お顔のセルフケア(二重あご・首のつまり(たるみ))

美容鍼の効果を持続させるための「お顔のセルフケア」をお伝えします。

1日1分のツボ押しで、より輝くための肌づくりを!

★小顔のお悩みのお悩み★

二重あごやつまった首、フェイスラインの崩れなどは、顔を大きく見せてしまう原因。あごのライン、目や鼻のまわりの筋肉を引き締めれば、メリハリのある小顔になれます。

二重あごに効果的なツボ

頬のたるみでフェイスラインが崩れることに効果的なツボをご紹介します。

  • 頬車(きょうしゃ)/あごの角にあり、歯を喰いしばった時に出る筋肉の真ん中
  • 下関(げかん)/頬骨の下で耳から約2cm前方

頬のハリを取り戻す「頬車」、頬のたるみによる目や口のゆがみに効果的な「下関」のツボ。

首のつまり(たるみ)に効果的なツボ

たるみによってスッキリ見えないお顔に効果的なツボをご紹介します。

  • 廉泉(れんせん)/喉仏の上
  • 承漿(しょうしょう)/あごの真ん中で唇の真下
  • 上廉泉(かみれんせん)/顎の真下の少し凹んだ部分

「上廉泉」は二重あごをスッキリさせてくれるツボ。「承漿」「廉泉」は首のたるみと小顔に効果のあるツボ。

お顔のツボ押しは、イタ気持ちいい程度、毎日1分、不調の時は控えましょう!

それでは、お忙しいかと思いますが、くれぐれもお身体には気をつけ下さい。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  2. お家でセルフケア(フェイスラインの崩れ)

  3. お家でセルフケア、疲れやすい

  4. 目がお疲れの方に(眼精疲労)

  5. 東洋医学で診る、太りにくい体づくり

  6. ○○が弱いと”たるみ”がでやすい

  7. お家でセルフケア、薄毛のツボ

  8. ダイエット、ストレスを減らすツボ

  9. 美しさを引き出すツボ『コレだけ覚えておきたい』

error: Content is protected !!