歯ぎしりには「頭の鍼」

歯ぎしりには「頭の鍼」

マスクをするようになり食いしばりが増えています。食いしばりによって、頭痛、肩こり、歯がしみる、歯が痛い、不眠、エラ張り、呼吸が浅くなる、姿勢が悪くなる、ストレスなどが症状としてあります。当院に来院される方のおよそ3分の1は歯ぎしりや食いしばり、そして顎関節症に悩んでいらっしゃいます。

歯ぎしりは就寝時に配偶者などからの指摘で気づく人も多いと思いますが、本人も知らないうちに罹患している場合が多くあります。また睡眠中の歯ぎしりに音がしない人の割合が多く、日本人の約7割もの人が歯ぎしりをしているとも言われています。歯ぎしりは放っておくと、さまざまな疾患を引き起こします。

歯ぎしりしている時には奥歯に100kgの力がかかります。その結果、顎の筋肉が極端に発達してお顔にエラ張りに繋がります。また顎関節症を引き起こしたり、歯の根元が割れたり、歯周病が進行するなどの恐れがあり、さらに睡眠の質が悪くなり、眠っても疲れが取れないという悪循環に繋がります。

このように多くの人が悩む歯ぎしりですが、頭の鍼によって改善することができます。

ストレスと浅い睡眠が原因

歯ぎしりは浅い眠りの時に起こることが分かっています。睡眠時は、深い眠りと浅い眠りを交互に繰り返していますが、深い眠りの時には筋肉の動きは抑制されています。眠りが浅くなると抑制がなくなるため、咬筋(頬の筋肉)が動き、歯ぎしりが起こります。

睡眠を浅くする要因(ストエレス、飲酒、喫煙、カフェイン摂取など)の中で、特にストレスが歯ぎしりや食いしばりの原因と言われています。

ストレスを感じると、頭の筋肉が収縮し、血流が悪くなり、硬くなり、それがコリなります。特にコリやすいのが、両サイドのこめかみから耳の周辺の筋肉である側頭筋です。この筋肉は顎の筋肉と連動しているため、歯ぎしりは側頭筋に過大な負荷をかけます。その結果、側頭筋が硬くなり、萎縮し、さらに歯ぎしりがひどくなるという悪循環が起きてしまいます。

東洋医学では、歯ぎしりを噛歯(ごうし)といいます。歯ぎしりは心因的な感情(ストレスなど)が根底にあると捉えられ、五臓六腑の「肝」の不調に関わりがあるとします。この「肝」は神経や感情をコントロールする役割があると考えられており、ストレスなどによりこの「肝」の働きが乱れると感情のコントロールがうまくいかなくなり、不眠、怒りっぽい、焦燥感などの症状が現れます。このような精神的な緊張が筋肉の過緊張を起こす原因になります。

また、自律神経は睡眠の質や筋肉の緊張にも大きく関わっており、特に交感神経が優位になりすぎる状態が続くと、精神的な緊張が全身的な筋緊張を招いてしまいます。

このような精神的な緊張をほぐすことができるのが頭の鍼です。頭の鍼は、自律神経系のバランスを整え、東洋医学的観点から肝、心に関わるツボに刺激を与えることができます。

さらに歯ぎしりや噛みしめ影響による顎や首や肩の筋肉の過度な緊張を解き、顎関節へかかる負担を軽減することができます。また鍼に微弱な電気(パルス)を流すことで鎮痛作用や筋緊張の緩和、血液循環を促すことができます。

現代社会では、肉体の疲れよりも、精神的な疲れや、パソコンやスマホの使いすぎによる疲れが多くなっています。その結果、頭にコリがある人がほとんどです。頭のコリは、歯ぎしりはもちろん、頭痛、肩こり、眼精疲労や睡眠障害の原因となります。これを解消することで、多くの疾患の改善が期待できます。

歯ぎしりの改善

歯ぎしりの原因は顎に老廃物が溜まって、その老廃物を押し出そうとして夜中に強く噛むことが原因の一つだと言われています。この老廃物を流すためには、毛細リンパ管を開いてあげる必要があります。またコリで筋肉が固まると、血流が滞り老廃物が溜まり、新陳代謝が悪くなるという悪循環に陥ります。

この老廃物を流す簡単な方法は、耳を回しながら顎を動かすことです。食いしばりで力が加わっているとリンパ管は閉じて流れなくなっているため、顎を動かして関節によるポンプ作用でリンパを流すことができます。また耳の裏には「ファイシア」という体全体につながる部位があります。

「ファイシア」は、真綿のような繊維状の物質で、体の骨や筋肉、血管、臓器の間にあり、ほぐして刺激してあげることで、ファイシアが元の場所に戻ろうとして、それにくっつく筋肉も元の場所に戻り、歯ぎしりが解消されます。さらに耳たぶに迷走神経耳介枝という副交感神経の枝があり、そこを耳たぶを回してあげることで刺激することができ、自律神経を整える効果も期待できます。

頭の鍼では、鍼の刺激によって血流が促進されると、咬筋をはじめ、それと連動する側頭筋もほぐれ、溜まっていた老廃物が流れます。結果、血流が改善され食いしばり・歯ぎしりの改善が期待できるのです。

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 頭に鍼(頭皮鍼・頭鍼)の効果

  2. 頭の鍼が眼精疲労に効果的な理由

  3. ヘッドマッサージしてはいけない頭痛

  4. 頭の鍼が便秘に効く

  5. ほうれい線は側頭筋のこりが原因!?

  6. 頭の鍼はストレスの緩和に効果的

  7. 頭の鍼で慢性腰痛を改善

  8. 「頭の鍼」でなぜ症状が改善されるのか

  9. 頭のこりと体のつながり

  10. 他のヘッドスパとは何が違うのか

  11. 頭の鍼で自律神経を整える

  12. 頭の鍼が「脳疲労」「疲労感」を解消する

  13. 頭の鍼が不眠症に効果的な理由

  14. なぜ「頭の鍼」が肩・首こりに効くのか

  15. 「頭の鍼」でネガティブな感情をコントロール