肌が老化する原因の80%は紫外線

肌が老化する原因の80%は紫外線

お肌が綺麗なだけで人は若く見えます。お肌が老化する原因の大部分は「紫外線(A波B波)」です。

お肌が紫外線(A波)に晒されると、若さの鍵となる肌の“コラーゲン”が分解されて減ってしまいます。

コラーゲンは、肌にハリと弾力をもたらす大事な役割。コラーゲンが少なくなると、シワやたるみなど肌の老化現象を引き起こします。

また肌表面には、お肌を守るバリア機能があります。水分の蒸発を防いだり、外部からの異物の侵入を防ぐための保護層(角質と皮脂膜)の役割があります。

紫外線は、皮脂を酸化させてくすませるだけでなく、表皮にもダメージをあたえ、肌の水分は蒸発して乾燥させます。

一方で、紫外線(B波)はメラノサイトを過剰に活性化させ、シミなどの色素沈着を引き起こします。メラニンを生成する細胞は、表皮の奥の層(基底層)にあるため、そこに紫外線が透過したということは、その上にある層はすべてダメージを受けていることになります。

このように、紫外線というと「シミ」と思うかもしれませんが、「乾燥、シワ、たるみ、くすみ」などの肌の衰えは、大部分が紫外線による光老化です。

肌の老化の原因の80%は「紫外線」で、遺伝が老化に占める割合は20%という研究があり、さらに可視光線や近赤外線も肌老化に影響を与えていることが分かってきています。

可視光線や近赤外線は、紫外線よりも波長が長く、肌の奥深くにまで入り込むため、真皮層に到達する紫外線(A波)よりもさらに深い部分までダメージを与えます。

紫外線は一年中降り注いでいます。さらに紫外線は、室内や車中にいても、曇っていても、窓から入ってきます。しかし紫外線対策はそれほど難しくはありません。常に日焼け止めやUVカット下地をつけることを習慣化しましょう。

外線をブロックする習慣を!

紫外線は一年中降り注いでいます。さらに紫外線は、室内や車中にいても、曇っていても、窓から入ってきます。

しかし、紫外線対策はそれほど難しくはありません。日焼け止めを塗らなくてもいいように感じる日もあるかもしれませんが、どんなに空が暗くても、常に日焼け止めやUVカット下地をつけることを習慣化しましょう。

・毎日必ず、SPF30、PA++ 以上の日焼け止めを使用しましょう。「SPF」は紫外線B波、「PA」は紫外線A波をカットする目安のレベルです。

・日焼け止めが肌になじみ、効果を発揮するまでには15分は必要です。日焼け止めは、外出する15分前までに塗るようにしましょう。

・ベースメイクやルースパウダーでのUV対策だけでなく、日焼け止めを使用しましょう。ある研究によると、ベースメイクやルースパウダーだと、1回の使用量が紫外線対策の効果を得るために必要な分量に全く届かないことが明らかになっています。

・日焼け止めは2時間ごとを目安に、また汗や水で落ちた場合もつけ直しましょう。メイクをしている場合は、日焼け止めスプレーやパウダーを使用しましょう。肌をしっかり守るために、まんべんなく、十分な量を塗るようにしてください。

・日差しが最も強くなる時間帯は、午前10時から午後2時です。この時間帯に外出する場合は、SPF50、PA +++の日焼け止めを使用し、つばの広い帽子を被って、できるだけ肌を覆うように心がけましょう。

https://www.sk-ii.jp/skincare-101/uv-protection

紫外線を浴びないようにするだけで肌老化の多くの原因を、自分で防いでいくことができます。

ハリニーでは、新陳代謝が低下して、シミ、乾燥、シワ、たるみ、くすみができやすい状態に陥っている身体の状態を改善し、肌とこころと身体のつながりを整え、ターンオーバーを促すことで美しく、健康的なお身体づくりをサポートいたします。是非、お気軽にご相談ください。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. アンチエイジングと細胞老化(セネッセンス)

  2. 【限定価格】現在ご来院いただいているお客様にお得なキャンペー…

  3. 自分らしく輝き続けること

  4. 落とすことで肌は若返る

  5. 自分の年齢は自分で決める!

  6. 3つをやめて体重コントロール

  7. 同じ年齢でも”老けて見える人“と”若く見える人“

  8. 自分らしい健康的な美しさを

  9. 顔の形で性格がわかる

  10. 美肌を作る摩擦のない洗顔方法

  11. 性別ではなく、パーソナリティや個性を重視する「自分らしさ」を…

  12. 美肌・便秘・疲労回復には”酵素ドリンク̶…

  13. 美と若さの新常識、シナモンで若返る

  14. セレンディピティ(serendipity)

  15. 肌と心と身体に関わる女性ホルモン 

error: