ダイエット、ストレスを減らすツボ

ダイエット、ストレスを減らすツボ

「食べたい」という欲求は、脳の内側にある「大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)」から生まれます。

大脳辺縁系は、食欲、性欲、睡眠欲などをコントロールし、ストレスを感じるとドーパミンを分泌します。このホルモンが食欲をコントロールする「摂食中枢」を刺激し、食欲を増加させます。

同時に、ドーパミンは満腹中枢を刺激して食欲を増進させるホルモンの「レプチン」の働きを抑制するため、いつもの食事量を食べても満腹感を感じにくくなります。

このような欲求は、「動物脳」によるもので、生存を脅かすようなストレスがかかると暴走してしまいます。この暴走をコントロールするには、知識や情報を冷静に処理して判断する「人間脳」を適切に働かせる必要があります。

また、ストレスを感じると分泌する、ストレスホルモンの「コルチゾール」の働きも過食に深く関係しています。コルチゾールが分泌されると、幸せホルモンと呼ばれる「セロトニン」が減少します。セロトニンによる食欲を抑える働きが抑制されるために、食欲が増してしまうのです。

ダイエットで「食べたい」という感情を抑え込もうとすればするほど、また結果を早く出そうとして急に食事を抜いたりすれば、まずます「動物脳」が働いてしまいます。

食事量を少しづつ減らし、血糖値が急激に上がらない食事に変更するなどして、「動物脳」にかかるストレスを軽減することが大事です。
ダイエットにはストレスを軽減することが大事。「食べたい」気持ちは抑えられるツボを上手に活用しましょう!

ストレスを減らすツボ

労宮(ろうきゅう)⇒「疲労の館」と言われるツボで、ストレスを軽減させます。
内関(ないかん)⇒内関は「心包」のルートにあり、心に安定をもたらします。

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください!

【本コラムの監修】

恵比寿院長

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. お家でセルフケア、眠れない

  2. お家でセルフケア、顔のむくみ

  3. 自律神経のバランスを取り戻すツボ

  4. お家でセルフケア、代謝をあげるツボ

  5. 円皮鍼(えんぴしん)で小顔・美肌効果

  6. 鍼の好転反応(ニキビと余分な熱)

  7. 目の下のたるみ・上まぶたのたるみに効くツボ

  8. 慢性腰痛を湿布(冷やして?)で治す

  9. 3つのツボで美顔を保つ

  10. お家でセルフケア、頭痛に効くツボ

  11. 東洋医学で診る、肩こりと美肌

  12. 【お顔のセルフケア】二重あご・たるみに効くツボ

  13. 「運動」と「食事」が美肌のカギ

  14. お家でセルフケア、足のむくみ

  15. お家でセルフケア、薄毛のツボ

error: