバコに含まれるニコチンの血管収縮作用によって頭皮の血流が阻害されと成長を妨げる可能性があります。

●睡眠不足
睡眠不足によって、寝ている間に分泌されるはずの成長ホルモンが足りなくなったりすると薄毛の原因となります。

●過剰なストレス
ストレスを感じると、交感神経が活発になり血管が収縮し血流が悪くなります。結果として、十分な栄養が毛根に行き届かなくなり、髪の毛が栄養不足となります。

●間違った頭皮ケア
シャンプーする時は、ゴシゴシではなく優しく洗うことです。またシャンプーの洗い残しは、髪にダメージを与えます。またシャンプーのやりすぎは頭皮の皮脂バランスが悪化します。自然乾燥はなく、ドライヤーを使い頭皮に熱を与えないようにしましょう。

ツボ押しで薄毛の改善

薄毛の改善法として、お家でできるセルフケアを紹介します。ツボの図を参照しながら以下の手順で行ってください。

  1. 首から頭皮にかけての血行促進のために「天柱」を揉みほぐす
  2. 老化や身体の疲れを改善し、血液を送り出す「腎喩」「湧泉」のツボを刺激
  3. 最後にエネルギー「気」を補う「太淵」を深呼吸と共に刺激
ツボ押しで薄毛の改善

白髪治療や予防はエビデンスが乏しい

髪の毛は生えてくる時は白く、そこに色素細胞(メラノサイト)がメラニンを送ることで黒くなります。最初の白い毛は年齢や遺伝、そしてストレスによって色素細胞が変性してしまうことで黒くならなくなります。現代の医学でも、なぜこの色素細胞がメラニンを送ることを止めるのかは解明されていません。

一方でシミは、紫外線を受けたり、年齢によりメラノサイトが過剰になってつくりますが、なぜか髪の毛については、この色素細胞が年齢を重ねると変性してメラニンを送らなくなります。この色素細胞の変性を止めて、白髪を根本的に治す治療法は確立されていません。さらに白髪を予防することさえ分かっていないのです。世の中に溢れている白髪治療や予防方法は、医学的にはエビデンスが乏しいというのが現状です。

例えば、頭皮マッサージで血流を良くすることで白髪予防になる、というのは無駄ではないですが、確実に白髪が減るということはありません。唯一解明されているのは、ストレスによって色素細胞の働きが弱まるということぐらいです。

鍼の発毛促進効果

頭皮のマッサージは、血流が良くなることで髪への栄養が行き届きやすくなります。ある研究では毎日4分間の頭皮マッサージの効果を調べると、24週間後、参加者の髪の毛が頭皮マッサージ前よりも太くなっていたことが分かっています。頭皮マッサージが皮膚の下の血管を拡張するのに役立ち、その結果より太くて強い髪の毛につながったのではないかと考えられています。

東洋医学では「髪は血の余り」と考えるため、頭の鍼で血流を促して、老廃物を流し、頭皮の状態を正常なサイクルに改善し、新陳代謝を活発にさせることで発毛を促進させます。具体的には、鍼で頭部にあるツボや反応点を刺激し、頭皮の血流を促して新陳代謝のサイクルを改善する治療を行います。

また、肩こり、首こり、頭痛などの症状を改善することで、頭皮への血行不良を改善して、血液が末端まで届くようになれば、髪への栄養補給を十分に行えるようになります。

どのくらい通院すれば良い(恵比寿院)

抜け毛や薄毛は身体の状態の影響するため、年齢・持病・生活習慣・ストレスなどにより治療効果は大きく変わってきます。個人差はありますが、一か月を過ぎた頃から髪が少し生えてくる方が多いです。

また、最初に実感して頂けるのは、髪のボリュームアップです。血流が改善し、髪に栄養が行き渡るようになると、髪にコシとハリが蘇り、髪全体にボリュームがでます。

治療を継続して頂ければ、髪がよりしっかりと太く健康になるため、艶のあるきれいな髪質へと変化していくこともあります。通院の目安としては、週1回を継続的に半年から1年間通院するとより効果を実感して頂けます。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツボ

  2. 東洋医学で診る、肩こりと美肌

  3. 脂肪燃焼(ダイエット)の耳ツボ

  4. 3つのツボで美顔を保つ

  5. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

  6. お家でセルフケア、代謝をあげるツボ

  7. 東洋医学で診る、太りにくい体づくり

  8. 「運動」と「食事」が美肌のカギ

  9. ほうれい線・フェイスラインの崩れに効くツボ

  10. 【お顔のセルフケア】二重あご・たるみに効くツボ

  11. 鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

  12. ダイエット、ストレスを減らすツボ