頭痛に効くツボ

頭痛に効くツボ

頭痛には種類があり、それぞれに対処法も変わり、間違えた対処法は頭痛を悪化させますのでご注意ください。今回は頭痛の中で1番多い緊張性頭痛のツボを紹介します。

『緊張性頭痛』

首から肩、後頭部周辺の筋肉が収縮して血行が滞ることで、溜まってしまった乳酸などの老廃物が神経を刺激して起こります。
デスクワークなど長時間同じ姿勢を続けていると起こりやすい頭痛です。

・特徴

頭全体が締めつけられるように痛む。
一定の痛みが長時間続く。
体を動かすことで痛みが軽くなる。
目の疲れ、肩や首のこりを伴う事がある。

・対処法

血管の収縮が原因で起きるので、まずは血行をよくすることが大切です。体を温めて筋肉の緊張をほぐし、血行を促しましょう。

緊張性頭痛に効くツボ

緊張性頭痛に効くツボ

○肩井(けんせい)

乳頭から真上に手をすり上げ、肩の一番高いところを押して痛みを感じるところが肩井です。

○風池(ふうち)

首の後ろの左右のスジに指をおき、指をすり上げていきます。髪の生え際まできたら、左右外側のくぼみでいちばんへこんでいるところが風池です。

関連記事

  1. 東洋医学で診る、目の疲れ(眼精疲労)のツボ

  2. お家でセルフケア、足のむくみ

  3. お顔のセルフケア(口のまわりのたるみ、頬のたるみ)

  4. 目がお疲れの方に(眼精疲労)

  5. 円皮鍼(えんぴしん)でセルフケア

  6. お家でセルフケア、眠れない

  7. お家でセルフケア、首のコリ

  8. お家でセルフケア、くま・すくみ

  9. 美しさを引き出すツボ『コレだけ覚えておきたい』

error: Content is protected !!