自律神経のバランスを取り戻すツボ

怒りの感情や落ち込んだりする感情は、東洋医学では〝肝〟と関わりがあるとされています。わけもわからずに不安に陥る、急に憂鬱になり落ち込む、といった症状が出たときは、心と身体が強い緊張状態にあります。

このような緊張状態から、ストレスやホルモンの働きが乱れてしまい、その結果として、様々な不快な症状が慢性的に起こってしまいます。

不安や憂鬱といった状態は、多くの場合で自律神経の働きが乱れています。この自律神経は、私たちが意識しないでも勝手に働いてくれている神経です。だからこそ心身の緊張を解きほぐし、自律神経を整えることが大切なのです。

自律神経とは

自立神経は、私たちが意識的に動かせない部分、例えば心臓や胃腸の動きなどの生きる上で大切な部分の働きをコントロールしている神経です。24時間休みなく働いてくれて、日々の活動に必要な準備を身体の中で整えてくれます。

また、外気温度の変化に合わせて体温調整や体内湿度調整を行うのもの自律神経の働きです。暑ければ発汗を促したり、血液量の変化なども自律神経が各組織に作用して調整します。

しかし、自律神経が乱れると、身体のコントロールができなくなり、必要以上の汗をかく、反対に汗がかけなくなる、また冷えやドライアイ、人によっては吐き気などの症状が起こります。このようにバランスが崩れることによって、様々な不調が起こるため、自律神経を整えることが大切なのです。

交感神経と副交感神経

自律神経には、交感神経と副交感神経があります。

交感神経は「外での活動を中心に担う神経」で、副交感神経は「身体内部の活動を中心に担う神経」です。

交感神経が活発になることで、心臓の鼓動を高めたり、呼吸を早めたり、脂肪を分解してエネルギーを生み出したり、活動するためにて適した身体の状態をつくり出してくれます。また、現代人にとっては、必要な情報や知識を得る時にも交感神経は活発に働きます。

それに対し副交感神経は、身体を健全に維持するための働きをし、消化・排せつ・睡眠・細胞の修復などを担います。特に副交感神経を働かせることで、筋肉とゆるめ、脈や呼吸を穏やかにし、血管を広げてリラックス状態にすることもできます。

この2つの神経が状況に応じて強弱が切り替わり、常に両方が支え合って働いています。このバランスが崩れると、心や身体に乱れが生じます。

自律神経と鍼

中医学の基本的概念では、鍼の治療によって『陰』と『陽』のバランスを回復するとことが身体状態の回復へ繋がる、と考えられています。つまり『陰』と『陽』のバランスが取れている時、人は健康でいることができると考えます。

『陰』と『陽』の2つの性質は、とてもシンプルです。

『陰』は「柔かさ」や「静けさ」があり、冷たく重たく内側・下方向へと向かう性質で、『陽』は「強さ」や「動き」があリ、温かく軽く外側・上方向へと向かう性質を持っています。

世の中すべてを単純化して考えると、表裏、昼夜、男女といったあらゆるものも陰陽に分類する事ができます。

このような『陰』と『陽』の概念は、東洋医学の根本概念の一つですが、これを現代の医学に置き換えるなら、「鍼治療によって『交感神経』と『副交感神経』の活動のバランスを調整する」とも言えます。

交感神経と副交感神経の活動のバランスが崩れることによって、引き起こされる様々な不快な症状は、鍼治療が効果を発揮することを多くの研究が証明しています。

特に鍼治療による刺激は、異なる脳領域を活性化するだけでなく、関連する神経伝達物質を介して自律神経のバランスを調整することを示しています。

自律神経に効くツボ

【神門(しんもん)】

手のひらを上にし、手首と小指側にある骨のでっぱりの間にあるくぼみ

不安を軽減するツボ。

【内関(ないかん)】

手のひらを上にして手首のシワから指3本分上

心を安定させるツボ。

神門(しんもん)
内関(ないかん)

【膻中(だんちゅう)】

左右の乳頭を結んだ線の真ん中

イライラや不安感、ストレスからくる不眠症などを解消するのに効果的なツボ。

膻中(だんちゅう)

ぜひ知識を持って自分の大切な身体を癒やしてください!

関連記事

  1. お顔のセルフケア(二重あご・首のつまり(たるみ))

  2. お家でセルフケア、3つのツボで美顔を保つ

  3. お家でセルフケア、薄毛のツボ

  4. ○○が弱いと”たるみ”がでやすい

  5. お家でセルフケア、眠れない

  6. お家でセルフケア、疲れやすい

  7. 東洋医学で診る、眉間のシワ

  8. お家でセルフケア、首のコリ

  9. フェイスラインのたるみ撃退法

error: Content is protected !!