インディバとハイパーサーミア

    インディバとハイパーサーミア

    高周波(ラジオ波)は、深部加温だけでなく鎮静やむくみ、細胞関与にも、医学的な作用が実証されています。そのため治療の補完、術後ケア、スポーツ医療、予防美容やアンチエンジグ分野などで幅広く使用されています。

    まず、高周波温熱治療器の代表であるインディバの説明を引用します。

    INDIBA® は正しい組織の機能を可能にする細胞の電気的活動を復元することで細胞内外のイオン交換を活性化する唯一のシステムであるプロイオニック・ システムについて、これまで行ってきた医学的研究を通して言及しています。
    我々のActive Cell Therapyの基礎となる周波数0.448MHzに基づくこのシステムは、細胞生理学を尊重しつつ、生体刺激、微小循環を活性化し、代謝の超活性化を促します。
    この波長は細胞内外マトリックス間のイオンの移動に適しており、細胞膜の透過性と電位を復元します。細胞の電気的な均衡は、血流を通して循環する酸素や栄養分の供給を助ける組織の修復を最適化します。循環系の活性化(微小循環・血管拡張)が、コラーゲンを生成する線維芽細胞の増殖や代謝活性を促します。これらが0.448MHzの高周波による組織の再生へとつながるのです

    https://indiba.co.jp/

    高周波(ラジオ波)でケガの治療

    高周波は、スポーツ分野では捻挫や肉離れ、骨折などの損傷において損傷直後も使用されており、急性期から慢性期まで、損傷組織の早期回復、瘢痕組織改善、腫脹軽減、可動域改善など多くの有用性が確認されています。

    例えば、スポーツで肉離れを起こした場合、受傷直後はアインシングして内出血を抑えることが大切(一方でアイシングは炎症回復を遅らせるとも言われています)ですが、炎症を長期化させないための施術も必要になります。湿布を貼ることで痛みを紛らわすことは可能ですが、逆に冷やして循環不良を起こして腫れが引きにくくなるケースもあります。

    細胞の生体刺激 / 非熱

    このような場合には、非熱で高周波を部位に当てることで、本来体が持つ自然治癒力を活性化することができます。非熱作用時でも高周波エネルギーで細胞膜の透過性を改善でき、これによって細胞内外のイオン交換を増加させ、効果的な組織の再生を促します。細胞への酸素供給と代謝が上がります。

    その結果、傷の修復・早期回復・腫れや痛みの軽減が可能になります。また傷を修復だけでなく細胞の再生過程で瘢痕組織(筋肉にしこりの様なもの)残らないようにすることが可能です。

    微小循環 / 温熱(血管新生)

    次に急性期を過ぎた部位には、しっかり加温することで、微小循環の増加による生体刺激が、組織の修復に必要な要素を組織に供給します。その結果、毛細血管の血管拡張は組織に栄養と酸素を供給し、静脈およびリンパ管の再吸収を改善します。つまり血管拡張することで、痛みの減少・柔軟性アップ・可動域の改善・代謝促進が可能です。

    高周波(ラジオ波)で超活性化

    インディバの生物学的効果で有名なものにイパーサーミアと呼ばれる高周波エネルギーによる超活性化があります。本来はガン治療に温熱を加えてガンを死滅させる方法ですが、頑固な筋肉の硬結や瘢痕組織・腱の癒着による関節の可動域制限に効果を発揮することが分かっています。

    筋肉はたくさんの筋繊維が束になって集まった集合体ですが、筋繊維が傷つくと痛みが出現します。例えばトレーニングで負荷を与えると、筋繊維が傷つき、その修復過程で筋肉痛が起こります。この再生過程で細胞が活性化するのですが、高周波をかけると、ハイパーサーミアが細胞の代謝を大幅に高め、線維症を避けるための組織内の修復プロセスを開始します。

    過去の外傷または関節炎の長期的な結果としてすでに線維症が見られるような慢性期でも組織は修復されます。つまり傷の修復に必要な栄養や酸素を運び代謝が上がり、内出血や痛みの緩和が可能となるのです。

    また、重度の筋損傷の場合、再生する過程で硬く繊維化(瘢痕組織)しやすいと言われています。そのため筋肉の本来の柔らかさが無くなり再負傷しやすくなります。このような状態にもインディバの活性化が有効に働きます。

    コリ(硬結)の緩和

    押してみて周りの筋肉と比較して触るとコリコリした部分(硬結)がある場合、これは血液とリンパ液の循環不良で疲労物質が溜まり、筋肉内部の筋線維が収縮した部分です。また循環不良で酸素欠乏になると、微細ですが筋肉の中の血管や神経・リンパ菅の組織を傷めてしまい、さらに硬結部分が痛みに過敏になります。さらに炎症と痛みは交感神経を興奮させ、血管や筋肉が収縮し、更なる循環不良を引き起こすため、硬結が悪化するという悪循環に陥ります。

    この硬結は押されると強い鋭い痛みが伴うので、しっかり加温して筋肉を緩めてから、鍼やマッサージを行うことで痛みの緩和が期待できます。

    【本コラムの監修】

    恵比寿院長

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. インディバとキャビテーションの違い

    2. インディバ(下半身)脚部集中

    3. ヒートショックプロテインでシワ・シミ予防

    4. インディバで内臓温度を上げる

    5. インディバで腸マッサージ

    6. インディバで幸せホルモン(セロトニン)分泌

    7. インディバと鍼灸で術前・術後ケア

    8. インディバフェイシャルの効果

    9. 東洋医学×インディバ

    10. 生理痛・PMSには鍼灸とインディバ

    11. インディバで疲れやだるさ解消(だる消し)

    12. インディバと鍼灸で坐骨神経痛ケア

    13. インディバで胸の筋肉を柔らかくしてバストアップ

    14. インディバでお腹、腰回り、ヒップ(臀部)のケア

    15. インディバでファシア(筋膜)の改善