お家でセルフケア、代謝をあげる

お家でセルフケア、代謝をあげる

代謝が低下すると

  • 汗をあまりかかない
  • 肌の再生ができないので肌アレや肌老化が進む
  • 太りやすくなる

など様々な不調が現れます。

代謝が低下する原因は

脂肪分の多い食べ物や身体の冷え、筋力の低下によって血流が悪くなることでも代謝が落ちてしまいます。
また、自律神経が代謝を調整しているので、ストレスによって自律神経の働きが乱れることでも代謝は低下します。

東洋医学では「肝」と「腎」の働きが低下すると、解毒や老廃物の排出が滞り、代謝が低下すると考えます。

代謝をあげるツボ

内臓の働きを高める※中脘、冷えを予防し、免疫を高める※気海、

内臓の働きを高める※中脘、
冷えを予防し、免疫を高める※気海、


元気のエネルギーのツボ※関元、新陳代謝を促す※身柱を刺激してください。

元気のエネルギーのツボ※関元、
新陳代謝を促す※身柱を刺激してください。

ただし、ツボだけ押していれば代謝が高まるわけではないので、身体を温めたり、動かしながらツボ刺激を取り入れてください。

関連記事

  1. お顔のセルフケア(ほうれい線、フェイスラインの崩れ)

  2. ほうれい線は「シワ」ではなく頬の「たるみ」

  3. お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

  4. 自律神経のバランスを取り戻すツボ

  5. お家でセルフケア、疲れやすい

  6. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  7. お家でセルフケア、薄毛のツボ

  8. お顔のセルフケア(目の下のたるみ、上まぶたのたるみ)

  9. 自立神経と女性ホルモンのバランスを整えるツボ

error: Content is protected !!