ダイエット、ストレスを減らすツボ

ストレスを感じると食欲が増進

「食べたい」という欲求は、脳の内側にある「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」から生まれます。

大脳辺縁系とは、脳の食欲、性欲、睡眠欲などをコントロールする部分で、ストレスを感じると興奮してドーパミンを分泌します。このホルモンは、食欲をコントロールする「摂食中枢」を刺激して、食欲を増加させます。

同時に、ドーパミンは満腹中枢を刺激して食欲を抑える「レプチン」の働きを抑制するので、いつも通りの量を食べていても満腹感を感じにくくなってしまいます。

このような欲求は、「動物脳」によるもので、生存を脅かすようなストレスがかかると暴走してしまいます。この暴走をコントロールするには、知識や情報を冷静に処理して判断する「人間脳」を適切に働かせる必要があります。

また、ストレスを感じると分泌されるストレスホルモン「コルチゾール」の働きも過食に深く関係しています。コルチゾールが分泌されると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が減少。セロトニンの食欲を抑える働きが抑制されるために、食欲が増してしまうのです。

ダイエットで「食べたい」という感情を抑え込もうとすればするほど、また結果を早く出そうとして急に食事を抜いたりすれば、まずます「動物脳」が働いてしまいます。

食事量を少しづつ減らし、血糖値が急激に上がらない食事に変更するなどして、「動物脳」にかかるストレスを軽減することが大事です。
ダイエットにはストレスを軽減することが大事。「食べたい」気持ちは抑えられるツボを上手に活用しましょう!

ストレスを減らすツボ

労宮(ろうきゅう)⇒「疲労の館」と言われるツボで、ストレスを軽減させます。
内関(ないかん)⇒内関は「心包」のルートにあり、心に安定をもたらします。

労宮(ろうきゅう)
内関(ないかん)

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください!

関連記事

  1. ○○が弱いと”たるみ”がでやすい

  2. お家でセルフケア、目元のたるみ

  3. お家でセルフケア、くま・すくみ

  4. フェイスラインのたるみ撃退法

  5. お家でセルフケア、眠れない

  6. お家でセルフケア、顔のむくみ

  7. 東洋医学で診る、眉間のシワ

  8. 円皮鍼(えんぴしん)でセルフケア

  9. お家でセルフケア、薄毛のツボ

error: Content is protected !!