東洋医学で診る、「気」の停滞は精神に影響する

東洋医学で診る、「気」の停滞は精神に影響する

東洋医学でいう「気」は、「元気」や「気が晴れる」などの言葉があるように、体や精神を健康に保つのに必要なエネルギーを指します。この「気」がスムーズに循環することが出来ない状態を「気滞」と言います。

主に自律神経系の緊張やコントロールができず不安定な傾向にあります。 精神的ストレスでイライラしたり、不安、憂鬱感を感じます。「気」の巡りが悪いため片頭痛があったりもします。

気滞は「血」「水」の流れを邪魔したり、他の臓器・組織の機能の低下を起こすため、他にも様々な問題を合わせ持ちます。そのため「気滞」を自覚することは難しく、実際に不快に感じるのは「気滞」から生じた他の症状です。だから見える症状だけを改善するのではなく、根本にある「気滞」を改善しなければ、また元に戻ってしまうのです。

このように見える症状とその症状をつくりだす本質があり、その見える症状を「標」といい、本質を「本」といいます。中医学には、治病求本という言葉があり、必ず病気の本質となるものを探らなければならないとされています。

「気」と「肝」

東洋医学の「肝」が「気」を巡らせています。「肝」は精神や情緒と関わりが深い臓器です。気滞のうち、特に精神的に関連するものを「肝気鬱結」といいます。これは西洋医学的に言うとストレス状態や自律神経失調症に近い概念です。憂鬱感・怒りやすい・胸脇部の張った痛み、女性では、月経痛・月経周期が一定しない・乳房が張るなどの症状がみられます。

これが長く続くと、頭痛・のぼせ・いらいら・怒りっぽい・顔面紅潮・目やに・口渇・口苦い・胸やけ・難聴・不眠などの熱証が生じますが、これを「肝火上炎・心火上炎」と呼び、この過程を「肝欝化火」といいます。

気滞(肝気鬱結)におすすめのツボ

「気滞」を解消するには、基本的に気分を発散させることが大切です。気は〝身体を動かす生命エネルギー〟です。車で言うならばエンジン。気が滞りなく流れることで身体も心もお肌も健康でイキイキと過ごすことができます。

そこで以下のツボ押しがおすすめです。

太衝(たいしょう):足の甲、親指と第二指の骨が接する付け根

合谷(ごうこく):手の甲、人差し指の骨のキワ


ぜひ知識を持って自分の大切な身体を知ってください。美容やお身体の不調でお悩みの方は是非、当院にお越し下さい。東洋医学の知識を基に、お客様一人ひとりに合わせた方法で、お悩みの改善が出来るよう全力を尽くすことをお約束します。

【本コラムの監修】

HARRNY 院長/鍼灸師 菊地明子

・経歴
大学卒業後、美容の世界に入り、セラピストへ。豊富な美容知識や実務経験を活かし、その後、10年間は大手企業内講師として美容部員やエステシャンの育成、サロン店舗運営のサポートを行う。現在は、セラピスト、エステティシャン、美容カウンセラー、鍼灸師の経歴を活かし、お肌とこころと身体のトータルビューティースタイルを提案。表面だけでなく根本からのケアとして、老けない生活についてのコーチングを行う。

関連記事

  1. 自律神経と鍼灸アプローチ

  2. 東洋医学で診る「月経困難症」

  3. 「ツボ」ではなく「経絡」を診る

  4. 東洋医学と鍼灸

  5. 目の疲れとツボ

  6. 東洋医学的に診る、舌の位置で美しい横顔を作る

  7. 東洋医学で診る、シミがでやすい人

  8. 東洋医学的体質診断(カウセリング)とは

  9. 東洋医学の五臓とは

  10. 東洋医学で診る〝汚デブ菌〟

  11. 女性ホルモンと美容鍼灸

  12. 東洋医学で診る「アンチエイジング」

  13. 東洋医学で診る、体質チェック

  14. 悲しみは肌荒れの原因にー感情と身体の関係ー

  15. 体質チェック、「気滞」→気の巡りが悪い

error: