東洋医学で診る、敏感肌

東洋医学で診る、敏感肌

実は、医学的に「敏感肌」という定義はありませんが、ちょっとした刺激で肌が赤くなったり、かゆみを感じる方がたくさんいます。

この敏感肌の原因のひとつが、お肌の「乾燥」です。敏感肌は外からの刺激(紫外線、埃、排気ガス、花粉など)から守る力が弱まり、肌の中にある潤いも保てない状態が起こっています。

また、敏感肌は間違ったスキンケアや生活習慣による場合もあります。安全性が高く刺激のないスキンケア商品を選び、オーガニックや無添加コスメなどといった呼び方ではなく、配合成分をチェックして選びましょう。またクレンジングの仕方や、紫外線対策も敏感肌の改善には大切です。

そして、敏感肌を改善するための基本となるのは「保湿」です。保湿でバリア機能を正常化させること、そして食生活を中心とした内側からのケア、ストレスをためない生活も改善には大切です。

東洋医学ではバリア機能は〝肺〟

肌の「乾燥」は角層のバリア機能の低下になります。この状態が続くと肌は乾燥し、赤みや吹き出物、さらにはシミ、シワ、たるみまでの肌トラブルに繋がります。

東洋医学ではバリア機能は〝肺〟にあります。〝肺〟は肌のうるおいをコントロールしたり、毛穴や汗腺の開け閉めを司ると考えられています。
また、肺は西洋医学にも似た働きの呼吸のほかに、免疫力、水分代謝、アレルギーに関わります。

東洋医学的に肺が弱い方は

  • 花粉症などのアレルギー体質
  • 風邪をひきやすい
  • ウイルスにかかりやすい
  • 肌が弱い
  • 乾燥している
  • 敏感肌

という症状がでてきます。

このように〝肺〟は身体の中に入るとよくないもの(邪)を入れないように関門の役割をしてくれています。

また、中医学では肌も〝肺〟の一部とみなしており、〝肺〟が潤うことで、お肌も綺麗になります。そのため、〝肺〟が潤す食べ物である、キムチ、大根、かぶ、キャベツ、玉ねぎ、白ネギ、梨などを食べることも大切です。

肺の機能を高めるツボ

●尺沢(しゃくたく)
肘窩の中央で、肘を曲げると現れてくる太い腱(上腕二頭筋腱)の親指側の縁

● 孔最(こうさい)
尺沢と、掌の親指側の膨らみ(母指球)の下(手首)に向かって線を引き、そのライン上で尺沢から指4本分の所

●魚際(ぎょさい)
手の親指の付け根にある膨らみ。手の平側と甲側には赤白の境目を押しながらずらしていき、少し凹んだところ

痛気持ちいい程度に刺激をしてみてください。

関連記事

  1. 年々お顔、くすんできませんか?

  2. 〝鍼は痛いですか?〟

  3. 美容鍼、HIFU、エレクトロポレーションのリフトアップ効果…

  4. 美肌と睡眠の関係

  5. 美容鍼はなぜ効くの?

  6. お肌の3大敵(シワ・たるみ・くすみ)

  7. 首のシワには美容鍼

  8. 【質問】美容鍼って何ですか?

  9. 美容鍼で眉間のシワを防ぐ

error: Content is protected !!