お家でセルフケア、目元のたるみ

力を鍛えたり、頭皮の血行を促すことで進行を遅らせることができます。

目のまわりには眼輪筋というまぶたを支える筋肉が一つしかありません。
また、私たちの目の周りにたは衝撃から守るために眼窩脂肪という脂肪に覆われており、加齢により目元の筋力が落ちると、この脂肪を支えられなくなり目元がたるみます。

長時間のPCや携帯画面を見る生活を続けていると瞬きの回数も減り目の筋力が低下し、年齢的に若くても
たるみが生じます。さらに頭の凝りや血行不良も目元のたるみの原因に。
目元のたるみを改善するには、目元だけでなく、頭皮もアプローチしましょう!

目のたるみのツボ

目の周りの血行を促す※四白や※承泣、

四白や承泣

むくみにも効果的な※糸竹空、目と関係のある首のツボ※天柱を刺激するのがおすすめです。

糸竹空、天柱

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. お家でセルフケア、代謝をあげる

  2. 東洋医学で診る、肩こりと美肌

  3. ほうれい線は「シワ」ではなく頬の「たるみ」

  4. 自律神経のバランスを取り戻すツボ

  5. 東洋医学で診る、眉間のシワ

  6. 【お顔のセルフケア】ほうれい線・フェイスラインの崩れに効くツ…

  7. お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

  8. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

  9. 自立神経と女性ホルモンのバランスを整えるツボ

  10. 頭痛に効くツボ

  11. 【お顔のセルフケア】目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツ…

  12. お家でセルフケア、肌荒れのツボ

  13. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  14. 鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

  15. フェイスラインのたるみ撃退法

error: