ヘッドマッサージしてはいけない頭痛

日本人の4人に1人が頭痛に悩んでいると言われています。この頭痛にはいくつかの種類があり、頭痛の種類によって治療が異なります。誤った治療をすると酷くなる場合があります。

ヘッドマッサージのお店の中には、「全ての頭痛にヘッドマッサージ(頭皮マッサージ)が良い」という宣伝文句を書いているところがありますが、ヘッドマッサージしてはいけない頭痛があります。

今回は頭痛の種類と症状に加え、頭痛の種類に応じた治療を解説します。

頭痛の種類と症状

頭痛の症状は、重大な病気の前兆の場合もあり、決して頭痛を軽視してはいけません。このような病気と関係する頭痛の代表例は、くも膜下出血、脳腫瘍、脳出血などを伴うものです。

「激しい痛み」「手足の麻痺やしびれ」「吐き気や嘔吐」が表れた場合は、直ちに救急車を呼んでください。とは言っても、頭痛全体の90%以上が一次性頭痛(機能性頭痛)になります。

治療の対象となるのは、一次性頭痛と言われるストレスや生活習慣によるものです。さらに、おおまかに緊張型頭痛、偏頭痛、群発性頭痛の3種類に分かれます。

種類原因症状対策
緊張型頭痛    ・ストレスや長時間のデスクワークなどで、血行が悪くなることが原因
・肩こりや首のこりを伴うことが多い
・男性より女性のほうが1.5倍程度多い割合で生じる
・頭全体が締め付けられるような痛み
・一定の痛みが継続する
・後頚部から後頭部の筋肉が緊張して痛みを伴う
・頭皮マッサージやストレッチ
・入浴(39度ぐらいの温度)
・適度な運動
偏頭痛    ・神経伝達物質により、血管が圧迫されて血液の循環が悪くなることによって痛みが生じる
・脳の血管が拡張することで起こる
・20~40歳代の女性に多い
・ズキンズキンと脈を打つような痛み
・月に1~2回、多い人では週に1回程度で起こる
・1回あたりの痛みは数時間程度の場合が多い
・頭皮マッサージ、その他のマッサージ、運動、入浴は控えた方が良い
・こめかみや首を冷やす
・静かで暗いところで安静にする
群発頭痛  ・目の後ろを通っている内頸動脈が拡張して炎症が起きるためではないかと考えられている
・正確な原因は不明 ・女性よりも男性に多く見られる
・目をえぐられるような激しい痛み
・片側のみ起こる
・一年のうち決まった時間や時期に起こり、痛みは15分から3時間程度続く
・専門医の診察が必要
・飲酒は控える
・規則正しい生活を行う  

緊張型頭痛も偏頭痛も、精神的なストレスが大きな原因と考えられていますが、激しい痛みを伴ったり、痛みが改善されない場合は、専門医の診察が必要です。

偏頭痛への「頭の鍼」の効果

緊張型頭痛の場合は、鍼やヘッドマッサージで血行を良くすることが効果的です。

一方で偏頭痛は、ヘッドマッサージは控えた方が良いですが、偏頭痛に対する鍼の効果については、今現在も多くの研究が進められており、様々な研究結果から鍼治療が有効なのではないかと言われています。

偏頭痛は血管の拡張と炎症が関わっているため、鍼によって頭の血流を良くしすぎてしまうと、むしろ悪化させてしまう場合があります。

そこで急性期の炎症を起こしている頭部への刺激は最低限に抑えて手先・足先や下半身を中心に血流を改善させていくのが効果的です。片頭痛は痛くて辛い頭部に注目しがちですが、身体の状態の確認がまず大切です。

偏頭痛は、東洋医学用語でいう「下虚上実」です。「下虚上実」とは文字通り「下半身が虚弱で足が冷えることで上半身が過度に充実」している身体状況になります。つまり過度に頭に血が上る病態なので、頭部の血を四肢末端に戻してあげることを考えるのです。

様々な疾患は「慢性化」すると、改善・回復が長引く事がわかっています。全国で慢性の痛みで悩まれている方は、2600万人とも云われ、約25%くらいしか治療に満足していないと云われています。それだけ慢性化すると改善・回復が難しいと云う事を物語っています。

関連記事

  1. 頭の鍼が「眼精疲労」に効果的な理由

  2. なぜ「頭の鍼」が首のこりを解消するのか

  3. お家でセルフケア、偏頭痛

  4. 美容鍼で頭痛の改善(頭皮鍼でツボを刺激)

  5. なぜ「頭の鍼」が自律神経を整えるのか

  6. なぜ、頭の鍼+パルス(低周波電流)が身体に良いのか

  7. 他のヘッドスパとは何が違うのか

  8. 頭の鍼はストレスの緩和に効果的

  9. 頭の鍼が不眠症に効果的な理由

error: Content is protected !!