頭の鍼で薄毛対策

    頭の鍼で薄毛対策

    加齢現象の1つとしてお肌のシワや物忘れ以外に代表的なものが薄毛です。年と共に髪の毛が薄くなってしまう原因には様々なものがありますが、1つには加齢と共に私たちの頭皮に存在している「毛包」が小さくなってしまうという原因が上げられます。「毛包」とはその名の通り髪の毛を包んでいる穴のことで、その穴から私たちの髪の毛が生えてきます。小さい植木には、小さい植物しか育たないのと全く同じように小さい毛包からは細い髪の毛しか生えてきません。

    また、年を取ると筋肉が少なくなり、衰えやすくなるため、食から取ったタンパク質が優先的に筋肉の方に供給されるようになります。髪の毛は筋肉と同じでタンパク質からできているため、骨格筋や内臓といった生きるために必須の筋肉に優先的にタンパク質や栄養が供給されます。その結果、髪の毛は栄養不足に陥ってしまうことになります。こうして髪の毛の合成量が少なくなってしまうことも薄毛の一員として挙げられます。

    さらには、年を取ることで血液がドロドロになったり、血管が硬くなったりして頭皮への血流が滞ってしまうのも薄毛の大きな原因です。頭皮の血流は、髪の毛を作る毛母細胞に栄養や酸素を送ってくれる重要な血流です。このような重要な血流が滞ってしまえば、髪の毛の健康が保てなくなってしまうのは当然でしょう。

    これらの複数の原因から、年を取ると薄毛になりがちですが、若くして薄毛になってしまったり、50歳頃にはすでに禿げてしまっている人は薄毛の進行が必要以上に早すぎると言えます。そんな方たちは自分自身の手で薄毛の進行を早めてしまっている可能性があります。

    薄毛になるメカニズム

    私たちの髪の毛には、実は2種類あります。毛根に含まれる 5αリダクターゼという酵素の種類によってⅠ型とⅡ型があります。そしてⅡ型が男性型脱毛症、通称AGAに関わる髪の毛です。髪の毛が薄くなりやすのは前頭部から頭頂部で、側頭部から後頭部部は薄くなりにくく、髪の毛が残っている人が多くいます。それは前頭部や頭頂部はAGAに関係しているⅡ型の髪の毛の生える領域で、逆に側頭部や後頭部にはAGAに関係ないⅠ型の髪の毛が生えている領域だからです。

    また、女性の場合は男性と同じメカニズムで薄毛になってしまう場合もありますが、その原因の多くは女性ホルモンの異常、各種内分泌ホルモンの異常、過度なヘアケア、ダイエットなど好ましくない生活習慣にある場合が多いと言われています。

    そしてⅡ型の髪の毛が薄くなりやすいのは、5αリダクターゼという酵素を持つ髪の毛は、テストステロンからDHTと呼ばれるものを作り出す働きがあるからです。このDHTが毛髪の生成に関係するアンドロゲンというホルモンの受要体にくっつくことで毛根が弱くなってしまったり、薄毛にてしまうと考えられています。またDHTは毛髪の元となる毛母細胞の働きを低下させ、髪を細くさせる作用があります。これが薄毛になるメカニズムです。

    髪の毛に悪影響を与える習慣

    冷たい飲み物を飲む

    甘い飲み物やお酒が頭皮に悪影響を与えてしまうのは事実ですが、多くの人が盲点となっている飲み物が冷たい飲み物です。なぜ冷たい飲み物を飲むと薄毛に繋がってしまうのか、それは冷たい飲み物が喉を通過するとそのまま胃腸といった内臓に入ります。その冷たい飲み物が直接内臓に触れることによって私たちの体の奥深の体温である深部体温が下がります。このような内臓の深部体温は、お肌の表面温度と違い、生きるために必須の体温になります。そのため冷たいものを飲んで体温が下がると逆に、それを上げようとして体が頑張り始めます。そして深部体温を上げるために体が起こす反応は、血液を内臓に集める反応です。

    血液というのは酸素や栄養素を運ぶ以外にも、私たちの体の中で熱を運ぶという重要な働きをしています。そのため冷たいものを飲んで深部体温が下がってしまうと体は血液を内臓に集めて深部体温を上げようとし、そして血液が内臓に集まってしまうと当然内臓以外の組織の血液が不足してしまいます。

    その結果、血液が不足してしまった抹消の組織ではおのずと体温が下がってしまい、体の抹消にある毛細血管は引き締まって細くなってしまいます。これは体の表面に張り巡らされた毛細血管から熱が逃げなくなるようにするためです。

    血管は主に筋肉からできていて、状況に応じて自律神経を通して細くなったり太くなったりすることができます。血管が太いままでは血管自体の表面積が大きくなり、熱の放出は表面積の広さに比例するため、血管が太ければ太いほどに体温が失われていくことになります。このような余計な熱の放出を避けるために体温が下がれば自律神経を通し、血管が自動的に細くなり熱を逃がさないというのが私たちの体の仕組みです。

    この抹消の血管、それも頭皮の血管でもあるため、収縮して細くなれば、頭皮の血行が悪くなり、その先にある組織への酸素や栄養素の供給が滞ってしまいます。そして頭皮の細胞には血液が届きづらくなり、髪の毛が栄養不足になって薄毛となってしまいます。さらに頭皮の血行が滞ることで酸素や栄養素が髪の毛に届きにくくなるのみならず、頭皮の細胞で生じた不純物や老廃物が回収 できなくなってしまいます。

    血液は酸素や栄養素を組織に届けるだけではなく、組織から出たゴミとか二酸化炭素といった不用物を回収する働きもあります。血行が滞ってしまうとこのようなゴミ回収の機能まで落ちてしまうことになります。頭皮の細胞のゴミ回収機能が落ちてしまうと頭皮にはたくさんのゴミが溜まってしまうことになり、溜まったゴミが発毛を阻害して薄毛や白髪の原因になってしまいます。

    さらに冷たいものを飲むことによって起きるデメリットとして太ってしまうことが挙げられます。冷たいものを飲むと私たちの深部体温が下がり、深部体温は私たちの基礎代謝を決めるために重要な温度になっています。体温が1度上がるごとに基礎代謝が13%上がると言われています。細胞に存在するミトコンドリアは、脂肪を燃焼することでエネルギーを生み出しています。つまりミトコンドリアはエネルギーを産生する工場であると言えます。もしそのエネルギーを作り出す工場が冷えまくっていたらどうでしょうか。その中で働いている人たちは凍え、生産性が落ちてしまいます。

    冷たいものを飲みすぎて体温が下がってしまうとエネルギーを作り出す効率が落ちて基礎代謝が下がってしまいます。体温が1度上がるごとに基礎代謝が13%上がるということは、逆に言えば体温が1度下がるごとに基礎代謝が13%下がるということを意味しています。つまり冷たいものを飲むと基礎代謝が下がって脂肪燃焼が阻害され、皮下脂肪や内臓脂肪が付いて太りやすくなってしまいます。

    さらに深部体温が下がると抹消組織の血行が悪くなり、抹消の血行が悪くなると重力の関係で私たちの足の方に水分が溜まります。こうして足がむくむことで下半身は、さらに太って見えてしまいます。とはいえ、水分摂取を控えてしまうのはもっての他です。水分摂取を控えるとそもそもの血液の材料である水がなくなってしまって、脱水になってしまうのでそれはそれで血流が滞ってしまうことになります。

    無防備な状態でサウナに入る

    実は、サウナによって薄毛が進行してしまうということは紛れもない事実です。サウナ部屋というのは90度以上の非常に高温の環境になっており、特ドライサウナの場合は、サウナ室は乾燥状態にあり、髪の毛が非常に多くのダメージを受けやすい環境になってしまっています。

    私たちの髪の毛はタンパク質からできており、タンパク質というのは熱によって硬くなる性質があります。髪の毛は熱によって硬くなり傷んでしまうと毛先がパサパサになって枝毛になったり、髪の毛がプツンと切れてしまう原因になります。さらにサウナに入って頭皮が高温と乾燥に晒されると頭皮に炎症が起きてしまいます。そのためサウナハットを使うことで髪の毛を保護するのみならず、頭が温まりすぎないようにしてのぼせを防ぐことで長時間じっくりとサウナに入れるというメリットがあります。

    間違ったドライヤーの使い方

    温風に設定したドライヤーでは、頭皮が100度に近い高温に晒されることもあります。そのためドライヤーを必要以上に当て続けてしまうと頭皮が火傷を起こしてしまうことになります。ドライヤーを当てすぎることで火傷を負った頭皮の細胞は炎症を起こして髪の毛を作るどころではなくなり、炎症を起こした細胞からは各種サイトカインが放出されることで細胞同士の接着が弱まるため、毛根が緩くなり抜け毛の原因となってしまいます。

    一方で、ドライヤーを使わずに髪を濡れたまま放置することは、大きなデメリットがあります。濡れたままされた髪の毛は、温度や湿度がちょうどよく保たれていて雑菌が繁殖するにはうってつけの環境になります。髪の毛の中で雑菌が繁殖してしまうと当然頭皮が感染症を起こします。頭皮が感染症を起こせば頭皮の熱傷と同じ、あるいはそれ以上の炎症が起きてしまうことになります。

    薄毛の対策

    効果が証明されている育毛剤

    育剤は薄毛の進行を遅らせてくれる効果があり、抜け毛を減らすことで現状維持を図ることができます。そして医学的に効果が確認されているのはミノキシジルとフィナステリドの2つの成分です。

    ミノキシジルは、毛根を活性化させ毛髪の成長期間を長くする効果があり、フィナステリドは毛母細胞のリセプターに作用し、テストステロンが5αリダクターゼよってDHTに変化するのを防ぐことで薄毛になりにくくしてくれます。そして近年は薄毛に悩む女性も増えており、フィナステリドは男性にしか使ってはいけないという言説が出回っているものの、実は女性にも有効であると言われています。フィナステリドの女性への効果については、専門家の間では意見が分かれておりますが、ホルモンが原因で起こっている脱毛症であれば女性にも効くと推測されています。

    また育毛剤には、プロペシアなどの内服薬もあり、これはAGAが原因の薄毛の場合、テストステロンをDHTに変えてしまうⅡ型のリダクターゼを抑えて薄毛を遅らせるものです。ただし、こうした育毛剤にも使い続けなければ元に戻ってしまうというデメリットが存在します。

    髪の毛を植毛する

    自分の髪を移植するという自毛植毛という方法もあります。自毛植毛とは、今ある自分の側頭部から後頭部の頭髪を採取して、薄くなった部分に移植するという医療技術のことで、世界的に安全かつ効果の高い方法として認められています。この植毛手術には、FUTとFUEという2つの方法があります。

    FUTという手術では、頭髪の状態を確認し、植毛配分などを相談しながら最終的な治療プランを決めます。そしてグラフトという移植用の毛髪を採取するため後頭部の毛髪の一部を2から3mm程度の長さまで切り、頭皮を幅1cmの横長の帯状に浅く摂取します。次に採取した頭皮を顕微鏡の元で毛根単位で3つのサイズのグラフトに短時間で切り分け、その間にグラフト採取部の頭皮を縫い合わせていきます。そして専門医が毛の流れや生え際、密度を考えながら植毛予定範囲に1から2mm程度の小さなスリットを開け、株分けされたグラフトを移植していき手術終了となります。

    幹細胞から毛母細胞を移植する

    AGAの治療は、どんどん進歩しており、体性幹細胞を使って毛母細胞を作り移植するという治療法が実用化される見通しが立っています。つまり自分分自身の健康な毛髪を抜き取り、その毛根部分から幹細胞を採取し、培養したものを患部に移植するという方法で、すでに実用化レベルにまで技術は進んでいます。

    頭皮が喜ぶ習慣

    頭皮を保湿ケア

    私たちは加齢と共に、お肌の乾燥のみならず頭皮の乾燥も問題になってきます。お風呂上がりに美容液や乳液を塗っているにも関わらず、頭皮の方の保湿は全くおろかにしているという人が多いです。頭皮の保湿の方法としては入浴後に頭皮をケアするローションを塗る方法や保湿成分が配合されているシャンプーを使用するなどといった方法があります。特にお勧めなのが保湿成分配合のシャンプーを使うことです。

    頭皮のマッサージ

    加齢によって起こる薄毛の原因の1つに頭皮の血行不良が挙げれますが、頭皮を定期的にマッサージしてあげることで、このような血行不良が改善されて、髪の毛に栄養や酸素が供給されるようになります。頭皮マッサージの方法は簡単で、指の腹で頭を優しく揉んであげるだけ、1日1回3分程度やるだけで頭皮の血行が改善されていきます。また頭皮の血行を促進し、効果的な習慣が毎日、湯舟に浸ることです。

    ホホバオイルで頭皮ケア

    無印良品のホホバオイルは、ホホバの種子から絞った天然オイルを化粧用に生成したもので、無香料無着色で安心してお使いいただけるオイルです。特におすすめなのが、ホホバオイルでシャワー前に頭皮マッサージをすることです。ホホバオイルは皮脂と混ざることで油分を溶かすクレンジング効果に優れており、毛穴に溜まった頭皮の汚れを綺麗に落とすことができます。このオイルは、刺激成分の入っていない天然オイルのため、必要な皮脂まで落としきってしまうことはなく、頭皮を傷つけずに優しいヘアケアを行うことができます。

    鍼灸で発毛促進

    頭皮のマッサージは、血流が良くなることで髪への栄養が行き届きやすくなります。ある研究では毎日4分間の頭皮マッサージの効果を調べると、24週間後、参加者の髪の毛が頭皮マッサージ前よりも太くなっていたことが分かっています。頭皮マッサージが皮膚の下の血管を拡張するのに役立ち、その結果より太くて強い髪の毛につながったのではないかと考えられています。

    東洋医学では「髪は血の余り」と考えるため、頭の鍼で血流を促して、老廃物を流し、頭皮の状態を正常なサイクルに改善し、新陳代謝を活発にさせることで発毛を促進させます。具体的には、鍼で頭部にあるツボや反応点を刺激し、頭皮の血流を促して新陳代謝のサイクルを改善する治療を行います。

    また、肩こり、首こり、頭痛などの症状を改善することで、頭皮への血行不良を改善して、血液が末端まで届くようになれば、髪への栄養補給を十分に行えるようになります。

    どのくらい通院すれば良い

    抜け毛や薄毛は身体の状態の影響するため、年齢・持病・生活習慣・ストレスなどにより治療効果は大きく変わってきます。個人差はありますが、一か月を過ぎた頃から髪が少し生えてくる方が多いです。

    また、最初に実感して頂けるのは、髪のボリュームアップです。血流が改善し、髪に栄養が行き渡るようになると、髪にコシとハリが蘇り、髪全体にボリュームがでます。

    治療を継続して頂ければ、髪がよりしっかりと太く健康になるため、艶のあるきれいな髪質へと変化していくこともあります。通院の目安としては、週1回を継続的に半年から1年間通院するとより効果を実感して頂けます。

    ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

    【本コラムの監修】

    恵比寿院長

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. 頭の鍼が便秘に効く

    2. 頭の鍼で頭の臭い対策

    3. 頭の鍼が「脳疲労」「疲労感」を解消する

    4. 頭の鍼で認知症予防

    5. 頭の鍼が眼精疲労に効果的な理由

    6. 頭の鍼で熟睡眠体験

    7. 他のヘッドスパとは何が違うのか

    8. 頭の鍼で扁桃体を整える

    9. 歯ぎしりには「頭の鍼」

    10. 朝起きてだるい原因「脳疲労」

    11. 頭の鍼で白髪対策

    12. 睡眠の新常識

    13. ほうれい線は側頭筋のこりが原因!?

    14. 頭の鍼でストレス解消

    15. 頭痛の3つタイプ