頭の鍼はストレスの緩和に効果的

頭の鍼はストレスの緩和に効果的

職場、家庭、人間関係、経済的な不安、仕事に関することなど、日常生活の中で、私たちがストレスを感じることがよくあります。さらに新型コロナウイルスに対する不安から、より多くのストレスを感じている人もいます。

ストレスと聞くと、嫌なことや辛いことを連想される方が多いかもしれません。しかし、実はうれしいことも楽しいこともストレスの原因になります。毎日を快適に過ごすために、まずはストレスを正しく理解しましょう。

ストレスとは

一般的には、ストレスは嫌なことに対して我慢するなど気持ちを抑圧することにより、処理されない感情が心の中に蓄積している状態のことです。

ストレスの経過にはイライラしたり、異様に肩こりなどで体から危険信号(交換神経が緊張状態)が発せられる「警告期」、疲労感が興奮に繋がったり、逆に脱力感に陥る「抵抗期」、疲れきり、長期に渡るストレスに耐えきれなくなり消耗し、本当の病気に移行する「疲弊期」の3段階で進行します。

心理的症状(抵抗期)身体的症状(警告期)主な病気(疲弊期)
イライラ、感情的になる、精神的に不安定、漠然とした不安感、気分が落ち込む、憂鬱、注意力や集中力の低下、無気力、新しいことに消極的偏頭痛、腹痛、胃もたれ、便秘、下痢、肩こり、腰痛、動悸、めまい、手が震える、生理不順、倦怠感、疲れやすい、疲れがとれない、寝つきが悪い、目覚めが悪い、夜中に目を覚ます、朝起きることができない、食欲不振胃潰瘍、胃がん、十二指腸潰瘍、過敏性腸症候群(腹痛、吐き気、慢性的な下痢、けいれん性便秘など)、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など) 自律神経失調症(めまい、動悸、のぼせ、肩こりなど)、心身症、神経症、うつ病、がんのリスク

一方で良いストレスというのは、何かを達成させる原動力になったり、何かを頑張るための適度な刺激になります。目の前の課題や試練(ストレス)をクリアすることで人間的に成長できたり、充実感や達成感、満足感を得られるのは良いストレスになります。

東洋医学で診るストレス

東洋医学では、ストレスを内因あるいは七情(感情を怒・喜・思・悲(憂)・恐(驚))の乱れとして分類し、それらを身体の五臓と関連づけて、感情が身体のどの部位にどう作用するかを定義しています。

その関係は、肝は(怒り)、心は(喜び)、脾は(思い)、肺は(悲しみ・憂い)、腎は(恐れ・驚き)を司ると言われています。

このように東洋医学では、過度な感情の動きが気の動きに変化をもたらし、関連する五臓や身体に影響を与えることが見いだされていました。そして臓腑(五臓六腑)に繋がる経脈上のツボを刺激し、経絡上の気の流れを調え、臓腑(五臓六腑)を整えることは、結果として精神面の調整にも繋がるのです。

また生理機能として、人は、ストレスを感じると脳の血流が低下します。このストレスがストレス疲れになり「疲労感」を生み出します。

近年の研究では、鍼が身体の正しい箇所に施されるとストレスホルモンの伝達を抑えることが分かっています。つまりストレスに対処する薬の多くと同じく、鍼もストレスホルモンに対して薬と同じように作用します。

特にストレスによる諸症状(不眠症、自律神経失調など)に対して頭の鍼はよい効果が認められています。

頭の鍼治療を受けた多くは、様々な症状の軽減とともに、独自の爽快感を体感し、ストレスの緩和に最も適した治療法の一つになります。

関連記事

  1. 他のヘッドスパとは何が違うのか

  2. 「頭の鍼」でなぜ症状が改善されるのか

  3. 頭の鍼が「眼精疲労」に効果的な理由

  4. ヘッドマッサージしてはいけない頭痛

  5. 頭の鍼が不眠症に効果的な理由

  6. 美容鍼で頭痛の改善(頭皮鍼でツボを刺激)

  7. なぜ「頭の鍼」が自律神経を整えるのか

  8. 頭皮を鍼(頭皮鍼・頭鍼)で治療

  9. 頭の鍼が「脳疲労」を解消する

error: Content is protected !!