なぜ「頭の鍼」が首のこりを解消するのか

なぜ「頭の鍼」が首のこりを解消するのか

現代人の首こりの原因の多くが、パソコンやスマホを長時間見る時などの姿勢の悪さ、目の使いすぎなどで筋肉が凝り固まることです。

筋肉は、疲労がたまると徐々にかたくなります。この凝り、つまり固くなった筋肉が血管やリンパ管を圧迫するため、血流が滞り、さらに疲れが溜まりやすくなります。その結果、首や肩のこりを引き起こします。

さらに筋肉が硬直することで神経を圧迫し、その刺激情報が大脳に伝わることで、首や肩の痛みを認識、さらに筋肉や血管を収縮させるという悪循環サイクルを起こします。

痛みのメカニズム
参考「目で見る医書シリーズ 徹底図解くび・肩・腕の痛み」(法研)より改変

頭痛の原因は首や肩のこり

肩こりや首こりを感じている方の半数以上が「頭痛」と「眼精疲労」を伴っています。特に頭痛は約6割の方が併発している症状になります。首や肩こりの症状が頭まで広がる理由は、主に筋肉と血管の2つが関与しているからです。

まず、肩こりは主に背中の僧帽筋(そうぼうきん)という筋肉が凝り固まることで起きます。この僧帽筋は肩甲骨から肩、首まで広く覆っているので、「こり」の部分も首まで含む広範囲になります。

頭痛の原因は首や肩のこり

一方で、首こりの主に後頭下筋群(こうとうかきんぐん:右図)という筋肉の凝り固まることで起きます。この筋肉は、僧帽筋よりも奥深くにあり頭蓋骨と首の骨をつないでいます。

さらに、首の後ろにある筋肉の中でも一番深部にある頭半棘筋(とうはんきょくきん)が凝り固まることで起こるのが緊張性頭痛です。頭痛の大半はこの緊張性頭痛と言われています。

また頭痛の発生に関わる大後頭神経(だいこうとうしんけい)は頭半棘筋を貫いているため、首こりによって筋肉が圧迫されると、その神経も圧迫され、頭痛が起きます。脳に通じる血管の中には、首の骨の中を通っている細い血管があるため、首に異常が発生すると、その影響から頭痛が起こる場合があります。

首こりに「頭の鍼」が効果的な理由

首こりが起こる後頭下筋群は、身体の奥深くにあるため、整体やマッサージでは根本的な原因改善に繋がりません。一時的に症状が和らいでも、ほぐしきれないこりは残り、すぐに元に戻ってしまいます。

鍼灸治療では、こりの部位やそのまわりの血流促進をメインとし、さらに隠れた不調の改善を目的とした治療法です。首や肩まわりの筋肉は後頭部につながっているため、頭の筋肉を鍼でほぐすことで、血流をよくし、首や肩のこりも解消できます。このようにこりの根本的な原因にアプローチできるため、改善効果が見えやすく、効果も持続しやすいと言われています。

関連記事

  1. ヘッドマッサージしてはいけない頭痛

  2. 頭皮を鍼(頭皮鍼・頭鍼)で治療

  3. 頭の鍼が「脳疲労」を解消する

  4. なぜ、頭の鍼+パルス(低周波電流)が身体に良いのか

  5. 頭皮の凝り・むくみ

  6. 「頭の鍼」でなぜ症状が改善されるのか

  7. 頭の鍼(頭皮鍼・頭鍼)の効果

  8. 頭のこりは「3大たるみ」の原因

  9. お家でセルフケア、偏頭痛

error: Content is protected !!