インディバと脂肪細胞

    インディバと脂肪細胞

    私たちには2種類の脂肪があります。大きさや機能の違いにより白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類に分けられます。それぞれ役割があり、白色脂肪細胞は、脂肪をエネルギーとして蓄える「エネルギー貯蔵庫」として働きます。褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞を分解して熱にする「脂の燃焼組織」です。因みにベージュ脂肪細胞という白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の中間にあたるものが発見されています。

    白色脂肪細胞

    白色脂肪細胞は、過剰な脂質や糖分を中性脂肪として蓄える「エネルギー貯蔵庫」としての働きがあります。皮下や内臓周囲など全身のいたるところにあり、脂肪を蓄えすぎると肥大化します。

    またある分子(Bmal1)の増加によって細胞内の脂肪蓄積量が増えることが分かっており、特に22時以降に発現が急増するため、夜中の食事は太りやすい原因のひとつと考えられています

    褐色脂肪細胞

    白色脂肪細胞より小さくて、数も白色脂肪細胞ほど多くなく、肩甲骨、首筋、心臓、腎臓の周囲に存在しています。

    特徴は、細胞内にミトコンドリアが多く存在しており、白色脂肪細胞から遊離された脂肪酸を取り込んでミトコンドリア内で熱エネルギーに変換しています。つまり、褐色脂肪細胞は白色脂肪細胞を燃焼させエネルギーを作り出すことで体温を維持しています。それがいわゆる平熱です。また寒い環境下では、交感神経が活発化して体温が下がりすぎないよう熱を生み出します。

    これまで褐色脂肪細胞は乳児期にのみ存在し、成長するにつれ無くなると考えられていましたが、近年成人であっても肩甲骨周囲や脊椎周囲に存在していることが明らかになっています。

    そしてこの褐色脂肪細胞の機能低下や数の減少が、生活習慣病やメタボリックシンドロームの原因になることも分かっています。

    食べて脂肪を燃やす

    生姜は体温を上げて代謝を促す効果があるというのを聞いたことありませんか。食品の中には、自律神経に作用して体温を上げて脂肪の燃焼を促すものがあります。その代表が唐辛子や生姜です。

    唐辛子や生姜の辛み成分のカプサイシンやジンゲロールが胃腸にある『温熱受容体』に作用すると、脳を経て脂肪細胞の交感神経活動が高まります。その結果、白色脂肪では脂肪の分解が、褐色脂肪では脂肪の燃焼が促進されます。また、白色脂肪細胞を、褐色脂肪細胞のように脂肪を燃やす「ベージュ細胞」に変化させる働きがあることもわかっています。

    温熱受容体


    https://doors.nikkei.com/atcl/wol/column/15/012200052/112500123/

    体温を上げることによるダイエット効果

    褐色脂肪細胞は簡単にいうと「体熱発生装置」で、体の中でエネルギーを消費して体温をあげる役割があります。痩せ型の人は褐色脂肪細胞が活性化しているため太らないと言われており、褐色脂肪細胞が多い人は、エネルギー代謝が活発で太りにくい体になります。

    ただし、褐色脂肪細胞は筋肉の強さや骨格の太さと同じように個人差があります。褐色脂肪細胞は首の後ろ、肩甲骨の間、脇の下などに集中していますので、この部分を集中的にケアすることで褐色脂肪細胞を活性化して、脂肪燃焼しやすいお体にすることが可能です。

    美容高周波温熱器は、ジュール熱による「深部加温」が可能です。怠けていた褐色脂肪細胞の活動を活発化させて、太りにくい体にしていくことができます。体の深部から体温を上げることで基礎代謝が良くなり、褐色脂肪細胞が活性化するため、ダイエットで効果が期待できます。

    さらには、運動をすることでその褐色脂肪細胞は増えるため、体温を上げて、運動して褐色脂肪細胞を増やすことができれば、より効果的なダイエットが可能になるでしょう。


    【本コラムの監修】

    HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

    ・経歴
    大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

    関連記事

    1. インディバで幸せホルモン(セロトニン)分泌

    2. ヒートショックプロテインでシワ・シミ予防

    3. インディバで内臓温度を上げる

    4. お腹周りの脂肪を落とす

    5. インディバで疲れやだるさ解消(だる消し)

    6. インディバ(下半身)脚部集中

    7. インディバでお腹ケア(皮下脂肪、内臓脂肪、腸活)

    8. 高周波温熱治療(ラジオ波)

    9. インディバフェイシャルの効果

    10. インディバとキャビテーションの違い

    11. インディバで腸マッサージ

    12. インディバでお腹、腰回り、ヒップ(臀部)のケア

    13. インディバと鍼灸で坐骨神経痛ケア

    14. 東洋医学×インディバ

    15. インディバとハイパーサーミア